【国内映画ランキング】「ファンタビ」V3、2位「ボヘミアン」も絶好調、「来る」は3位スタート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月10日 > 【国内映画ランキング】「ファンタビ」V3、2位「ボヘミアン」も絶好調、「来る」は3位スタート
メニュー

【国内映画ランキング】「ファンタビ」V3、2位「ボヘミアン」も絶好調、「来る」は3位スタート

2018年12月10日 19:00

「ファンタスティック・ビーストと 黒い魔法使いの誕生」がV3「来る」

「ファンタスティック・ビーストと
黒い魔法使いの誕生」がV3
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights
Reserved.Wizarding World TM Publishing
Rights (C) J.K. Rowling WIZARDING WORLD
and all related characters and elements
are trademarks of and (C) Warner Bros.
Entertainment Inc.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 12月8日~9日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。首位は「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が3週連続でキープ。公開3週目の週末2日間で動員35万1243人、興収5億1735万2700円をあげた。公開17日間の累計成績は、前作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(最終興収73.4億円)をしのぐペースで、動員276万8415人、興収39億1614万4000円を記録し、間もなく40億円に達する。4DやIMAX版の回も引き続き完売する劇場が増えている。

続く「ボヘミアン・ラプソディ」も3週連続で2位をキープ。公開5週目の週末は動員34万8267人、興収5億0717万円をあげ、前週末比102%を記録し、4週連続で右肩上がりの驚異的な興行となっている。累計動員は320万1505人、興収は43億9670万円で、間もなく44億円に到達。各地で盛り上がっている“胸アツ”応援上映の様子などが多くのメディアで取り上げられ、映画のサウンドトラックもCD・デジタルを合わせて24万7000枚を突破した。また、12月6日にゴールデングローブ賞(ドラマ部門)の作品賞と主演男優賞(ラミ・マレック)にノミネートされるなど、アカデミー賞に向けた今後の賞レースでもあなどれない存在となっており、結果次第ではさらに興行に勢いがつきそうだ。

新作「来る」は3位スタートとなった。作品は「告白」「渇き。」の中島哲也監督が、岡田准一を主演に迎え、「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を映画化したホラー。7日から全国331スクリーンで公開され、土日2日間で動員10万1000人、興収1億3700万円を記録した。これは中島監督の前作「渇き。」の興収比122%の成績。公開3日間では動員13万5000人、興収1億8000万円をあげており、まずは興収10億円超えが当面の目標となりそうな出足となっている。

なお、前週3位スタートを切った「くるみ割り人形と秘密の王国」は、週末2日間で動員7万7000人、興収1億0300万円あげ、4位にランクイン。6位の「スマホを落としただけなのに」の累計興収は17億円、7位「人魚の眠る家」が8億円、8位「ういらぶ。」は7億円を突破した。

(映画.com速報)
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅[DVD] ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅[DVD] 最安価格: ¥921 世界的人気を誇る大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズ完結から5年を経て、新たに送りだされるシリーズの第1作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報