篠崎誠監督、80年代のダークヒーロー映画の魅力を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月27日 > 篠崎誠監督、80年代のダークヒーロー映画の魅力を語る
メニュー

篠崎誠監督、80年代のダークヒーロー映画の魅力を語る

2018年10月27日 13:00

篠崎誠監督「ロボコップ(1987)」

篠崎誠監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭「ミッドナイト・フィルム・フェス!」部門で、特集上映「金曜洋画劇場 in '80s」が10月26日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、1970~80年代の映画をこよなく愛する篠崎誠監督がトークショーに立った。

ジェームズ・キャメロン監督の出世作「ターミネーター」、ウェス・クレイブン監督のホラー「エルム街の悪夢」、ポール・バーホーベン監督のSFアクション「ロボコップ」という80年代のダークヒーローものをオールナイト上映するという企画。篠崎監督は「80年代を語る上で外せない作品。共通しているのはヒーロー然としていないこと、CGIの技術の過渡期であること」と解説した。

エルム街の悪夢」は見直したそうで、「ある人物が火だるまになるシーンは大変だったらしい。転がり落ちて終わりかと思ったら、また駆け上がる。これはCGIではなく、カメラの前で実際に撮る、ライブの面白さ。『ターミネーター』は当時、低予算だったけども、いろんなことをやっている。アーノルド・シュワルツェネッガーは当時スターではなかった。『ロボコップ』のピーター・ウィアーもそう。『エルム街』のヒロインのヘザー・ランゲンカンプも、ロバート・イングランドもオーディションで決まった。スターが出ていると、この人は死なないと思ってしまうが、スターが出ていないがゆえにストーリーが読めない面白さもある」と話した。

「『エルム街』は脚本がよく書けている。ウェス・クレイブンは金銭的に余裕ができた時、半年かけてシナリオを書いたけども、ハリウッドの会社はまったく買ってくれなかった。やっと手を上げてくれたのが(新興の映画会社)ニューライン。会社に行ったら、古びたビルでがっかりしたそう。クランクインの2週間前に『金がないので、待ってくれ』といわれ、やっと完成したと思ったら、金がないと止められそうになった。ジョニー・デップのデビュー作だが、13歳の娘が『彼しかいない』と言って決まった。ホラーは新人の登竜門で『13日の金曜日』ではケビン・ベーコンもデビューしている」と語った。

ポール・バーホーベン監督は、「エル ELLE」で来日した際に映画美学校に講師として招聘したことも。「本当にいい方だった。最初はあまり時間がないということだったが、全員にサインをしてくれ、僕ももらった。『ロボコップ』はゴミ箱に捨てた脚本を、妻が拾い上げて『やったほうがいい』と言われて、撮ったそう。言うことはない。見てもらえれば、分かる」などと話し、サイン入りのお宝DVD「4番目の男」を披露していた。

(映画.com速報)
エルム街の悪夢[Blu-ray/ブルーレイ] エルム街の悪夢[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥952 夢の中から人々を襲う殺人鬼フレディ・クルーガーの殺戮を描く人気ホラーシリーズの第1作をマイケル・ベイ製作、ジャッキー・アール・ヘイリー主演でリメイク。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報