ニール・ブロムカンプ監督「ロボコップ」リメイク版にピーター・ウェラーがカムバック? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月20日 > ニール・ブロムカンプ監督「ロボコップ」リメイク版にピーター・ウェラーがカムバック?
メニュー

ニール・ブロムカンプ監督「ロボコップ」リメイク版にピーター・ウェラーがカムバック?

2018年8月20日 20:30

ピーター・ウェラー「ロボコップ(1987)」

ピーター・ウェラー
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「第9地区」「チャッピー」のニール・ブロムカンプ監督が準備を進めている、1987年のSF映画「ロボコップ」の続編「ロボコップ・リターンズ(原題)」に、ピーター・ウェラーのカムバックが噂されている。

米Playlistによれば、きっかけはオリジナル版の「ロボコップ」を見直したというファンのツイートで、「やっぱり最高傑作の1つだ。ニール・ブロムカンプの作品も楽しみ。でも、誰がロボコップを演じるべきかな?」という書き込みに対し、ブロムカンプ監督がひとこと「ピーター・ウェラー」と返したのだ。

オリジナル版「ロボコップ」(ポール・バーホーベン監督)は、殉職した警官(ウェラー)がサイボーグ手術によりロボコップとなって復活し、犯罪や腐敗に挑むSFバイオレンスアクション。その後、複数の続編が作られ、2014年にはジョエル・キナマン主演で「ロボコップ」(ジョゼ・パチーリヤ監督)としてリブートされている。

ブロムカンプ監督がウェラーを希望しているのは本心なのか、リスペクトの気持ちを示したのか、今のところ真相は不明。しかし、実現すればオリジナル版のファンの期待は一気に高まりそうだ。

(映画.com速報)
第9地区[Blu-ray/ブルーレイ] 第9地区[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥962 南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、自作短編「Alive in Joburg」を長編として作り直したSFアクションドラマ。
チャッピー[Blu-ray/ブルーレイ] チャッピー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 ニール・ブロムカンプ監督が、南アフリカ・ヨハネスブルグを舞台に設定し、成長する人工知能を搭載したロボットをめぐる物語を描いたオリジナルのSF作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi