劇場公開日 1988年2月11日

ロボコップ(1987)のレビュー・感想・評価

3.636
18%
54%
25%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全36件中、1~20件目を表示

3.0このロボ、人間味が凄まじいぞ!?

2021年10月1日
PCから投稿

アマプラからいなくなるということで鑑賞。
面白かったです。80年代のアクション映画はこの手作り感がまたいいですよね。大型ロボットがストップモーションだったり。ストップモーションは小さいころから大好きです。
それとテーマ音楽も好き。かっこいいですね。近未来感があって。
ストーリー全体は今見るとよく見るタイプに感じられ新鮮味はありませんでしたが、それを前述したとおり最高の音楽や所々に挟まれるかっこいいワンシーンで補っている様子でしたね。特にラストシーンは音楽もロボコップも周りにいる人もかっこよく鳥肌が立ちました。
公開当時に見てみたかった映画です。面白いので見ていない方は是非ご覧ください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤だるま

2.0物語は前半で失速・中二病的な作風

あまたさん
2021年9月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あまた

4.0名作です

tunaさん
2021年9月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

着想、ストーリー、展開、映像どれも傑出してました。
治安最悪のデトロイト。時代を映し出していました。
名作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
tuna

5.0クルーズ・コントロール!

kossyさん
2021年9月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

 シリーズでは唯一劇場にて鑑賞。観てからしばらくして購入した愛車アルシオーネにクルーズ・コントロールが付いていて感動した(笑)。しかし、テロリストとなった元市会議員や悪党の一味がクルーズ・コントロールにこだわるのか、今でも謎のままだ。

 ロボットなのか、人間なのか、葛藤するサイボーグのマーフィ。自分が殺され復讐するという単純な構図にならずに、わずかに残された人間の時の記憶を取り戻す描写が面白い。警察が企業の傘下に入り、その企業が軍事産業でも躍進するという風刺を取り入れ、社会派映画とも受け取れるし、残酷なシーンを何箇所も使いホラー映画のような作風も面白い。

 ロバート・モートン役のミゲル・ファーラーの爆破シーンも見物だ。助演男優賞をあげたいくらいだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

3.5ロボっぽい動きがナイス!

あつしさん
2021年7月11日
Androidアプリから投稿

古い映画をアマゾンプライムで観るのが最近のマイブームで、本作を観てみた。
予想以上にグロテスクで暴力的な表現が多くて驚いた。最近の映画はこの辺を配慮していて安心して観れているのだと実感した。
ストーリーなどは特に感動するものではないが、ロボコップの動きが絶妙だった。ロボ過ぎず、人過ぎない丁度良い動きだった。
全体を通しては兵器開発への批判?をポップに描いた様な映画なのかなと思えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あつし

4.0Nukem

Kjさん
2021年4月29日
iPhoneアプリから投稿

時折入ってくるニュースやコマーシャルの悪ふざけ、見た目からしてただの殺戮マシーンED209、やらかした事態の酷いこと。ただ人の愚かさばかりが積み重ねられる。吹き飛ぶ肢体や廃液で溶ける皮膚、首にグサっ、高層ビルからアーッと、今となっては他作品で既視感のシーン、どちらが先かなどと思ってしまうが、こちらもてんこ盛り。オチは案外オーソドックス。後味は社会風刺というより監督の趣味を見せられたような気になる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Kj

4.0【ポール・ヴァーホーヴェン御大は、30年前から”独自のワールド:バイオレンス&エロス”を確立していた。ヒーロー映画ではあるが、矢鱈に残虐な描写が心の片隅に残っている作品。】

NOBUさん
2021年2月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

悲しい

興奮

幸せ

■この映画は、映画館で観た微かな記憶があるのだが、年齢的に誰かに連れて行ってもらったのであろうか・・。
 観終わった後に”爽快感”と共に、子供ながらに”背徳感”の様なものを感じた映画であった。当然、当時は今作の監督が、ポール・ヴァーホーヴェン御大である事は、知る由もなかった。

