劇場公開日 2020年4月3日

囚われた国家のレビュー・感想・評価

3.115
16%
36%
24%
20%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全15件を表示

3.5低予算の割に健闘したとは思うが

AuVisさん
2020年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

想定したよりも資金が集まらなかったか、途中で脚本の変更を余儀なくされたのか。事情はわからないが、スケールの大きな話の割に、予算の少なさが惜しい映画だった。キービジュアルの巨大ロボ?が動かず、モニュメントのような扱いだ。カブトガニとオカリナを合わせたようなデザインの宇宙船も、細部の描き込みが足りない。エイリアンの造形はまあまあ怖かったが。

人類とエイリアンがアンバランスな力関係で地球上に共存する映画としては、古くは「ゼイリブ」、割と最近では「第9地区」を想起させる。現実の格差社会や差別を風刺しているのも共通点だ。一握りの支配層、支配体制の維持に協力する“上級国民”、盲従する大衆、そして体制に異議を唱え行動する少数派。そう考えれば、今の世界とあまり変わらない。ストーリーにはオリジナリティが認められ、相応の予算がついたらもっと面白くなっただろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
AuVis

3.0まあまあだった

2020年4月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

4.5膨大な情報量と少ないセリフに秘めた、戦う意志

2020年4月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

素晴らしかった。
これは決して、潤沢な予算で作った派手なドンパチSFXの戦争映画ではない。
なので、それを期待していた方には肩透かしかもしれない。

これは人間が、自由と尊厳をかけて、監視システムと戦う話だ。

宇宙からの侵略者に負けて服従した人類は、全市民の身体にGPSが埋め込まれ、死ぬまで監視されるようになった。
「統治者」と呼ばれるようになった異星人たちに対して、自由を取り戻そうと願うレジスタンスたちが、いかにして監視の目をかいくぐり、テロ(というかゲリラ)攻撃を仕掛けていくかがこの映画の肝。
実にスリリング。
心理戦の緊張感と、複雑な計画の達成感に同期できるか。

そしてもう一つ別の見方もある。
冒頭で殺された刑事夫妻の二人の子供たちを成長を見守る=人類の未来を守ろうとする、大人たちのやさしさの話でもある。

絶望しない、諦めないという決意。
敵は宇宙人という形をとってはいるが、これは相手が特定宗教や暴走した軍事国家など、同じ「人類」と考えてもありうる話だし、この物語を理解しやすいとも思いました。

説明セリフがないため、行動やセリフにどういう意味があるのか実に理解しにくいという側面があり、それゆえ「よくわからない」という評価になりがち。
しかし、画面には膨大な情報量が存在し、読み取っていくことで面白さが加速しました。
二度目、三度目の鑑賞の方が、より面白さが増していくタイプだと思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
コージィ日本犬

3.0焦点がぼやけているSF群像劇

Ellさん
2020年4月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ell

1.5囚われなかった観客

massiさん
2020年4月6日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
massi

5.0マニア以外はお帰りください。

2020年4月5日
PCから投稿

かなりのシリアス&スマートな映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フェネック

3.5残念な作品

2020年4月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

予告を観て楽しみにしていた。
侵略者に世界を征服された。
舞台は、アメリカのシカゴ
ウィルスに支配された今と
なぜか
かぶる!
いまは、戦時下?
しかし
なぜか
時折眠たくなるのだ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
大阪ぶたまん

1.5意外に

コンブさん
2020年4月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

おもんない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コンブ

1.5ガンキャノンは?

Bacchusさん
2020年4月4日
Androidアプリから投稿

知的

難しい

2019年に地球に侵略してきたエイリアンに統治された2027年のアメリカで、フェニックスと呼ばれるレジスタンスがテロを画策する話。

2019年、パニックに陥るシカゴから逃げ出そうとする刑事の家族の様子から始まり、そこから9年間の出来事を年表的に字幕で説明。
冒頭の家族の子供と、彼に付き纏う父親の元同僚を軸に物語が展開していく。

しっかりみていれば判って来るけれど、登場人物が誰なのか、何をしようとしているのか、が良く判らない状態で話が進行していき、いちいち後から補完しなきゃならないところが多く面倒臭い。

