劇場公開日 2020年2月28日

  • 予告編を見る

黒い司法 0%からの奇跡のレビュー・感想・評価

4.1104
41%
52%
6%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全104件中、1~20件目を表示

4.0製作も兼ねるマイケル・B・ジョーダンの逞しさ

2020年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

1980年代のアメリカ、アラバマ州で、黒人というだけで犯してもない殺人の罪を着せられ、死刑宣告を受けた被告の無実を勝ち取るため、次々と立ちはだかる差別の壁に跳ね返されながらも、正義と平等のために前進して行く黒人弁護士、ブライアン・スティーブンソンの実話である。ある種見えている展開も、ディテールを丁寧に積み重ねることで、スリルと感動を与えてくれる演出にまず感謝したい。しかし、何よりも、スティーブンソンを演じるマイケル・B・ジョーダンの透明感が、すべてを力強く牽引して行く。ジョーダンはプロデューサーも兼任している。ジョーダンと言えば、ロング・シリーズをやはりそのフレッシュな魅力で再生させた「クリード チャンプを男」や、マーベルのスマッシュヒット「ブラックパンサー」の敵役等がまず頭に浮かぶが、「ブラック~」のライアン・クーグラーと組んだ初期の代表作「フルートベール駅で」では、白人警官が誤って発射してしまった銃弾に倒れる黒人青年を演じて脚光を浴びた。今やセックスシンボルとして注目される彼が、だからこそ、今も根強い人種差別をテーマに掲げる姿には、意外性と同時に逞しさを感じないではいられない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
清藤秀人

4.5白人より差別主義な邦題

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

折しも白人警官の黒人男性への暴行をきっかけに広まった暴動がロドニーキング事件規模に拡大している。
黒人の怒りはいかばかりかと想像してみるが、まわりに日本人しかいない日本人が想像してみても、立体に見えることはない。

が、このような映画を見ると、怒りがこみあげる。
おちついてかえりみると映画が冷静なことに気づく。

登場人物は熱いが、描写は泰然としている。
そつがない、のではなく理知。たんたんとしている、とも言えなくはないが、冷たくはない。
カメラのこっち側は、取り乱すことなく、いたずらに描写を煽らない。

いわば大人が撮った映画、の感じだが、その「大人」はわれわれの知りうる大人よりも、ずっと大人の感性を持っている──そんな映画だった。

ショートタームは、狭い組織内、短い期間内、少ない人物間、小さい事変のことを、フレッシュな躍動で描いてみせた。
ガラスの城もこの映画も「情感たっぷり」を、まったく使わずに描いて、観る者の胸に情感がたっぷり拡がる。
そんな芸当ができる監督が日本に・・・(以下割愛)

マイケルBジョーダンとジェイミーフォックスが出色だった。
監督にならって観衆として冷静にみるとシェリフと検事の憎まれ役が生きている。

ハリウッドには昔から黒人を虐める役を得意とするPoor Whiteの系譜がある。
ウィドマーク、パランス、スタイガー、ボーグナイン、ニコルソン・・・。憎々しいほどいい。事実上かれらが映画を盛り上げるからだ。黄金時代はドイツ将校顔と酷薄な面構えには大きな需要があった。
悪役でならすとその役者は躍進する。前述しかり。デフォー、ファスベンダー、ブリュール、ショーンビーン・・・。

あくまで冷静で煽ることはないが、監督は「敵」を周到に描いている。それがシェリフと検事の憎々しさにあらわれていた。そしてじっさい映画の主張を担っているわけである。

ときどき田園のロングがはさまる。それがきれいで、人界の汚濁をきわだてた。

ところで「黒い司法」ってナニ?
黒が悪だと言っているわけだよね。

腹黒、黒幕、暗黒、一般に黒が悪を意味することは知っています。
でも、なぜ、黒人が白人の司法に虐げられる映画のタイトルに「悪」を意味する「黒」を持ってくるのでしょうか。

この邦題を付けた人は映画を見ていないか、色覚異常です。観た人全員を、酩酊させて遠心機にかけたうえで、邦題を募集したとしても「黒い司法」などという、とちくるったタイトルは挙がりません。
真剣にリコール案件だと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

