【国内映画ランキング】「マスカレード・ホテル」首位スタート!興収40億超え見込める出足 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月21日 > 【国内映画ランキング】「マスカレード・ホテル」首位スタート!興収40億超え見込める出足
メニュー

【国内映画ランキング】「マスカレード・ホテル」首位スタート!興収40億超え見込める出足

2019年1月21日 18:13

公開3日間で興行収入8億円に迫る滑り出し「マスカレード・ホテル」

公開3日間で興行収入8億円に迫る滑り出し
(C)2019 映画「マスカレード・ホテル」
製作委員会 (C)東野圭吾/集英社
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1月19~20日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。3本の新作がランクインし、「マスカレード・ホテル」が初登場で首位を獲得するスタートを切った。同作は、累計発行部数355万部を突破した東野圭吾氏による小説シリーズを、木村拓哉主演、長澤まさみ共演で実写映画化したミステリードラマ。18日より全国349スクリーンで公開され、土日2日間で観客動員48万4000人、興行収入6億3300万円を稼ぎ出した。これは昨年8月より公開され、最終興収約29億円を記録した木村主演「検察側の罪人」の興収比152.2%の成績。公開3日間では動員61万人、興収8億円近くをあげている。まずは最終興収40億円超えが見込める好調な出足となった。

2位は「ボヘミアン・ラプソディ」がキープ。公開11週目の週末2日間で動員17万2000人、興収2億4900万円をあげ、累計動員は720万人、興収は99億円を突破し、間もなく100億円に到達する。

3位は前週首位スタートを切った「劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel II. lost butterfly」。全国131スクリーンでの公開ながら、高稼働となっている。

新作では他に、刀剣を擬人化した刀剣育成シミュレーションゲームを実写映画化した「映画刀剣乱舞」が5位にランクイン。人気カーアクションシリーズ第5弾「TAXi ダイヤモンド・ミッション」は8位、M・ナイト・シャマラン監督のサスペンススリラー「ミスター・ガラス」は圏外の13位スタートとなった。

スタートから2週連続8位だった「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」は順位をひとつ上げて7位。「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」は前週に続き10位に踏みとどまっている。

なお、4位「シュガー・ラッシュ オンライン」は累計動員281万人、興収34億円、6位「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」は累計動員290万人、興収37億円を超えた。

(映画.com速報)
検察側の罪人 DVD 通常版[DVD] 検察側の罪人 DVD 通常版[DVD] 最安価格: ¥3,051 木村拓哉と二宮和也の初共演で、雫井脩介のミステリー小説を映画化。原田眞人監督がメガホンをとり、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報