◆粗筋は、人口に膾炙しているので、割愛するがナカナカに良くできた脚本であると思う。
 又、ロボコップ=殺害されたマーフィや、悪役のオムニ社専務のジョーンズ、そしてマーフィの相棒の女性警察官アン・ルイス(当然、一瞬で覚えた名前である。)のキャラも良い。

◆感想
 ・序盤から、オムニ社製のロボット警官が誤作動により、社員を滅多撃ちにするシーンから、バイオレンスシーンが続く。

 ・オムニ社内の権力闘争も分かりやすくも、マアマア残虐に描かれているし、
 ”えーっと、ロボットヒーロー映画だよなあ・・”と思いながら鑑賞したなあ・・。

 ・久方ぶりに鑑賞したが、結構細部まで覚えていて、”〇学生には、ヤッパリ強烈だったのだろうなあ・・”と改めて思った。

<ポール・ヴァーホーヴェン御大は御存じの通り、今作後「トータル・リコール」、シャロン・ストーンが足を組み替えるシーンでおなじみの「氷の微笑」の大ヒットを経て、
 ちょっと、どうなの?の数作「ショーガール」「スターシップ・トゥルーパーズ」「インビジブル」「ブラックブック」(観てはいないが、レビューを読むと、各作品とも、エロ、グロっぽくって・・。)

 そして、イザべル・ユペール姉御が、かなりオカシナヒロインを演じた「エル ELLE」で、久方振りにポール・ヴァーホーヴェン御大のエロティック・カオスワールドに嵌ったのである。
 数十年、映画を観てくると、イロイロと面白いモノである。>

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
NOBU

2.5割と良かった。

2021年1月1日
PCから投稿

時代のせいかロボコップの見た目がダサく見えるが話は割と好みだった。でもラスト、殺しちゃダメだったのに殺してて違和感を覚える

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ヴぇヴぇヴぇ

4.0これが傑作なのが映画の醍醐味。

2020年12月21日
iPhoneアプリから投稿

バーホーベンに飢えると本作を見て満たされる。
人が演ってる感丸出しのロボ、
何処かチープな特撮、
液晶IT化前のメカにネジと歯車、
ただ馬鹿でふざける低級の悪、
米製坂口良子なナンシー•アレン のB級臭。
これが傑作なのが映画の醍醐味。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
きねまっきい

4.0残虐な描写が当時話題になりました!

助さんさん
2020年12月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

公開してから地上波で見たときは衝撃だったな!主人公マーフィーがギャングに滅多打ちされるシーンは…腕も吹っ飛ばされて銃弾を浴びながら警官を撃ち殺すギャングは相当な衝撃シーンです!
そして、後半そのギャングへ結果的に復讐する形になりますが、溶解液に使って全身のふぃふがただれてしまう感じなど吹き替えの声優陣も名演技でいいと思う。
なんだかんだ、シリーズ化されるあたりヒット作だと思う('◇')ゞ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
助さん

3.0冒頭で、いきなりロボコップになる前の警官が滅多打ちに撃たれ、腕が取...

ケイさん
2020年9月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

冒頭で、いきなりロボコップになる前の警官が滅多打ちに撃たれ、腕が取れたシーンはショッキングだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ケイ

5.0これが映画!