4.5それでも闘い続ける

近大さん
2020年7月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
近大

4.5これは正しき者の闘いの物語!!心して見るべし!!

haruharuさん
2020年7月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

これは1988年に起こった殺人事件を元に事実に沿って作られた人間模様の物語。
差別や偏見と闘い、冤罪を勝ち取るまでの感動のストーリーでした。

今、黒人の差別や人権が叫ばれる中、興味をそそられる内容だったので、見ずにはいられなかった。

劇中には黒人の嘆きが大いに盛り込まれていて、見ているこっちまで気分は黒人に・・・・
見ていくにつれ、彼を連行し、裁きにかけた保安官がとっても憎くて堪らなくなった。

差別に抗い、真実を追求するブライアンの貪欲なまでの奉仕精神には本当に感服する。
彼らの自由への闘いは世間の注目を集めて、世論そのものを動かして、ついには無罪放免を勝ち取っていくその場面。

思わず涙が零れた。

これを見ていると正しき者には必ず救いの手が差し伸べられるのだと勇気が貰えそうな締め括りで本当に見てよかったと心から思った。

僕は人権派ではないけれど、本当に差別と偏見について、真剣に考えるべきなのだなとつくづく思った。

いろんな意味で考えさせられた2時間ちょっとだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
haruharu

2.5囚人マイヤーズを演じた無名演者は助演男優賞だ!

YAS!さん
2020年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ほぼ100%真実を映画にしたもので、演者も実在人物と似ていて、とてもリアルな映画だ。
撮影・演出・脚本すべて問題なく創られており、とても観やすかった。
脚本的には最後をもっと盛り上げてもよかったと思うが、簡潔にまとめた事で
本映画が「エンターテイメント映画ではなく、社会派映画である」という印象を与えたかったのであろう。
しかしこの映画は黒人問題を訴えている映画ではなく、冤罪事件をあつかった裁判映画である。

裁判映画なのに、製作者は差別問題に論点をすり替えた点は悪質だ。

映画の序盤では白人警官・検事たちの悪道ぶりを散々見せて
映画を鑑賞している者に”南部の悪状況”を刷り込み、
鑑賞者からの同情心と共感を得た上で、凶悪犯たちを偏った方向から見せているが
しょせん殺人者用刑務所に収監されている者はみなクズであり、同情の余地はない。
まして劇中に出てくる爆弾犯に至っては「心が病んでるから、たまたま殺人を起こしてしまった」のであって、「悪いのは社会環境である」というのは
罪人に対して、偏った擁護である。 死んだ子供も浮かばれない。
それがアメリカと日本の違いとは思えない。

映画の様に南部が非常に暮らしにくい場所なら、僕なら他の場所に移住します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
YAS!

4.0今朝の所沢のお天気はところにより号泣😖😢😭💨

2020年6月21日
Androidアプリから投稿

映画館がコロナ禍で閉鎖になりレンタル入りを待望していましたがやっと自宅にて鑑賞出来ました。その昔、米国のアフリカ系黒人はアフリカで奴隷商人に拉致され、家畜のように鎖に繋がれ、自由の国アメリカへ意思に反して連行され、売り買いされ支配者層の為に低い地位のままずっと働かされ続けてきた。公民権法成立後もその地位はアンフェアなままで黒人に償いやアドバンテージが与えられたことは私の知る限り一度も無い。最近の事件や反対運動を見るまでもなくアメリカの人種差別は今なお根深く、苦しめられている人々に救いの手は限りなく少ない( ´_ゝ`)この映画は司法にフォーカスしてその事実を訴えかけて来る。実話に基づいたとてもいい映画でした🍀

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あさちゃん

3.0永遠のテーマ

隣組さん
2020年6月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

冤罪の死刑囚のために立ち上がる弁護士の奇跡の実話。黒人の不当逮捕を描いている作品は多々あるがこのような横暴が今もなお現実にあることを深く心に刻まなければならない。最後は心が揺さぶられ胸が熱くなりました。人種差別問題は永遠のテーマであることを改めて感じる作品。
2020-82

