ういらぶ。

劇場公開日

30%
8%
28%
14%
20%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

累計発行部数180万部を突破した星森ゆきもの人気コミック「ういらぶ。 初々しい恋のおはなし」を実写映画化した青春ラブストーリー。同じマンションで一緒に育った高校生の凛、優羽、暦、蛍太の美男美女4人組。優羽のことが好きすぎて冷たくあたってしまう凛と、凛に思いを寄せながらも彼の態度のせいでネガティブ思考に陥っている優羽。暦と蛍太は、そんな2人のことを心配しながら見守っていた。ずっとこのままだと思っていた4人の関係が、「好きなら好きとハッキリ言う」和真の登場によって大きく動きはじめる。凛役をジャニーズJr.の人気ユニット「Mr.KING」の平野紫耀、優羽役を「ママレード・ボーイ」の桜井日奈子、暦役を「PとJK」の玉城ティナ、蛍太役を「覆面系ノイズ」の磯村隼人、和真役を「サクラダリセット」の健太郎がそれぞれ演じる。「ストロベリーナイト」「脳内ポイズンベリー」の佐藤祐市監督がメガホンをとり、「大奥」の高橋ナツコが脚本を担当。

2018年製作/100分/G/日本
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
星森ゆきも
脚本
高橋ナツコ
エグゼクティブプロデューサー
豊島雅郎
プロデューサー
田辺圭吾
橋本芙美
ラインプロデューサー
坂本忠久
撮影
小宮山充
照明
保坂温
録音
金杉貴史
美術
寒河江陽子
装飾
田中宏
衣装
纐纈春樹
メイク
宮内三千代
編集
田口拓也
音楽
佐藤直紀
主題歌
King & Prince
選曲
藤村義孝
スクリプター
藤島理恵
音響効果
壁谷貴弘
VFXプロデューサー
加賀美正和
助監督
吉村昌晃
制作担当
持田一政
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2018「ういらぶ。」製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

映画レビュー

1.0精神的DVの教材映画

2022年3月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

凛(平野紫耀)はモラハラ、セクハラでヤバイ男極まりない。
ベッドで凛が優羽(桜井日奈子)に自分のシャツのボタン止めさせる行為…いくらなんでも気持ち悪いって!平野くんでも無理!ってか平野くんにさせるな!
ファンはこんな変な役をさせたことを怒って欲しい…。

昨今流行りのS男だけど、これは悪質過ぎる。長年の言動によって、女の子は自己卑下がひどく、友人がいないと外出も出来ず、他人と話せず、パニックになった時は髪を握る人になってしまった。
男は「お前がゴミのせい」って洗脳してるし。
幼馴染ふたりも苦言は言いつつも静観してるし。優羽の親も毒親だし。おかしい人だらけ!

いくらイケメンが演じようとこんな男が憧れられる時代は一刻も早く終焉して欲しい。トップアイドルにこんな役やらせて、日本終わってるなと思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
りりまる

0.5モラハラ?

2022年3月2日
スマートフォンから投稿

好きな子をいじめちゃうを通り越してモラハラ過ぎて見てるのイヤになってしまいました…
優羽が凛にゴミとかひどいことを言われてるのも、自分のために言ってくれてるとか肯定してるのが、モラハラの加害者と被害者の典型で…
唯一蛍太がまともで救われますが、全然キュンともできなくて残念でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
恋するウサギちゃん

2.0キャストさんのビジュアルとエンドロールの良さ以外ほめるところがない

2022年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

(原作未読、ネタバレなしレビュー)

映像としてのクオリティはまずまずといった感じです。セットの雰囲気も悪くないし、カメラワークもしっかりしています。特にラストのエンドロールはよかったです。メイキング映像とともにキャストやスタッフが出てくる。この凝ったエンドロールは素晴らしいと思います。

しかし、場面切り替えの際にある「ういらぶ!!」とキャストさんがいうシーンと「第〇章~~」というシーン。これは明らかに必要ない気がします。なんのために入れたのでしょうか?新たな試みとして入れたのか原作のコミックをリスペクトしていれたものなのか定かではありませんがどちらにしても必要ありません。たとえ世界に入り込めたとしてもリセットされてしまいます。

演技にもこれといった文句もないのですが、それぞれのキャラに俳優、女優さんが似合ってないきがします。そして、主演の二人が少しイラっとするくらい不器用すぎます。あのレベルだと日常生活に支障をきたすのではないでしょうか。

ストーリー性は最悪です。完全によめる展開にあるあるな出来事。どこがおもしろいのでしょうか。4人のビジュアルのあまりの良さに絵にはなっていますがおもしろくありません。私も推しの玉城ティナさんが出ていなかったら途中で見るのをやめていたと思います。

このように自分と同じように酷評を並べる人が多くいますが、この映画の原作は小学館から出版されていた小学生向けのコミックです。作者である星森ゆきも氏も幼い子でもわかりやすく胸キュンできるように作成したのでしょうか。だとしても映画にされている以上いいものでないといけませんがまぁ許容範囲です。

凝ったエンドロールとビジュアルのいいキャストさんを評価し、ストーリー性の欠陥の多さを考え星2です

お気に入りのキャストさんがいたり美男美女の絡みを見たい方は鑑賞してみてください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SAMURAI JAPAN

見ていて悲しい。DVだし、人権が守られていない。

さくさん
2021年9月12日
iPhoneアプリから投稿

映画を見ていて、悲しくて、イライラしかしなかったです。
人権侵害にもつながるように感じました。
絶対こんなことがあってはならないと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さく
すべての映画レビューを見る(全99件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る