ベルリン国際映画祭で2冠達成! ワン・シャオシュアイ監督「在りし日の歌」20年4月公開

2019年12月10日 13:00

最優秀男優賞&女優賞に輝いた中国映画
最優秀男優賞&女優賞に輝いた中国映画

[映画.com ニュース]第69回ベルリン国際映画祭で最優秀男優賞&女優賞の2冠に輝いた中国映画「So Long, My Son(英題)」が、「在りし日の歌」の邦題で、2020年4月から日本公開されることが決定した。

メガホンをとったのは、「北京の自転車」「我らが愛にゆれる時」で2度のベルリン国際映画祭戴冠を果たした“中国第6世代”の名匠ワン・シャオシュアイ。物語が描かれる時代は、改革開放後“一人っ子政策”が進んだ80年代、経済成長を遂げる90年代、そして2000年代。喜びと悲しみ、出会いと別れを繰り返し、それでもともに生きていく夫婦の姿を、激動の21世紀中国を背景に映し出している。

中国の地方都市で幸せに暮らしていた夫婦のヤオジュンとリーユンは、ある時、大切なひとり息子・シンシンを水難事故で亡くしてしまう。悲しみに暮れる2人は、住み慣れた故郷を捨てることを決意。心許せる仲間とも距離を置き、誰も自分たちのことを知らない町へと移り住む。

主人公ヤオジュンを「薄氷の殺人」「見えない目撃者(2015)」のワン・ジンチュン、リーユンを「黒衣の刺客」のヨン・メイが演じている。見た目だけでなく、年齢を重ねていくにつれて表出する“内面的な変化”をも繊細に演じきった2人について、「見終えた後、彼ら夫婦と長年を共に過ごしたかのような親密な気持ちになる。心に寄り添う素晴らしい演技力!」(ガーディアン)、「美しい映像と音楽、緻密な脚本、そして役者たちが織り成す、見事なアンサンブルだ!」(エンパイア)と海外メディアから絶賛評が集まっている。

「在りし日の歌」は、20年4月から東京・角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • スペイン一家監禁事件
  • ゲーム・オブ・デス
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • 寄性獣医・鈴音 EVOLUTION
  • ヒューマン・レース
  • ライアー・ハウス
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • ドクムシ
  • 忍者狩り
  • ザ・ブラック・ベア
OSOREZONE

Powered by 映画.com