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
隣組

4.0~「最も困ってる人のために闘え。」~ 観る者の胸を打つ衝撃作。

2020年5月11日
PCから投稿

悲しい

怖い

知的

【賛否両論チェック】
賛:決してひるむことなく差別と闘い続けた主人公の心の強さに、頭が下がる思い。当時の黒人差別の哀しい現実の数々にも驚かされると同時に、その厳しさにも改めて考えさせられる。
否:展開そのものはかなり淡々と進み、似たようなシーンも多いので、人によっては退屈してしまうかも。

 嫌がらせや脅迫を受けても決して屈することなく、差別から人々を救うために戦い続けた主人公・ブライアンの強さに、まずは頭が下がります。実家を出るブライアンが、心配する母に、かつて自分へ言ってくれたという、
「最も困ってる人のために闘え。」
という言葉を話すシーンが、とても印象的でした。
 そしてやはり衝撃的なのは、当時の黒人差別の厳しい現実です。明らかに無罪であろう状況でも、黒人であることで死刑を言い渡されてしまったり、そうした人々を救済しようと奔走するブライアンに対しても、白人警官から拳銃を突きつけられて圧力をかけられたりと、当時の状況がいかに厳しいものであったかを、否が応でも考えさせられてしまいます。
 そんな中、クライマックスの法廷のシーンでは、人間としての一縷の望みが感じられるような展開で、少し救われたような気持ちになりました。
 内容的にも、どうしても同じようなシーンが続いてしまうので、人によっては退屈と感じてしまうかも知れませんが、決して目を背けてはいけない人々の闘いの記憶を、是非ご覧になってみて下さい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
映画コーディネーター・門倉カド

4.5映画にできるところがアメリカってやっぱりすごいと思う。

2020年4月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

アメリカで黄色人種として差別感を感じたことあります。

で、こういう現実って、たくさんあるんだと思う。

でも、正義の心で戦う人がいるってことと、こういうのを映画にできるってことがアメリカのすごい、素晴らしいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
昔から映画好き

4.5何年かぶりに観て泣きました。

2020年4月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

映画「グリーン·ブック」の様だけど、もう少し大きな話し。またアメリカでの黒人を虐(しあた)げる酷い話し。
黒人に生まれただけで人権どころか人間としても否定される。
本当は白人も移民なのに。。。。
アメリカの黒人はこんな理不尽な白人の行為にずっと耐えてきたんですねー😢

ジェイミー·フォックス主演。
彼の黒人排他の映画で「ジャンゴ」も痛快で非常に良い映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
東神戸のウルフ

4.0この世にはこんな人がおられるんですね。

みけさん
2020年3月25日
Androidアプリから投稿

自身としては弁護士さんに良い印象はないのですが、アメリカの奥深さを見たように思う。

しかし、アメリカ、白人の人種差別は病的ですね。

日本も排外的になりませんように、って祈るわ。

キャプテンマーベルがいたから、スパッと解決にはなりませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みけ

4.0たった数十年前のはなし。

peanutsさん
2020年3月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

こんな露骨な人種差別がまだ最近まであったことに驚き。そんな中でも正義を貫き通す黒人弁護士の姿があつい。未来への希望につながる展開にホッとした。実話、と言うことで見込み十分でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
peanuts

3.5人種差別撤廃!それってさぁ。

Hinotamaさん
2020年3月24日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Hinotama

4.5奇跡と呼ばれぬ日まで

MARさん
2020年3月21日
Androidアプリから投稿

泣ける

難しい

自身も人種差別の壁に苦しむ経験を持つ若き弁護士ブライアンが、冤罪により死刑執行を待つ身となっているマクミリアン達を救うべく、偽りが蔓延する法廷で奮闘する物語。

いきなり逮捕されてしまうマクミリアン。舞台は2年後に移り、弁護士となったブライアンがマクリミアンを救おうとするも、この2年で十分すぎるほどの絶望と理不尽を味わったのか、マクリミアン本人に生きようとする希望が無い。「人種」の違いだけで、真実を話すだけなのに勇気を振り絞らなければならない、自分の生活を失いかねない状況にいる人達。
そりゃあそうもなる…。

