【全米映画ランキング】「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」がV3 「呪怨」新作が4位に

2020年1月7日 15:00

「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」
「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」

[映画.com ニュース]2020年最初の週末。全米ボックスオフィスはディズニー/ルーカスフィルムのシリーズ最終章「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」が約3370万ドルで首位を守り、V3を果たした。

「スカイウォーカーの夜明け」の17日間の累計は北米だけで約4億5000万ドルに到達。北米以外でも約4億6700万ドルの興収を上げ、全世界興収を約9億1800万ドルとしている。第7作「フォースの覚醒」(15年)の全世界興収約20億6800万ドルを超えることはほぼ不可能だが、第8作「最後のジェダイ」(17年)の約13億3250万ドルを超える可能性はまだありそうだ。

2位は「ジュマンジ ネクスト・レベル」。公開4週目で約2650万ドルの興収で、24日間の累計は約2億3600万ドルに。前作「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」は約4億ドルの最終興収を上げているため、もうひと頑張りしてもらいたいところ。

3位は「レディ・バード」のグレタ・ガーウィグ監督&主演シアーシャ・ローナンが再びタッグを組んだ「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」。ルイザ・メイ・オルコットの名作小説「若草物語」を、ローナン、エマ・ワトソンフローレンス・ピューエリザ・スカンレンティモシー・シャラメローラ・ダーンボブ・オデンカークトレイシー・レッツメリル・ストリープクリス・クーパーら豪華キャストで再び映画化。「レディ・バード」同様、レビューは上々でオスカー作品賞ノミネートはほぼ確実の位置につけている。

そしてオープニング興収約1130万ドルを記録し、4位デビューとなったのは清水崇監督の日本製ホラー「呪怨」をハリウッドで再び製作した「The Grudge」。出演はアンドレア・ライズボローデミアン・ビチルジョン・チョウジャッキー・ウィーバーウィリアム・サドラー。製作にサム・ライミ一瀬隆重、監督は村上龍原作のサイコスリラー「ピアッシング」を手がけたニコラス・ペッシェ

今週末は本年度のゴールデン・グローブ賞(ドラマ部門)で作品賞を獲ったサム・メンデス監督の戦争映画「1917 命をかけた伝令」に、マイケル・B・ジョーダンジェイミー・フォックスブリー・ラーソン共演の実録ドラマ「黒い司法 0%からの奇跡」が拡大公開になるほか、クリステン・スチュワート主演のスリラー「Underwater」、ティファニー・ハディッシュローズ・バーンサルマ・ハエック共演のコメディ「Like a Boss」が公開となる。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • デッド or キル
  • シャドウ・チェイサー
  • フィアー・インク
  • デザート・ストーム
  • デッド・ハンティング
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • ザ・ブラック・ベア
  • ヒューマン・レース
  • スペイン一家監禁事件
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
OSOREZONE

Powered by 映画.com