C・セロンの“再現度”に全米驚がく! セクハラ騒動描く「スキャンダル」新場面写真披露

2019年12月30日 20:00

「FOXニュース」のトップに君臨するキャスターのメーガン・ケリー役を熱演!
「FOXニュース」のトップに君臨するキャスターのメーガン・ケリー役を熱演!

[映画.com ニュース]2016年にアメリカで実際に起こった女性キャスターへのセクハラ騒動をシャーリーズ・セロンニコール・キッドマンマーゴット・ロビーの豪華共演で映画化した「スキャンダル」の新たな場面写真が、このほどお披露目された。

本作は、全米で視聴率1位を誇るテレビ局「FOXニュース」で実際に起きたセクハラスキャンダルの裏側を描いた作品。「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」「ザ・シークレットマン」のジェイ・ローチ監督がメガホンをとり、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」で第88回アカデミー賞の脚色賞に輝いたチャールズ・ランドルフが脚本を手掛けた。

FOXニュースの元人気キャスター、グレッチェン・カールソン(キッドマン)は、テレビ界の帝王として君臨していたCEOのロジャー・エイルズを提訴。騒然とする社内で、看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリー(セロン)は、輝かしいキャリアを手にするまでの歩みを振り返り、胸をざわつかせていた。一方で、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手ケイラ・ポスピシル(ロビー)は、ロジャーと対面する機会を得ていた。

場面写真は、「FOXニュース」のトップに君臨するキャスターのメーガン・ケリー役を演じたセロンの本気度が伝わるものばかり。外見だけでなく話し方も追及したという“驚異の再現度”で全米に衝撃を与えたセロンは、第77回ゴールデングローブ賞、第26回全米映画俳優組合賞(SAG賞)の主演女優賞にノミネート。「TVや彼女の発言などあらゆることを知っていたので、役をつかむのにとても時間がかかった。でもメーガンの本やインタビューを読んで、本当の彼女は複雑で傷つきやすい人だとわかり、少し彼女を近くに感じることができました」(セロン)と振り返っている。

本作にはプロデューサーとしても参加したセロン。「今は多くの勇敢な女性たちが自らの経験を共有するようになった。タイムズアップやMeTooなどのムーブメントのおかげで、セクハラはシステム全体の問題であり、きちんと向き合う必要があるとみんなが悟っている。だからこそ、この映画を今作るのはとてもとても大事なことだった」と並々ならぬ思いを秘めていたようだ。

そんなセロンについて、脚本家のランドルフは「彼女はプロデューサーとしても実質的にリーダーだし、実際にスクリーン上に登場し、演技をするという意味でも、この作品のクリエイティブ面における主な原動力でもある」と絶賛。「彼女が出演しないシーンの撮影にも現場に来て、モニターを見ながら我々に気になった点を伝えに来るし、どんな偉大なクリエイティブディレクターよりも、積極的に作品作りに関わっているよ」とコメントを寄せている。

スキャンダル」は、20年2月21日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース