ラストムービー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ラストムービー
ラストムービー
29%
14%
36%
21%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

初監督作「イージー・ライダー」で一躍時代の寵児となったデニス・ホッパーの監督第2作。映画撮影のため南米ペルーへやって来たスタントマンのカンザス。撮影後ドラッグに溺れるようになった彼は、映画作りを模した村で奇妙な儀式に巻き込まれ、虚構と現実の境界を超えた世界へと突入していく。次第に狂気に陥っていく主人公カンザスをホッパーが自ら演じ、「大アマゾンの半魚人」のジュリー・アダムス、映画監督のサミュエル・フラー、「イージー・ライダー」にも出演したホッパーの盟友ピーター・フォンダが共演。「理由なき反抗」のスチュワート・スターンが脚本を手がけた。71年ベネチア国際映画祭では好評を博したものの、難解で前衛的な内容に困惑したユニバーサル映画のトップの再編集指示をホッパーが拒絶したため、短期間での公開後ほぼお蔵入りとなった。日本では88年にアメリカ国外で初めて劇場公開された。2019年12月、新宿シネマカリテほかにて、オリジナルネガから4Kスキャンと修復を施した最新素材でリバイバル上映。

1971年製作/108分/アメリカ
原題:The Last Movie
配給:コピアポア・フィルム
日本初公開:1988年10月21日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)1971 The Hopper Art Trust, All Rights Reserved

映画レビュー

3.0殴っちゃいけないよ!

kossyさん
2020年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 マリアを殴るカンザス。カンザスを殴るアンダーソン夫人。映画の真似事をしているペルー人が殴り合う。予告編を見ていた限りでは、ペルー人がそのまま映画を撮っちゃうんじゃないかと思っていましたが、なんだか変な方向に行っちゃいました。

 いや、確かに彼らは平和な村に暴力を持ち込んだんだよ。ただ、人を助けなきゃいけないって心と行動は現地人が上だった。西部劇の撮影中も屋根から人が落ちると、すぐに駆け寄る現地の男。撮影の面白さと現地の儀式が融合され、何をやってるのかわからなくなる。そうして残ったカンザスも現地のマリアとイチャイチャしながらも、徐々に金鉱の話へと進んでく。

 映画撮影の裏側とかメイキング映像なんかを使えば、いくらでもストーリーが繋がりそう。もうちょっとペルー人が反乱を起こして映画に目覚める方向とかの・・・。まぁ、『イージーライダー』にもデニス・ホッパーにも思い入れがないため、眠気のせいで途中数秒間の記憶を無くしてしまいました。あれ、レズシーンはどうなったんだ?とかの。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.0デニス・ホッパーのファンは必見!

2020年1月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

アメリカン・ニューシネマの代名詞である「イージー・ライダー」を撮ったデニス・ホッパーの監督第2作。まさかの4Kリマスター版が公開された。未見だったので助かります。

これは噂にたがわぬ怪作。失敗作と言っちゃっていいのかな?

映画撮影のためペルーへやって来たスタントマン(ホッパー)がドラッグに溺れ、現実と狂気の世界をと行き来する。

まあ、できの良し悪しとは関係なく、マニアにとっては貴重な作品。観ないわけにはいかんだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
エロくそチキン

5.0ほとんど気が触れてますね.....

2020年1月4日
iPhoneアプリから投稿

いや〜、イイ映画でした。
久々に‘70年代感じました。
「イージーライダー」を追いかけて何度も名画座に行った頃を思い出させた。

テイストとしては「イージーライダーのブローアップ版」って感じかな?
効果音なんかも同じものが流用されてたりしてる。

「イージーライダー」を観て以降、P・フォンダとホッパーの映画に飢えて、探したものだが、殆ど我が国では公開作期待できずだった。
そんな当時、風の噂のように伝わってきたのがこの、「D・ホッパーはハリウッドで干された、その原因となった映画」と言われたこの映画のタイトル。
ホント、長年タイトルだけの存在だったのが、ついに50年ほどの時を超えてご対面となっただけでも感動モノなんですよ....

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アンディ・ロビンソン

3.5デニスホッパー監督の怪作

movieさん
2020年1月1日
Androidアプリから投稿

232.感性の向う先。これまで観る機会がなく、劇場鑑賞出来たのはラッキー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る