アトミック・ブロンド

劇場公開日

アトミック・ブロンド
アトミック・ブロンド
12%
55%
28%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」や「ワイルド・スピード ICE BREAK」など近年はアクション映画でも活躍の幅を広げているシャーリーズ・セロンが、MI6の女スパイを演じた主演作。アントニー・ジョンソンによる人気グラフィックノベルを映画化したアクションスリラーで、「ジョン・ウィック」シリーズのプロデューサーや「デッドプール」続編の監督も務めるデビッド・リーチがメガホンをとった。冷戦末期、ベルリンの壁崩壊直前の1989年。西側に極秘情報を流そうとしていたMI6の捜査官が殺され、最高機密の極秘リストが紛失してしまう。リストの奪還と、裏切り者の二重スパイを見つけ出すよう命じられたMI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、各国のスパイを相手にリストをめぐる争奪戦を繰り広げる。共演に「X-MEN」「ウォンテッド」のジェームズ・マカボイ、「キングスマン」「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」のソフィア・ブテラ。

2017年製作/115分/R15+/アメリカ
原題:Atomic Blonde
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 心霊
  • 心霊2
  • 心霊スペシャル
  • 魔性の夏 四谷怪談より
  • 忠臣蔵外伝 四谷怪談
  • 吸血鬼ゴケミドロ
  • 江戸川乱歩の陰獣
  • この子の七つのお祝いに
  • 震える舌
  • クリーピー 偽りの隣人
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0満身創痍アプローチが大成功

村山章さん
2017年10月27日
PCから投稿

楽しい

興奮

セロン姐さんがタフな女スパイに扮して大活躍……というのは嘘ではないが、大活躍なんて言葉の響きとはだいぶ印象が違う。本作でアクションしまくっているのは本当だが、とにかく身体を痛めつけられ、傷だらけになり、青タンを作りまくり、それでもギリギリのところで戦うのが、本作でのセロン姐さんの覚悟なのだから。

傷だらけになって戦うアクションスターというのは過去にも大勢いて、ブルース・リー、ジャッキー・チェン、メル・ギブソン辺りにはそういうイメージが強い。『用心棒』の三船敏郎だってその系譜に入れられる。

ただ役の上でも女優としてもこれほど身体を張ったアクションヒロインがいただろうか? セロンはもちろん絶世の美女の一人だが、闘いが続くに従って彼女の美貌はどうでもよくなってしまう。ただただヘトヘトになり、心だけは折れずに攻撃の精度を高めていくその姿に、われわれはボクシングの試合のようなエールを送ってしまうのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
村山章

3.5またも限界越えに挑んだセロンに熱狂

2017年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 7 件)
牛津厚信

4.5アクションが思いのほかゴツい、重い!

2017年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

不惑過ぎのシャーリーズ・セロン、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」でもアクションを見せていたが、女性版ボンドという売り文句を聞いて、カットを細かく割ってスピーディーに見せる華麗な格闘シーンを予想していた。ところがどっこい、本作のアクションはかなりの本格派だ。実際にコンタクトしているように見える迫真の殴り合い、敵役のスタントマンが階段を転げ落ちるショットなど、観ている側にまで痛みが伝染しそうなシークエンスに思わず声が出てしまう。

「キングスマン」のガゼル役が最高だったソフィア・ブテラは、味方として登場するが果たしてその正体は?というミステリアスな役どころなのだが、彼女は期待に反してアクションの見せ場が少なくて残念。その代わりなのか、別の意味で刺激的なシーンは用意されているが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
高森 郁哉

4.0期待してなかったやつ

asaさん
2021年3月27日
PCから投稿

全然期待してなかったんですよね。

ふふーん、いつものジャンルね
ふふーん、何だ、もうちょっとカラコレいじって古めかしくしたほうがいいじゃん

ふふーん、かっこいいじゃん

という感じでした。

序盤は、あれ?もうちょっと時代感出してもいいのでは?と思ったのですが、徐々に、あれいい感じじゃんってなって、いつの間にか主人公のかっこよさに惚れました。

CMだと、レズという印象しかなったのですが、これがかっこええ。
演出がかっこええのです。
あんな、タートルネックかっこいいやついましたか?
とにかく、ファッションも立ち振舞もかっこええ。
てか、脇役の本当の味方おぼっちマンくんかっこええ。

そして、アクション。見せ方が、「おいおい、お前痛そうやん」という演出で少し笑えました。笑

あーよかった。なんか、エンターテイメントだなーと思えてよかったです。
あと、ブロンドのかっこよさはエグい。
最後もGG

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa
すべての映画レビューを見る(全268件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る