【国内映画ランキング】「銀魂2」V、「七つの大罪」は5位、「ペンギン・ハイウェイ」10位スタート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月20日 > 【国内映画ランキング】「銀魂2」V、「七つの大罪」は5位、「ペンギン・ハイウェイ」10位スタート
メニュー

【国内映画ランキング】「銀魂2」V、「七つの大罪」は5位、「ペンギン・ハイウェイ」10位スタート

2018年8月20日 19:00

初登場1位は「銀魂2」「銀魂2 掟は破るためにこそある」

初登場1位は「銀魂2」
(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 8月18日~19日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。お盆休み明けの週末は、3週連続首位だった「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」を押さえ、新作の「銀魂2 掟は破るためにこそある」が初登場首位を獲得した。同作は、空知英秋による人気コミックを小栗旬主演と福田雄一監督のタッグで実写映画化し、2017年の邦画実写でNo.1の大ヒットを記録した「銀魂」の続編。17日より全国470スクリーンで公開され、土日2日間で動員38万5000人、興収5億2800万円を稼ぎ出した。これは昨年7月に公開され、最終興収38.4億円を記録した前作の興収比97.6%。3日間では動員60万人、興収8億円をあげており、前作を超えることができるか注目される。

首位の座を明け渡し2位に後退した「劇場版コード・ブルー」だが、週末2日間で動員30万6000人、興収4億2600万円をあげ、累計動員は538万人、興収は69億円を突破。「インクレディブル・ファミリー」は3位をキープした。4位となった「ミッション:インポッシブル フォールアウト」も公開15日間で興収30億円を突破。19日現在で34億円となり、60億円超えが見込める展開となっている。

新作では他に、「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」が5位に初登場。同作は、「週刊少年マガジン」の人気漫画を完全オリジナルストーリーでアニメ映画化したもの。全国274館で公開され、オープニング2日間で動員16万9000人、興収1億9600万円を記録した。また、人気作家・森見登美彦による日本SF大賞受賞の小説をアニメ映画化した「ペンギン・ハイウェイ」は、17日より全国193館で公開され、10位にランクインしている。

なお、“感染拡大”が続いている絶好調「カメラを止めるな!」が11位から再び8位にランクインした。上映館数も拡大し続け、上田慎一郎監督や出演者も各メディアに続々と露出し、大きな社会現象となっている。累計興収は8億円を突破し、10億円超えも現実味を帯びてきた。この大ヒットを受け、オリジナル・サウンドトラックCDと新たなオリジナルグッズの発売が決定するなど、まだまだ勢いは止まりそうにない。

(映画.com速報)
銀魂[DVD] 銀魂[DVD] 最安価格: ¥3,052 空知英秋原作による大ヒットコミックを、小栗旬主演で実写映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • クワイエット・プレイスの評論 クワイエット・プレイス うららかな静寂の世界、その日常を一瞬にして恐怖に変える理不尽な脅威
  • クレイジー・リッチ!の評論 クレイジー・リッチ! “クレイジー”だけどシリアスな、アイデンティティと国籍を巡る問いかけ
  • 教誨師の評論 教誨師 俳優たちの全身全霊をかけた言葉は反転して、俳優自身の肉声として立ち上がる
映画評論の一覧を見る
Jobnavi