レベッカ

レベッカ

解説

「シンデレラ」のリリー・ジェームズと「君の名前で僕を呼んで」のアーミー・ハマーが共演したNetflixオリジナル映画で、1940年にアルフレッド・ヒッチコック監督が映画化したダフネ・デュ・モーリアの同名小説を新たな解釈で再映画化した心理サスペンス。ヴァン・ホッパー夫人の使用人としてモンテカルロを訪れた女性は、イギリス人の大富豪マキシムと出会い、恋に落ちる。マキシムは前妻レベッカを海難事故で亡くしており、彼女はマキシムの後妻となり、マンダレーの広大な屋敷で暮らすことに。多くの使用人がいる屋敷の女主人として上手くやっていこうとする彼女だったが、亡きレベッカを慕い続ける使用人ダンヴァース夫人から嫌がらせを受ける。屋敷には至るところにレベッカの痕跡が残されており、彼女はレベッカの影に翻弄され次第に追い詰められていく。ダンヴァース夫人役に「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス。監督は「フリー・ファイヤー」のベン・ウィートリー。Netflixで2020年10月21日から配信。

2020年製作/123分/イギリス
原題:Rebecca

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

Netflix映画「レベッカ」10月21日(水)より独占配信開始

映画レビュー

4.0時代性の変化を反映

2020年11月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

オリジナルから80年後のリメイクとなれば、時代性の変化が反映されているかどうか?が真っ先に問われることになる。その点、今回のリメイクは現代の価値観や社会性を慎重に反映していると評価できる。

ヒッチコックが監督したオリジナルは、1940年という時代ゆえに今観ると歯がゆく感じられる部分も多い。受動的なヒロイン像しかり、前夫人=レベッカのサイコパス的な描かれ方しかり。ローレンス・オリヴィエ扮する富豪の身勝手ぶりも相当なものだ。

ポリティカリー・コレクトネスに配慮した結果と言えばそれまでだが、本作の場合はそれが物語上の必然として上手く機能している。ヒロインは主体性を帯びてより魅力的になり、前夫人の存在に固執する家政婦長のキャラクターも説得力を増した。

アカデミー賞作品賞を受賞したオリジナルに挑み、見事に結果を出した稀有な例として評価されて然るべき良作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
オスカーノユクエ

4.0可愛らしさと引き換えに

2022年7月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー

3.5悪くない作品ですよ

The musicさん
2022年3月12日
iPhoneアプリから投稿

オリジナルは見ていません
なかなか、じわじわくる作品で最後まで飽きることなく見れました
主演が美しく上手い女優さんなのでそこもプラス点

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
The music

3.5すさまじい嫁いびり

2021年5月20日
iPhoneアプリから投稿

シンデレラのリリージェームズと、イケメンのアーミーハマー、眼福の二人のスリラー。

冒頭のロマンチックなラブストーリーが一気に雰囲気を変え、陰鬱な嫁いびりの話になる。新しい環境で誰にも歓迎されない辛さ、ここまででなくとも、大なり小なり味わった人もいるのではなかろうか。

後半はちょっと想像しない展開になるのも面白いが、ラストシーンは少し安易で微妙だった。

4寄りの3.5という感じ。本当に悪くは無い。リリージェームズが滅茶苦茶好みだってのもありますが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
やべっち
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る