黒い司法 0%からの奇跡

劇場公開日

黒い司法 0%からの奇跡
黒い司法 0%からの奇跡
41%
52%
6%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

冤罪の死刑囚たちのために奮闘する弁護士ブライアン・スティーブンソンの実話を、「クリード チャンプを継ぐ男」「ブラックパンサー」のマイケル・B・ジョーダン主演で映画化したヒューマンドラマ。黒人への差別が根強い1980年代の米アラバマ州。犯してもいない罪で死刑宣告された黒人の被告人ウォルターを助けるため、新人弁護士のブライアンが立ち上がるが、仕組まれた証言や白人の陪審員たち、証人や弁護士たちへの脅迫など、数々の困難に直面する。監督は「ショート・ターム」「ガラスの城の約束」のデスティン・ダニエル・クレットン。主人公の弁護士ブライアンをジョーダンが演じるほか、ブライアンが救おうとする被告人ウォルター役をオスカー俳優のジェイミー・フォックス、ブライアンとともに法律事務所で働くエバ役を、クレットン監督とは3度目のタッグとなるブリー・ラーソンが担当した。

2020年製作/137分/G/アメリカ
原題:Just Mercy
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0製作も兼ねるマイケル・B・ジョーダンの逞しさ

2020年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

1980年代のアメリカ、アラバマ州で、黒人というだけで犯してもない殺人の罪を着せられ、死刑宣告を受けた被告の無実を勝ち取るため、次々と立ちはだかる差別の壁に跳ね返されながらも、正義と平等のために前進して行く黒人弁護士、ブライアン・スティーブンソンの実話である。ある種見えている展開も、ディテールを丁寧に積み重ねることで、スリルと感動を与えてくれる演出にまず感謝したい。しかし、何よりも、スティーブンソンを演じるマイケル・B・ジョーダンの透明感が、すべてを力強く牽引して行く。ジョーダンはプロデューサーも兼任している。ジョーダンと言えば、ロング・シリーズをやはりそのフレッシュな魅力で再生させた「クリード チャンプを男」や、マーベルのスマッシュヒット「ブラックパンサー」の敵役等がまず頭に浮かぶが、「ブラック~」のライアン・クーグラーと組んだ初期の代表作「フルートベール駅で」では、白人警官が誤って発射してしまった銃弾に倒れる黒人青年を演じて脚光を浴びた。今やセックスシンボルとして注目される彼が、だからこそ、今も根強い人種差別をテーマに掲げる姿には、意外性と同時に逞しさを感じないではいられない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
清藤秀人

4.5それでも闘い続ける

近大さん
2020年7月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
近大

4.5これは正しき者の闘いの物語!!心して見るべし!!

haruharuさん
2020年7月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

これは1988年に起こった殺人事件を元に事実に沿って作られた人間模様の物語。
差別や偏見と闘い、冤罪を勝ち取るまでの感動のストーリーでした。

今、黒人の差別や人権が叫ばれる中、興味をそそられる内容だったので、見ずにはいられなかった。

劇中には黒人の嘆きが大いに盛り込まれていて、見ているこっちまで気分は黒人に・・・・
見ていくにつれ、彼を連行し、裁きにかけた保安官がとっても憎くて堪らなくなった。

差別に抗い、真実を追求するブライアンの貪欲なまでの奉仕精神には本当に感服する。
彼らの自由への闘いは世間の注目を集めて、世論そのものを動かして、ついには無罪放免を勝ち取っていくその場面。

思わず涙が零れた。

これを見ていると正しき者には必ず救いの手が差し伸べられるのだと勇気が貰えそうな締め括りで本当に見てよかったと心から思った。

僕は人権派ではないけれど、本当に差別と偏見について、真剣に考えるべきなのだなとつくづく思った。

いろんな意味で考えさせられた2時間ちょっとだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
haruharu

2.5囚人マイヤーズを演じた無名演者は助演男優賞だ!

YAS!さん
2020年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ほぼ100%真実を映画にしたもので、演者も実在人物と似ていて、とてもリアルな映画だ。
撮影・演出・脚本すべて問題なく創られており、とても観やすかった。
脚本的には最後をもっと盛り上げてもよかったと思うが、簡潔にまとめた事で
本映画が「エンターテイメント映画ではなく、社会派映画である」という印象を与えたかったのであろう。
しかしこの映画は黒人問題を訴えている映画ではなく、冤罪事件をあつかった裁判映画である。

裁判映画なのに、製作者は差別問題に論点をすり替えた点は悪質だ。

映画の序盤では白人警官・検事たちの悪道ぶりを散々見せて
映画を鑑賞している者に”南部の悪状況”を刷り込み、
鑑賞者からの同情心と共感を得た上で、凶悪犯たちを偏った方向から見せているが
しょせん殺人者用刑務所に収監されている者はみなクズであり、同情の余地はない。
まして劇中に出てくる爆弾犯に至っては「心が病んでるから、たまたま殺人を起こしてしまった」のであって、「悪いのは社会環境である」というのは
罪人に対して、偏った擁護である。 死んだ子供も浮かばれない。
それがアメリカと日本の違いとは思えない。

映画の様に南部が非常に暮らしにくい場所なら、僕なら他の場所に移住します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
YAS!
すべての映画レビューを見る(全103件)