buckarooさん
2020年8月7日
Androidアプリから投稿

生涯ベスト1。
全てが詰まってる。

私の人生に多大な影響を与えてくれた映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
buckaroo

5.0映画「ターミネーター(1984年)」と並ぶ最高のロボット映画

不死鳥さん
2019年11月25日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
不死鳥

4.0ヒーローものだが

2019年4月29日
iPhoneアプリから投稿

その成り立ちは当時衝撃作だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マルボロマン

5.0マーフィ巡査の”マジメにやれ”に痺れます、何十年経っても

よねさん
2019年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

4K版のディレクターズカットでの鑑賞。実際には2Kでの上映でしたがスクリーンでの初鑑賞だったので不問にします。

凶悪犯罪の巣と化した近未来のデトロイト。南署から転属になったマーフィ巡査は男勝りのアン・ルイス巡査とパトロール中にクラレンス率いる強盗グループに遭遇、廃工場に追い詰めたものの反撃に遭い惨殺されてしまう。民営化された市警を運営するオムニ社は実戦配備前に暴走した警察ロボットED-209の代わりにマーフィをサイボーグ化しロボコップとして蘇生させる。着任早々から活躍するロボコップはマーフィとしての記憶は消去されたはずだったがクラレンス達に襲われた時の記憶が悪夢として蘇り・・・というストーリーは全人類がご承知の通り。

いかにもヴァーホーヴェン監督作品だなと思うのは市警のロッカールームが男女兼用であること。これは『スターシップ・トゥルーパーズ』と同じ設定、未来の話なんだから男女平等なんて常識でしょ?ということでしょうがこれを32年前にやるかね?という話。初パトロールでアンを制してマーフィがハンドルを握る時のアンの超イヤそうな顔とか、そんな些細な描写も当時も今も斬新。マーフィ殺害の血も涙もないエゲツなさは今でも鳥肌立つし、コブラ銃を街中で乱射してはしゃぐクラレンス一味のキテレツぶりもヤバい。そして廃工場でのクライマックスで疾走するバンのホイールが外れてカメラの真上をヒュンと飛び越えていくシーンは判っているのに首をすくめてしまう。何十年経とうがビタ一文色褪せない乾いたバイオレンスとギャグには開いた口が塞がらないです。

私の座右の銘はマーフィの名台詞「マジメにやれ」なわけですが、この映画を観るたびに己のぶったるんだ根性にヤキを入れられます。この映画の前ではいつまで経っても舎弟だなと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
よね

5.0忘れちまってた傑作!

2019年3月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

己れの記憶力の程度を再確認してしまった。えっ、そうだったっけ?の連続。

先駆者へのリスペクトを込めて星たくさんにしました。この頃まではストップモーションアニメだったんだ。も少しスムーズに動いていた印象だったけど。ジョーンズもデカプリ落ちしてるし。

味方にハシゴを外される悲哀。生前の記憶を追いかけ「流れない涙」にくれるサイボーグ。カベドン!ただしtoo much power だけど。

全く古さを感じないんだけど、これは自分の記憶力の無さに感謝すべき?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
bloodtrail

3.0インパクトのあるダメージ表現!

かつさん
2019年2月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

 残酷な流血描写も包み隠さず描いてなかなか新鮮だった。今だと確実に年齢制限がつきそう。
 かなり前の作品だけど、ロボットの駆動の描写がしっかりしていてよかった。
 ストーリーはこういった系の設定の王道的な感じで先が読めてしまい、少し単調に感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
かつ

4.0リメイク版を鑑賞したのでレビュー登録。 やっぱり本作こっちが勝って...

miharyiさん
2018年11月23日
PCから投稿

リメイク版を鑑賞したのでレビュー登録。
やっぱり本作こっちが勝ってるな。
2014.6.8

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
miharyi

3.5当時

REpowerさん
2018年7月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

あれほどリアルに感じたロボットが、合成感バリバリに感じ、改めて技術の進歩はすごいなあと。

たが、映像はともかく面白さは今の映画と比べても負けてないと思う。

結構グロいシーンがあるのにも驚いた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
REpower

4.0クセになる

AKAさん
2018年4月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

肉片飛び散ったり血が無駄に出たり、殺し方がとことんすぎて笑えたけど、マーフィのまだ人間の気持ちがある様子が切なくかっこよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
AKA
「ロボコップ(1987)」の作品トップへ