ハイテクなんだかローテクなんだか突っ込んだらキリがない設定はガマンするにしても、ごちゃごちゃしているし、エイリアンや「統治者」と直接対峙するところもない訳ではないけれど、どちらかといえば目的の為に地味に暗躍する姿をみせるばかり。

終盤の展開はまあ良かったけど、冷静にみるとそんな程度で何とかなるのか?というね。

残念ながら自分には合わなかった。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Bacchus

3.5予備知識がなかったせいか、観る前と観終わった後の印象が違う。設定...

papakazuさん
2020年4月3日
iPhoneアプリから投稿

予備知識がなかったせいか、観る前と観終わった後の印象が違う。設定は違えど有りがちなマイノリティーの反乱、復讐もの。
時代や環境、、設定や背景が興味深い。
面白い周到に練られた展開、目新しい脚本も面白い。観る側も騙される。
エイリアンの演出はチープで設定だけの扱いでもよかった?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
papakazu

4.0私は大好きな作品でした。

VECTORさん
2020年4月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

知的

いわゆる硬派かつ社会派のSF。
現実社会に見事に設定を組み込ませ、多くを語りすぎず見せすぎず、映し方および展開が鮮やかです。
重低音の効いたシンプルな音楽も相性抜群でした。

低予算とCGの作り込みを指摘する声も見られますが、全く気に障る(気づく)ことはありませんでした。

ブロムカンプ作品が好きな方は特に合うのではないでしょうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
VECTOR

4.0【”従属か抵抗か” ”このような状況の際”に鑑賞すると色々考えてしまった作品。】

NOBUさん
2020年4月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

 舞台は近未来(2020年代)のアメリカ、シカゴ。

 突然飛来した”統治者”エイリアンたちに、支配されている地球。(但し、今作では他の国の状況は一切、映像では描かれない。)

 “統治者”たちに迎合し、貧富の差が拡大する中、圧政を敷く政府。
 トップはアイゴー本部長、及びマリガン(ジョン・グッドマン)
 前半、マリガンの行動に振り回される。彼は、特権なのか、封鎖された地域に乗り込み、レジスタンス達を捜査する傍ら、ある女性(ベラ・ファーミガ)の家を訪ねて、意味深な会話を交わす。LP盤に針を落とし音楽を流す女性。本棚には多数の本が並んでいる。

 前半はエイリアン達は朧気ながら登場するが、正体は明らかにされない。
何故、地球に来たかも、レジスタンス達の言葉から推測するのみ。
 ・観ている側が色々考えさせられるのだ。

 レジスタンス達は、政府の監視を掻い潜り、あるものは一市民として、ある者は地下に潜伏して情報を流し、爆破テロを計画する。
 ・この辺りのストーリー展開は粗いが、飽きない。様々な手段を使っての情報の流し方など。

 オリンピックの会場のようなところで、政府の要人が”統治者”達を迎え入れる(というか、崇める?)場面で、レジスタンス達のテロが決行される。

 ・ここからは、脳内ではエイリアン達、”統治者”は私の中では”別のモノ”に見えている。貧富の差から目を逸らし、強大な権力者に迎合する人々の姿。私たちの周りで現在も見る風景ではないか?

 ラスト、マリガン(ジョン・グッドマン)がレジスタンスのリーダーの弟ガブリエルに渡したチップの中身が明らかにされる場面で、
 彼の立ち位置とある女性(ベラ・ファーミガ)やレジスタンス達との関係が明らかになり、
 ”マッチを擦れ、戦争を起こせ。屈するな。”というレジスタンス達の言葉が蘇り、少しグッとくる。

<“統治者”エイリアンは、実は私たちの身近にいるのだ。私たちは命を懸けて今の状況に抵抗しなければならないのだ。と思ってしまった作品。多様な見方が出来る作品でもある。
(尚、エイリアンへの抵抗映画として単純に観るならば、3.0点である。)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

1.0合わなかった…

KZKさん
2020年4月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
KZK

2.0この原題は、多分受け入れられないし、変更されるのか?

2019年6月9日
PCから投稿

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Naaki

3.5あらすじ

リーフさん
2019年3月23日
iPhoneアプリから投稿

エイリアンに支配された地球で人々が立ち上がる

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
リーフ
「囚われた国家」の作品トップへ