囚われた国家

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
囚われた国家
10%
37%
36%
13%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」を手がけたルパート・ワイアット監督が、エイリアンによって管理・支配された社会で自由のために立ち上がったレジスタンスたちの戦いを描いた近未来SFサスペンス。地球外生命体(エイリアン)に侵略された2027年の地球。「統治者」と呼ばれるエイリアンの管理下に置かれ、支配されたアメリカでは、全市民の身体にGPSが埋め込まれて死ぬまで監視され、ルールを破った者は地球外に追放されるなど、過酷な監視社会が到来していた。貧富の差が拡大して街が荒廃するなか、自由を取り戻すためひそかに結成されたレジスタンスグループが、市内スタジアムで開催される「統治者」の団結集会への爆弾テロを計画するが……。出演は「10 クローバーフィールド・レーン」のジョン・グッドマン、「死霊館」シリーズのベラ・ファーミガ、「ムーンライト」のアシュトン・サンダースら。

2019年製作/109分/G/アメリカ
原題:Captive State
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ゾンビーバー
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • HUNT 餌 ハント・エサ
  • バッド・マイロ!
  • プライマル・レイジ
  • ビッグ・バグズ・パニック
  • マングラー
  • ジーパーズ・クリーパーズ
  • リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5低予算の割に健闘したとは思うが

2020年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

想定したよりも資金が集まらなかったか、途中で脚本の変更を余儀なくされたのか。事情はわからないが、スケールの大きな話の割に、予算の少なさが惜しい映画だった。キービジュアルの巨大ロボ?が動かず、モニュメントのような扱いだ。カブトガニとオカリナを合わせたようなデザインの宇宙船も、細部の描き込みが足りない。エイリアンの造形はまあまあ怖かったが。

人類とエイリアンがアンバランスな力関係で地球上に共存する映画としては、古くは「ゼイリブ」、割と最近では「第9地区」を想起させる。現実の格差社会や差別を風刺しているのも共通点だ。一握りの支配層、支配体制の維持に協力する“上級国民”、盲従する大衆、そして体制に異議を唱え行動する少数派。そう考えれば、今の世界とあまり変わらない。ストーリーにはオリジナリティが認められ、相応の予算がついたらもっと面白くなっただろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
高森 郁哉

3.0侵略者=統治者

Minaさん
2021年4月16日
Androidアプリから投稿

人類とエイリアンが「共存」していく世界は過去にも描かれたテーマである。その中で本作は規模の大きな作品で、世界観そのものが壮大である。何となく「亜人」のそれに見えなくもないエイリアンは中々不気味で、冒頭のシーンは鳥肌が立つ恐怖を感じた。実際ハラハラするシーンはそこ位であり、ストーリーのほとんどはエイリアンに対抗するレジスタンス達の姿と、エイリアンの言いなりになった国家の物語である。SF作品だが、現代に巣食う差別問題等を風刺した様な作品だ。娯楽で観る作品ではないだろう。

ビジュアル面では文句の言いようがなく、「綺麗」とさえ思える。これまた味のあるガジェットや宇宙船が登場するが、残念な事に特に活躍する事はなく、エイリアンを「侵略者」として描いてはいないようだ。それこそ本作のテーマだろうが、多少のドンパチを期待すると大打撃を食らうため注意が必要だ。自分たちの惑星を取り戻そうと奮闘する主人公らには感情移入させられるが、それらが静かに進行していくため、非常に地味な印象である。政治的なストーリー展開も多いため、終始小難しい様に思えてしまうが、キャストは秀逸。「死霊館」でおなじみのベラ・ファーミガ初め、実力派揃いなのは最大のポイントだろう。最近よく見かけるが、ジョン・グッドマンは名前の通り良い男!という感じ。
最後は皆彼に惚れるだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mina

4.0残念なとこもあったけど…

ムッコさん
2021年4月8日
iPhoneアプリから投稿

自分は好きな作品です。色々と自分で妄想出来るのが良い^_^

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ムッコ

3.0ディストピア

2020年12月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

エイリアンに管理されている地球、アメリカ政府はエイリアンの意向を忖度して、強権的な治世をしいていた。
戦争は亡くなり、犯罪も激減したが、格差は広がった。
主人公はレジスタンス活動、政府からすればテロ活動に身を投じていた。
いいじゃないの幸せならば。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る