しかし、その家族や同僚、そして捨てる神あれば拾う神ありとも思えるような、わずかながら協力をしてくれる人達。針の穴ほどの希望に縋り闘い続けるブライアン達の姿には、思わずウルウルした。ハーブの為にコップを鳴らし声を上げる囚人達のシーンとか、個人的に映画史の中でも屈指の名シーン。

この話が、比較的最近のものであることに驚き。黒人差別は今日でも無くなっていないことは知っているが、無罪の罪で死刑執行される人がこんなにも多くいる程、重い差別が続いていたとは。。

不勉強な自分には、黒人差別の実態は漠然としかわからないけど、警察や検事たちの目的って、真犯人を捕まえて真実を明らかにすることではないのか?
寧ろ忌み嫌う黒人たちを虐げられればそれでよいのか?中にはそんな汚い考えの人間がやはりいるのだろうか…そんな風にさえ思ってしまった(勿論間違った偏見を持ちはしませんが)。

とにかく心に刺さり、深く考えさせられる作品だった。裁判所からの電話が鳴る度に、映画とわかっていても真剣に祈る自分がいた。

無実の人が釈放され家族と自由の生活を再び得ること。
これは本来、奇跡などではなく、あたりまえのことでなければないはずですね。
それ以前に無実の人を捕まえることが絶対あってはならないけど。

良心が少しでも痛むなら、それは最後のチャンス。
自分も正しく生きなくては!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
MAR

4.0法の下の平等なんて

あきさん
2020年3月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

映画だからこれが冤罪で最後はちゃんとスッキリ終わるって最初からわかってる。
でも現実に今まさに冤罪と戦っている人がいるのに私は気付いてない。日々流れてくるニュースを疑うこともしていない。

この映画の出来事が30年くらい前のことだったことに衝撃。ついこの間なのにこんな不平等がまかり通っていたなんて。あんな検事や保安官が堂々と存在してるなんて。
いや、今も不平等はある。あからさまな人種差別はしないかもしれないけど貧困層と富裕層への格差があるのは事実だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
あき

4.5真実は一つ

2020年3月21日
Androidアプリから投稿

事実を追求すると、真実か見えてくる。
その真実を、信じてくれる人が一人でもいてくれたら、救いになるのだろう。
信じてくれる人が家族ならば、心強いけれども、そこに専門家が加わると自分を取り戻すことができるのだろう。

ブライアンのすごいところは、人柄にあるだと思う。人懐こくて嘘を言わない、真正面から人と向き合うところ。
そして信念がぶれないとこかな。

そして相手と対立していても、真実を語りかけるところ。弁護士として、法を基に闘う者としての真実は何かを、敵対する相手にも語りかけられるところ。
法がどのように使われるべきか、根本に切り込むところ。
若さや経験を超える人柄が、世界を変えられると証明したところだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミツバチば~や

4.5法や権力はなんのためにあるのか

2020年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

何が真実なのかは当事者にしか分からないかもしれないが、こんなことがまかり通るなら人が生まれ存在する意味はなんなのか。本作は事実に基づく映画だ。

そこまで話題になっていた印象はなかったが、レビューサイトでの高評価が気になって鑑賞。

2時間超の長編なのに冒頭は前日譚もまったくなくいきなりの逮捕。この後どんな展開になるのかと思っていたが、想像を超える肉厚な物語が待っていた。

クライマックスに向けても一筋縄ではいかない流れで、何度も心を揺さぶられ、気づいたら涙がこぼれ落ちていた。これは不朽の名作となりそう。

現代に蔓延る差別や格差の問題。法や権力は一体何を守っているんだろう。

いち人間としてそこまでして他人の人生を簡単に踏みにじれてしまう動機はなんだろう。そんなことまでして利益やメンツにすがるのか。なんでこんなことになってしまうのか到底理解できない。

最後の法廷や会見の言葉は胸にぐさりと刺さる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画野郎official

3.5延々と続く題材

2020年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

犯人が見つからないから、とりあえずスネに傷のある黒人を犯人に仕立ててしまえば、誰も文句は言わないだろう。一体どのくらいのえん罪が蔓延しているのだろう。

差別というワードで毎年何本もの映画が作られている現状。それでもまだまだ差別が収まらない。それは何もアメリカだけの話ではなく、人種や性、宗教、身分、病気など、自分と異なる物を排除する力の大きさに、もし当事者となった場合の恐ろしさを考えたら・・・。

