黒い司法 0%からの奇跡

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
黒い司法 0%からの奇跡
38%
54%
6%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

冤罪の死刑囚たちのために奮闘する弁護士ブライアン・スティーブンソンの実話を、「クリード チャンプを継ぐ男」「ブラックパンサー」のマイケル・B・ジョーダン主演で映画化したヒューマンドラマ。黒人への差別が根強い1980年代の米アラバマ州。犯してもいない罪で死刑宣告された黒人の被告人ウォルターを助けるため、新人弁護士のブライアンが立ち上がるが、仕組まれた証言や白人の陪審員たち、証人や弁護士たちへの脅迫など、数々の困難に直面する。監督は「ショート・ターム」「ガラスの城の約束」のデスティン・ダニエル・クレットン。主人公の弁護士ブライアンをジョーダンが演じるほか、ブライアンが救おうとする被告人ウォルター役をオスカー俳優のジェイミー・フォックス、ブライアンとともに法律事務所で働くエバ役を、クレットン監督とは3度目のタッグとなるブリー・ラーソンが担当した。

2020年製作/137分/G/アメリカ
原題:Just Mercy
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0製作も兼ねるマイケル・B・ジョーダンの逞しさ

2020年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

1980年代のアメリカ、アラバマ州で、黒人というだけで犯してもない殺人の罪を着せられ、死刑宣告を受けた被告の無実を勝ち取るため、次々と立ちはだかる差別の壁に跳ね返されながらも、正義と平等のために前進して行く黒人弁護士、ブライアン・スティーブンソンの実話である。ある種見えている展開も、ディテールを丁寧に積み重ねることで、スリルと感動を与えてくれる演出にまず感謝したい。しかし、何よりも、スティーブンソンを演じるマイケル・B・ジョーダンの透明感が、すべてを力強く牽引して行く。ジョーダンはプロデューサーも兼任している。ジョーダンと言えば、ロング・シリーズをやはりそのフレッシュな魅力で再生させた「クリード チャンプを男」や、マーベルのスマッシュヒット「ブラックパンサー」の敵役等がまず頭に浮かぶが、「ブラック~」のライアン・クーグラーと組んだ初期の代表作「フルートベール駅で」では、白人警官が誤って発射してしまった銃弾に倒れる黒人青年を演じて脚光を浴びた。今やセックスシンボルとして注目される彼が、だからこそ、今も根強い人種差別をテーマに掲げる姿には、意外性と同時に逞しさを感じないではいられない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
清藤秀人

4.50%の奇跡とはどのようなものなのか。全くこの作品について予備知識が...

さん
2021年5月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
稔

4.5数字で感じる恐さ(´д`)

Aprilさん
2021年4月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

黒人の弁護士ブライアン・スティーブンソンの実話です。
彼の尽力で、140人もの無罪が証明されました。
アメリカの刑務所で収監された人の10%が冤罪だったらしいです。
差別が犯罪捜査まで及んでしまうのは、本当に恐いなぁと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
April

4.0「アラバマ物語」が表す意味

2021年4月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

知的

《お知らせ》
「星のナターシャ」です。
うっかり、自分のアカウントにログインできない状態にしていまいました。(バカ)
以前の投稿の削除や取り消しもできないので、

これからは「星のナターシャnova」として

以前の投稿をポチポチ転記しますのでよろしくお願いいたします。
==============
黒人と言うだけで殺人の罪を着せられて

無実のまま死刑になった人がどれだけいたんだろうか?

アメリカの根強い黒人差別問題を
冤罪事件を通して描いています。

主演は「クリード チャンプを継ぐ男」や

「ブラックパンサー」の悪役キル・モンガーの
マイケル・B・ジョーダン
共演は「キャプテン・マーベル」のブリー・ラーソン!

超人の役を演じてきた二人だけに映画の途中、
腹立つ白人中年出っ腹親父(トランプみたいな)に
二人とも変身してやっつけてしまえ!
と言いたくなる様なひどい白人権力者ども!!!

最後まで気の抜けない物語であり
でも最後はなんとか心が晴れる作りになってます。

自分は人種差別なんかしない人でありたい。

ちょっと胸に手を当てて観て欲しいですね。

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

この映画の最初の方で、主人公に対して

土地の白人達がやたらに何度も

「ここは『アラバマ物語』のモデルとなった土地だから」
「『アラバマ物語』記念館を見てくると良い。」と進める。

「アラバマ物語」と言えば1930年代のアメリカ南部で

無実の黒人青年を弁護する正義の白人弁護士の話で
そんな正義の物語のモデルとなった土地の人々なのに
こうして黒人を有罪にしている!
なんと言う皮肉!!

と、観た直後は思ったのだけど


改めて「アラバマ物語」のあらすじを読み直してみると
白人弁護士の弁護も虚しく、白人陪審員の偏見により

黒人青年は有罪とされてしまう。

白人弁護士は青年に控訴すれば無実になれると説得するが

絶望した青年は護送中に逃亡し、その場で射殺されてしまう。

つまり、何が何でも黒人を犯人にしたい土地なのだ!
と、自分たちの愚かさを宣伝しているようなものだ。

黒人問題だけでなく、この世の中に
冤罪事件ってどれだけあるんだろうか?
権力者が偏見を持つと言うことの恐ろしさが
嫌と言うほど伝わってくる映画です。


@お勧めの鑑賞方法は?
配信でも良いからじっくり観て欲しいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
星のナターシャnova
すべての映画レビューを見る(全140件)