ロボコップ(1987)

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

殉職した警官が全身を機械化したロボコップとして甦り、犯罪組織と戦う姿を描いた大ヒットSFアクション。近未来のデトロイト。多発する犯罪に対処するため、警察の経営権は民間の巨大企業オムニ社にたくされ、オムニ社は人間の警官にかわるサイボーグの開発を進めていた。そんなある日、デトロイトの警察に転任してきたばかりの警察官マーフィは、凶悪犯のクラレンス一味を追ってアジトに乗り込むが、逆に惨殺されてしまう。オムニ社は早速マーフィをロボコップとして復活させ、次々と犯罪者を取り締まっていく。しかし、ふとしたきっかけでマーフィとしての過去を知ったロボコップは、自分を殺したクラレンスへ復讐を誓う。

1987年製作/103分/アメリカ
原題:Robocop
配給:ワーナー・ブラザース映画
劇場公開日:1988年2月11日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0人間+ロボット、?

2024年3月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

結構エグい、射殺シーン、近未来、都市犯罪、民営化された市警察、ロボットサイボーグ開発のため、罠に嵌められ、いきなり殺される主人公、ロシアの民間軍事会社もある、ありそうな現在。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
多様性男女平等自由主義、5名作4良作3いい作品なので他は2以下です。

3.0B級

2024年2月26日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ストップモーションと実写を合わせるのが逆に新しかった。
しょっぱなからグロくてアメリカンを感じた。ストーリーは特に意外性もなく、面白いと思わなかった。ザ・B級といった印象。毒液に突っ込んだ敵のゾンビ化した演出がやたら凝っていて面白かった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ユウ

3.5やりすぎバーホーベン

2024年1月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

とは書いたものの、諸作に比べると比較的やりすぎてな…嘘です、やっぱりやりすぎてます。
絶妙な設定具合の知性にちょっとほんわかする、たぶん。

毒にも薬にもならないものより、ずっと楽しい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
なお

4.5転落する元専務のシーンだけがしょぼく口惜しい

2023年7月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

興奮

過去何度も鑑賞
87年の作品
『猿の惑星』『スターウォーズ』『トータルリコール』『バックトゥザフューチャー』と共に永遠に残したいアメリカのSF映画ベスト5のうちのひとつ(あくまで個人の感想です)

一番最初に『ロ』がつく名画といえばという質問にリンカーンのメンバーは『ロッキー』とか『ローマの休日』と答えたが俺は違う
迷わず『ロボコップ』と即答だ
『ロッキー』なんて落ちぶれたプロボクサーが一念発起してチャンピオンを目指すだけの話だし『ローマの休日』に至ってはとある国の王女がアメリカの新聞記者と一緒にローマ観光するだけの話じゃないか
その点で『ロボコップ』は全く違う
ロボコップに比べたらマーベルヒーローなんてどいつこいつもイモだね
農業祭のマスコット程度の代物だよ
ロボコップがもし公開されなかったら吹越満のロボット演芸は生まれているわけがなく広田レオナとの結婚も娘の誕生もなかったかもしれない

この映画のせいでデトロイトは治安が悪いというイメージがついた
実際に治安が悪いのかもしれないが
それでもせいぜい日本でいうと尼崎程度だろう
ただデトロイトにはロボコップがいるが尼崎はせいぜいちっちゃいおっさん
ちっちゃいおっさんでは治安を守ることなど期待できずその差は大きい

監督は『トータルリコール』『氷の微笑』のポール・バーホーベン
脚本は『スターシップ・トゥルーパーズ』『アナコンダ2』のエドワード・ニューマイヤーと『アナコンダ2』のマイケル・マイナー

舞台は近未来のデトロイト
警察は巨大軍事企業オムニ社の傘下になっていた
人間に代わって食わず眠らず24時間働ける警察官開発を進めていたオムニ社は殉職した警察官の遺体のベースにロボット警察官『ロボコップ』を誕生させた

銃の腕前は超一流で女性を盾にして背後にいる悪党に対し女性のスカートを撃ち抜き野郎の股間に命中するシーンはお見事
性犯罪の常習犯は現行犯なら日本の警察もこのくらいやった方が良い

低予算らしいがそれでも14億円
全体的には特別低予算だと感じないデキだがジョーンズ専務が銃で撃たれビルから地上に転落するシーンだけはいただけない
あのシーンだけ別人の素人が監督をやったとしか思えないチープさ

全体的に残虐シーンが多い
それを思えば残虐超人なんてまるで子供騙し
ブロッケンマンの毒ガス攻撃だってただただ口臭がきついだけと解釈できるし

マーフィーの殉職シーンではまず右手が銃で吹き飛ばされるわけだが原作の『寄生獣』でも似たような場面がある
原作者はこの映画にインスパイアされたのだろうか

ロボコップ自身が自分は犯罪グループに殺された警察官マーフィーだと自覚する経緯が悲しい

『ED209』が階段をうまくおりることができず転げ落ちて起き上がることができないシーン好き

相棒のルイスが背後にまわり標準合わせの手伝いをするシーンがある
標的は赤ちゃんのイラストが描かれたベビーフードの缶
監督曰くロボコップになったマーフィーは子供を作れないという意味があるらしい
子供の頃はわからなかったがこの作品はこれに限らず意外と深い

鉄工場の最終決戦で悪党が廃液タンクに突っ込みドロドロに溶けてしまうシーンは強く記憶に残っていた

近未来のニュースで対長距離ミサイル防衛システムによって宇宙から誤ってレーザーがアメリカの住宅地に発射され元大統領夫妻含む多くの人命を失うという風刺が聞いた秀逸コメディー
これはどう見てもスターウォーズ計画であり元大統領夫妻はドナルド・レーガンとナンシー夫人のことで間違いない
ウーマン村本やぜんじろうにもこのくらいのユーモアがあれば良いのだが

マーフィーは終盤以外マスクをつけ口から顎にかけて剥き出しになっている
なぜ人体の部分を残しているのか疑問だが
デザイン的には好き
口元がセクシー
キスしたくなる

ラストシーンで社長に名前を聞かれ「マーフィー」と答えたときのにっこりとした表情が良い

ちなみに警察の更衣室は男女共用
冒頭オッパイ出してる警察官がいた
こんな場面あったっけ
すっかり忘れていた
自分はどちらかというとスケベだと思うがこの程度ではたいしたことないな

コメントする (0件)
共感した! 2件)
野川新栄
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ロボコップ」シリーズ関連作品