ザ・シークレットマン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ザ・シークレットマン
4%
54%
36%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ウォーターゲート事件」の全容と事件を内部告発したFBI副長官の姿を、リーアム・ニーソン主演で実話をもとに映画化したサスペンスドラマ。アメリカ合衆国史上初めて任期半ばで辞任に追い込まれたリチャード・ニクソン大統領。その引き金となったウォーターゲート事件の捜査の指揮にあたったFBI副長官マーク・フェルトは、なかなか進展しない捜査の裏にホワイトハウスが捜査妨害をしていることを察知し、事件自体がホワイトハウスの陰謀によるものであることを悟る。大統領に忠実なL・パトリック・グレイFBI長官に捜査協力が期待できない中、フェルトは事件の真相を明るみにするため、大胆な決断をする。フェルト役を「96時間」「シンドラーのリスト」のニーソン、妻オードリー役を「トスカーナの休日」のダイアン・レインが演じる。監督は「コンカッション」「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」のピーター・ランデスマン。「オデッセイ」「ブレードランナー」のリドリー・スコットが製作。

2017年製作/103分/G/アメリカ
原題:Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

映画レビュー

4.0リーアム・ニーソンの重厚な演技を久しぶりに見た気分

AuVisさん
2018年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

知的

「96時間」で“中年アクション映画”の潮流を作って以来、その第2、第3作を含め似たような活劇に出続けているリーアム・ニーソン。でも思い起こすと、「シンドラーのリスト」の主演など、演技派として高く評価されていた俳優だ。もう65歳だし、そろそろ肉体酷使系は卒業でいいのでは。そして本作で、久しぶりにアクション抜きでニーソンの重厚な演技を堪能できた。

役作りなのか、病的なまでに絞った痩躯に、深く刻まれた顔の皺、鋭い眼光。強靭な意志と信念を感じさせる表情と台詞。サスペンス演出によりダークな緊張感が持続するなか、告発者に扮したニーソンの存在感がいぶし銀のように輝きを放つ。

ジャーナリスト出身で、「パークランド」「コンカッション」と実話を撮り続けているピーター・ランデズマン監督。その演出には、史実に含まれる劇的な要素を丁寧に抽出し、物語を通じて的確に観客に伝えようとする姿勢が感じられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
AuVis

1.519042

2019年12月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

副長官の心の葛藤がストーリーの大半なので、ウォーターゲート事件の概要が分かっていないと難しい、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たかたかたか

4.5【”ディープ・スロート”と呼ばれた民主主義の危機を救った男の生き様を露わに描く作品】

NOBUさん
2019年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

 FBI元副長官マーク・フェルトの生き様をリーアム・ニーソンが抑制した演技で魅せる。

 「ウォーターゲート事件」の表のヒーローはワシントンポスト紙のウッドワードとバーンスタイン記者であるのは明らかだが、陰のヒーローは行政府(ホワイトハウス)の政敵に対する不正工作や盗聴の事実を司法警察官僚(FBI)の立場から内部告発した”男”だろう。

 この映画はこの”男”の内部告発するスリリングな姿とともに、私生活(家族との関係性)もじっくりと描く。

 ”男”はFBI副長官として、内部告発をする一方で、執拗なまでに反政府組織ウェザー・アンダーグラウンドの捜査をする。その裏の理由は愛する娘を想っての事。”男”の立場上許される筈もなく、この後捜査方法が有罪判決を受け(その後、特別赦免)、ストレスにより妻オードリー・フェルト(ダイアン・レイン)は”男”の拳銃で自殺するという悲劇に見舞われる・・。
 救いは、この後娘と和解し穏やかな晩年を送ったという事実である。

<民主主義の危機を救った男の、家族との軋轢に悩む姿を1970年当時のアメリカの時代背景とともに描き出した作品>

<2018年5月12日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

3.0権力と闘う姿

2019年10月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

政府の圧力と捜査妨害を描いた恐怖を感じる映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カツカレーライス
すべての映画レビューを見る(全53件)