弁護士役の主人公もまた人種差別の目に晒されながら信念の元に進んでゆく。えん罪として収監されている黒人の苦悩も描かれ、裁判劇へと展開されていく。要は検察側など、黒人が犯人と決めつけているから、捜査資料などまともに読むこともなく、それゆえの最後の裁判のくだりに繋がってゆくところは意表を突かされた。

ただ近年製作過多とも言える黒人差別映画に、まぁこんな展開だよなと、ちょっとくらいの内容では驚かなくなってしまった “慣れ” も怖い。だったらもっと若手弁護士の力強いサクセスや黒人囚人の絶望的な苦悩、警察側のもっともっとのどす黒さ、囚人仲間や弁護側仲間の濃い物語などジェットコースター並みに上下&回転があっても良いのにとつぶやく。

しかして、感情情景を抑えめなトーンで丁寧に描いているこの良作に対し、当たり前のものとして見てしまってはいけない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
むっしゅ

4.0「アラバマ物語」が表す意味

2020年3月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

知的

黒人と言うだけで殺人の罪を着せられて

無実のまま死刑になった人がどれだけいたんだろうか?

アメリカの根強い黒人差別問題を
冤罪事件を通して描いています。

主演は「クリード チャンプを継ぐ男」や

「ブラックパンサー」の悪役キル・モンガーの
マイケル・B・ジョーダン
共演は「キャプテン・マーベル」のブリー・ラーソン
映画の途中、
腹立つ白人中年出っ腹親父(トランプみたいな)に

二人とも変身してやっつけてしまえ!
と言いたくなる様なひどい白人権力者ども!!!

最後まで気の抜けない物語であり
でも最後はなんとか心が晴れる作りになってます。

自分は人種差別なんかしない人でありたい。

ちょっと胸に手を当てて観て欲しいですね。

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

この映画の最初の方で、主人公に対して

土地の白人達がやたらに何度も

「ここは『アラバマ物語』のモデルとなった土地だから」
「『アラバマ物語』記念館を見てくると良い。」と進める。

「アラバマ物語」と言えば1930年代のアメリカ南部で

無実の黒人青年を弁護する正義の白人弁護士の話で
そんな正義の物語のモデルとなった土地の人々なのに
こうして黒人を有罪にしている!
なんと言う皮肉!!

と、観た直後は思ったのだけど


改めて「アラバマ物語」のあらすじを読み直してみると
白人弁護士の弁護も虚しく、白人陪審員の偏見により

黒人青年は有罪とされてしまう。

白人弁護士は青年に控訴すれば無実になれると説得するが

絶望した青年は護送中に逃亡し、その場で射殺されてしまう。

つまり、何が何でも黒人を犯人にしたい土地なのだ!
と、自分たちの愚かさを宣伝しているようなものだ。

黒人問題だけでなく、この世の中に
冤罪事件ってどれだけあるんだろうか?
権力者が偏見を持つと言うことの恐ろしさが
嫌と言うほど伝わってくる映画です。


@お勧めの鑑賞方法は?
配信でも良いからじっくり観て欲しいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
星のナターシャ

4.5人種間に優劣は無い!

2020年3月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

これまた苦しい映画。
80年代にアラバマ州で起きた人種差別や偏見からやってもないことで死刑囚として収監されてしまった事件をもとに映画化。とにかく酷い。でも現実にあった事として二度と起きないようにする事が大切。
でも10年経つとお隣のジョージア州ではリチャード・ジュエルが爆弾犯に仕立て上げられた事件が起きちゃうわけだから人間はしっかりと失敗から学ばないといけない。

有色人種を差別する、というほどのレベルではないけれど自分自身もこれまで幾度となく純ジャパでない事を理由に不愉快な思いをしてきたことがある。逆に良い思いをしたこともあるから一概にいいとも悪いとも言い難いところはあるけど、基本姿勢として人種だったり見た目だったり、極論「自分と違うから」というくだらない理由で人を差別したり見下したりするような事が世の中から消えてしまえばいいのに…。切に願います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
らま+たん
「黒い司法 0%からの奇跡」の作品トップへ