囚われた国家

劇場公開日

囚われた国家
囚われた国家
14%
37%
27%
16%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」を手がけたルパート・ワイアット監督が、エイリアンによって管理・支配された社会で自由のために立ち上がったレジスタンスたちの戦いを描いた近未来SFサスペンス。地球外生命体(エイリアン)に侵略された2027年の地球。「統治者」と呼ばれるエイリアンの管理下に置かれ、支配されたアメリカでは、全市民の身体にGPSが埋め込まれて死ぬまで監視され、ルールを破った者は地球外に追放されるなど、過酷な監視社会が到来していた。貧富の差が拡大して街が荒廃するなか、自由を取り戻すためひそかに結成されたレジスタンスグループが、市内スタジアムで開催される「統治者」の団結集会への爆弾テロを計画するが……。出演は「10 クローバーフィールド・レーン」のジョン・グッドマン、「死霊館」シリーズのベラ・ファーミガ、「ムーンライト」のアシュトン・サンダースら。

2019年製作/109分/G/アメリカ
原題:Captive State
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5低予算の割に健闘したとは思うが

2020年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

想定したよりも資金が集まらなかったか、途中で脚本の変更を余儀なくされたのか。事情はわからないが、スケールの大きな話の割に、予算の少なさが惜しい映画だった。キービジュアルの巨大ロボ?が動かず、モニュメントのような扱いだ。カブトガニとオカリナを合わせたようなデザインの宇宙船も、細部の描き込みが足りない。エイリアンの造形はまあまあ怖かったが。

人類とエイリアンがアンバランスな力関係で地球上に共存する映画としては、古くは「ゼイリブ」、割と最近では「第9地区」を想起させる。現実の格差社会や差別を風刺しているのも共通点だ。一握りの支配層、支配体制の維持に協力する“上級国民”、盲従する大衆、そして体制に異議を唱え行動する少数派。そう考えれば、今の世界とあまり変わらない。ストーリーにはオリジナリティが認められ、相応の予算がついたらもっと面白くなっただろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
高森 郁哉

1.0BGMだけはオドロオドロしいですが。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ただひたすら画面もテーマも暗く陰鬱で、ストーリーに快感ポイントが皆無。
敵エイリアンの乗り物が、あまりにチープなCGなのも減点ポイントで、そもそも金を払う客に対してこの映画はいったい何を提供してくれようというのか、まったく謎でした。

楽しくもなく、おもしろくもなく、一言で言えば、暗いスラムを走り回る人間たちを観たいなら、どうぞ止めやしません、お好きなように、という映画だ、としか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

4.0タイトルなし

2020年6月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

緊急事態宣言が出された直前の
4/3に公開されたので、もう観られないかなと諦めてたら、まだ上映していたので、6月第一週の週末に鑑賞。
現在もイオンシネマ系列で上映中です。

本作は自分の好みの内容の作品でした。
自分が好きだなぁと思う作品は、
ストーリーやキャスティングも重要なんですけど、サントラ(劇伴)の好みも大きく影響します。
本作は、サントラが特に好み。
不安を煽るような音源が耳と心臓に響いてくる。映像に凄く合っていて気持ちが高ぶるなぁと感じていたらすっと音源をフェイドアウトされる。
音源の強弱と映像に合わせた使い方が個人的にツボでした。
本作の音楽担当は“ロブ・シモンセン”
本作で初めて知る方でしたが
最近だと、マッケナン・グレースちゃんとキャップの「gifted ギフテッド」、
ティミーの「マイ・ビューティフル・デイズ」等、かなり沢山の映画のスコアを書いている方でした。。

ストーリーはというとこれまた好み。
侵略者vsレジスタンスという構図は
それほど目新しいものではないと思いますが、キャスティングの良さ、脚本の良さもあって後半からラストにかけての展開や自己犠牲の精神を全面にしているところが個人的に好みでした。
まぁ色々とツッコミどころがあるのも確かでしたが。。
そのキャスティングですが、
ジョン・グッドマンの安定の体型いや演技に、ヴェラ・ファーミガ姐さんのちょっぴり妖艶なお姿。
ジョン・グッドマンとファーミガ姐さんの意外と思わせる組み合わせが、後半に活きてきてグッとくるんです。
そして「ムーンライト」のシャロンの青年期を演じたアシュトン・サンダース君。
彼の反抗的な瞳がレジスタンス物にぴったりでした。そして本作の彼の名前は
「ガブリエル」
もし本作をご欄になる機会がありましたら、彼の名前を覚えておいてくださいね。。😭

ここからは作品の内容に触れてます🙇‍♂️

本作はSFサスペンスにカテゴライズされていますが、9:1か8:2の割合でSFではありませんでした。
予告やポスターに写っている、鑑賞意欲をめっちそそってきた“ガンタンク”ばりの岩ロボットみたいのは1シーンしか出てきません。
それもピクリともしません。。
ガンタンクばりのロボットが暴れる姿を見たかったんですけどねー、、
侵略者の宇宙船が捕虜を乗せ飛び立つところは2シーンありますが、どちらも同じ映像を使っていてちょっと興醒めしちゃいました。
製作費削減には役立ったんでしょうけど。
ただ、SF部分が少なかったおかげで
ストーリーに集中できたし、後半から誰が味方なのかがわかってからのあのラストにはかなりグッときました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ワイルドとみまる

4.0ディストピア…

みけさん
2020年6月16日
Androidアプリから投稿

未来の話は最近ディストピアばかり…

きっとすごく低予算、だけど、描いてるテーマが良い。
希望、それぞれの意志によって、受け継がれるもの。

結構良かった。

もう今がディストピアなのかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みけ
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る