デニス・ホッパーが自身を演じる「アメリカン・ドリーマー」公開&「イージー★ライダー」再上映

2019年12月10日 12:00

「アメリカン・ドリーマー」(上)と「イージー★ライダー」の一場面
「アメリカン・ドリーマー」(上)と「イージー★ライダー」の一場面

[映画.com ニュース] アメリカン・ニューシネマの旗手として一躍世界の注目を集めたデニス・ホッパーの初監督作「イージー★ライダー」。1970年1月に日本公開されてから来年で50年という節目を記念し、「イージー★ライダー」のその後のホッパーを映したドキュメンタリー「アメリカン・ドリーマー」(原題:The American Dreamer)が2月1日から日本初公開されることが決定。併せて「イージー★ライダー」もリバイバル公開される。

アメリカン・ドリーマー」は、デニス・ホッパーデニス・ホッパー本人を演じる、前代未聞の異色ドキュメンタリー。「イージー★ライダー」でカンヌ映画祭新人監督賞を受賞、ハリウッド・システムをぶち壊したホッパーは、第2作として「映画とは何か」を鋭く問いかける問題作「ラストムービー」に取りかかった。ピーター・フォンダトーマス・ミリアンミシェル・フィリップスサミュエル・フラーら豪華出演陣を起用してペルーの山村で撮影したフィルムをニューメキシコ州のD・H・ロレンスの元別荘に持ち込んだホッパーは、1年以上かけて編集作業に没頭する。

そこへドキュメンタリー映画を撮りたいと現れたのが、フォトジャーナリストとしてユージン・スミスの「ミナマタ」の出版に携わり、「明日に向って撃て!」のスチルモンタージュを担当したローレンス・シラーと、ジャン=リュック・ゴダールの「勝手にしやがれ」のリメイク「ブレスレス」や「パリ、テキサス」の脚本を手掛けたL・M・キット・カーソンだった。シラーとカーソンを迎えたデニス・ホッパーは、ドキュメンタリーを作ることを拒否。代わりに「『ラストムービー』を作っているデニス・ホッパーを、デニス・ホッパー自身が演じる映画」を提案した。そしてホッパーは、砂漠で哲学を語り、編集作業に悩み議論し、カメラの前でマリファナたばこを巻き、銃を撃ちまくり、乱交を繰り広げ、住宅街を全裸で闊歩する……。ビーチボーイズを見出したプロデューサー、ニック・ベネットが音楽を監修した。

アメリカン・ドリーマー」「イージー★ライダー」は2020年2月1日から、渋谷ユーロスペースで公開後、全国順次公開。なお、デニス・ホッパー監督第2作「ラストムービー」、ドキュメンタリー「デニス・ホッパー 狂気の旅路」が12月20日に公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

(C)Palaris Communications.inc

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース