藤原竜也&羽住英一郎監督が“映像化不可能”に挑む!「太陽は動かない」映画&ドラマ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月31日 > 藤原竜也&羽住英一郎監督が“映像化不可能”に挑む!「太陽は動かない」映画&ドラマ化
メニュー

藤原竜也&羽住英一郎監督が“映像化不可能”に挑む!「太陽は動かない」映画&ドラマ化

2018年7月31日 05:00

吉田修一氏の人気小説を映像化「太陽は動かない」

吉田修一氏の人気小説を映像化
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「怒り」「悪人」などで知られる吉田修一氏のスパイアクション小説「太陽は動かない」が、藤原竜也主演、羽住英一郎監督のメガホンで映画&連続ドラマ化されることがわかった。日本映画界の総力を結集するほか、海外での大規模ロケを敢行し、“映像化不可能”と謳われた同作に挑む。

世界を股にかけながら国政や企業の裏で暗躍する、産業スパイ組織「AN通信」の諜報員・鷹野一彦(藤原)と相棒・田岡亮一は、太陽光エネルギー開発に関する情報争奪戦の中にいた。世界各国が奪い合うその革新的技術には、日本政財界を揺るがす巨大な陰謀が隠されており、鷹野は商売敵の韓国人スパイ、デビッド・キムや謎の女AYAKO、そして各国の権力者らと対峙していく。

原作は、吉田氏による通称“鷹野一彦シリーズ”3部作「太陽は動かない」「森は知っている」「ウォーターゲーム」。映画では「太陽は動かない」「森は知っている」の2編、ドラマでは吉田氏が監修したオリジナルストーリーを描き出す。

そして「22年目の告白 私が殺人犯です」などを大ヒットに導いた藤原が主演。「過去に類を見ない巨大なスケールのエンタテインメント作品になると思いますので、今から身の引き締まる思いです。あの壮大な世界観をしっかりと再現出来るように、スタッフ・キャスト力を合わせて、懸命に取り組みたいと思います」と心境を明かし、初となるスパイ役に対し「激しいアクションシーンを要する“スパイ”の役どころになりますので、来年の撮影に向け体の状態を万全に整えて、心して臨みたいと思います。映画・ドラマともに、皆様の心を揺さぶる作品になるように、頑張ります!」と気合い十分だ。

さらに「OVER DRIVE」「劇場版 MOZU」「海猿」などの羽住監督は、初タッグとなる藤原について「大胆さと繊細さを兼ね備え、男から見ても色気を感じる藤原竜也さんが創り出す鷹野一彦という男に会うのが今から楽しみで、その表情、肉体、ほとばしる汗までも逃すことなくスクリーンに焼き付けたいと思っています!」と語る。一方の藤原も「伊藤(英明)君の『海猿』は、自分にとっても衝撃的な作品でした。『MOZU』もそうでしたが、スケールの大きなアクション作品を、繊細にカッコ良く撮られる監督という印象があります」と述べ、「今作では自分が出る側として、もちろんプレッシャーもありますが、監督の思い描く鷹野を、しっかり表現できるように努めたいと思います」と意気込んだ。

また藤原は、吉田氏の作品は映画「パレード」(2010)以来、2度目の出演となる。吉田氏は「世界観、ヒューマニティ、ストーリー、そのどれをとっても、これまでの自著にはないスケールの大きな小説になりました」としたうえで、「この超絶スパイエンタテインメント作品が、羽住英一郎監督、藤原竜也さん主演で映像化されると聞き、原作者として身震いするほど期待しておりますし、一映画ファンとしても、超一流スタッフによるジャパニーズ・スパイ・アクション映画の誕生が今から楽しみでなりません」と興奮気味に話している。

なお脚本は、「藁の楯 わらのたて」「永遠の0」「空飛ぶタイヤ」などの林民夫が執筆。「太陽は動かない」は、映画版が2020年に公開され、ドラマ版が同年にWOWOWで放送される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi