【国内映画ランキング】「アラジン」「スパイダーマン」ワンツー変わらず。「ダイナー」が3位デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年7月8日 > 【国内映画ランキング】「アラジン」「スパイダーマン」ワンツー変わらず。「ダイナー」が3位デビュー
メニュー

【国内映画ランキング】「アラジン」「スパイダーマン」ワンツー変わらず。「ダイナー」が3位デビュー

2019年7月8日 19:00

「アラジン」がV3!

「アラジン」がV3!
(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]7月6日~7日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。首位「アラジン」、2位「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」の上位2作品は前週と変わらず。5週連続の首位をキープした「アラジン」は週末2日間で動員46万8000人、興収6億9900万円をあげ、累計では86億円付近まで来た。また「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」の累計興収は、18億円を突破している。

初登場で3位に飛び込んできたのは「Diner ダイナー」。平山夢明の小説「ダイナー」を、蜷川実花のメガホンで、藤原竜也を主演に据えて映画化したもの。週末2日間の成績は、動員13万2000人、興収2億6000万円となっている。藤原竜也主演作で比較すると、「22年目の告白 私が殺人犯です」(2017年/最終興収24.1億円)の80%の出足となる。

4位の「ザ・ファブル」はワンランクダウンながら、累計興収12億円を突破した。

7位には、「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」がランクイン。15年7月公開の「悲しみの忘れ方」に続く、乃木坂46としては4年ぶり2作目のドキュメンタリーとなる。

8位「新聞記者」は前週から2ランクアップ。日本映画で政治がテーマで、この勢いある興行はかなり珍しい。絶賛評を集め、5日には朝日新聞に全段広告を打っていた。

新作がもう1本。9位には、京都アニメーションのテレビアニメ「Free!」の第3期「Free! Dive to the Future」を再構築し、新たなエピソードを追加した劇場版がランクインした。

(映画.com速報)
22年目の告白-私が殺人犯です- ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 22年目の告白-私が殺人犯です- ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,234 藤原竜也と伊藤英明がダブル主演し、2012年の韓国映画「殺人の告白」を原作に描くクライムサスペンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 天気の子の評論 天気の子 “あえて間違える”という姿勢。フィクションでしか描けない、逆説的な正しさ
  • よこがおの評論 よこがお 大胆な構成、巧妙な演出で、ある女性の流転と変容を描く人間探求ミステリー
  • 隣の影の評論 隣の影 隣人トラブルがスプラッタ・ホラーに発展。原因はアイスランドの特殊な事情!?
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報