“モフモフ”子ペンギンがかわいすぎる!「皇帝ペンギン」本編映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月20日 > “モフモフ”子ペンギンがかわいすぎる!「皇帝ペンギン」本編映像
メニュー

“モフモフ”子ペンギンがかわいすぎる!「皇帝ペンギン」本編映像

2018年8月20日 18:00

“巣立ち”のときを迎える、かわいい子ペンギン「皇帝ペンギン ただいま」

“巣立ち”のときを迎える、かわいい子ペンギン
(C)BONNE PIOCHE CINEMA - PAPRIKA FILMS - 2016 - Photo : (C) Daisy Gilardini
[拡大画像]

[映画.com ニュース]  第78回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞し、全世界で約2500万人が鑑賞した「皇帝ペンギン」の続編「皇帝ペンギン ただいま」から“かわい過ぎる”子ペンギンたちの本編映像が公開された。

氷点下40度にも達する南極の過酷な環境で暮らす皇帝ペンギンの、まるで人間を思わせる親子の絆を捉えている本作。“南極海初”となる水温マイナス2度、水深100メートルでの人間による連続撮影に挑み、見事に成功したほか、南極海史上最長記録となる6時間の水中撮影が実現し、澄み渡る南極海を飛ぶように泳ぎ回って漁をするペンギンや、氷の下の海に生息する多彩な生きものの姿を捉えた。

公開された本編映像には、まだ子どもの羽毛に覆われた子ペンギンたちが、大人のまねをしながら、腹ばいになって雪原を滑り降りる様子が捉えられている。彼らにとっては、まさに“巣立ち”の瞬間。ときには、勢い余って周りの子ペンギンに体当たりしてしまったり、“手探り”しながら悪戦苦闘する姿は、愛くるしいのひと言だ。また、スイスイと雪原を滑り降りる大人たちの姿に、せん望のまなざしを注ぐ様子も見て取れる。

ペンギン博士として知られ、ペンギンに関する著書や、水族館のペンギン展示監修を数多く手掛ける上田一生氏によると、皇帝ペンギンのヒナが大人に成長できる確率は4~5パーセント、高くても8パーセント。抱卵の失敗や敵からの襲撃などが主な原因だ。また、巣立ち前のヒナは、海で泳いだ経験がなく運動不足なため、親よりも体重が重い。

ある実験では、ヒナの顔の部分を黒く塗ると、親ペンギンたちが見向きもしなかったという研究結果も。ヒナの“かわいさ”が親の父性、母性を刺激し、視覚を通して「守りたい」と思わせる信号を送っていることがわかっている。

皇帝ペンギン ただいま」は、8月25日から全国順次公開。

(映画.com速報)
皇帝ペンギン[Blu-ray/ブルーレイ] 皇帝ペンギン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,160 マイナス40度の南極大陸に棲息する皇帝ペンギンの生態を情感豊かに描く感動ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi