永遠の0

劇場公開日

永遠の0
42%
39%
14%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

百田尚樹の同名ベストセラー小説を、「V6」の岡田准一主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズを手がけてきた山崎貴監督のメガホンで映画化。司法試験に落ち続け、人生の目標を失いかけた青年・佐伯健太郎と、フリーライターの姉・慶子は、実の祖父だと思っていた賢一郎とは血のつながりがなく、本当の祖父は太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵という人物であることを知る。久蔵について調べ始めた2人は、祖父が凄腕のパイロットであり、生きることに強く執着した人物であったことを知る。そんな祖父がなぜ特攻に志願したのか。元戦友たちの証言から祖父の実像が明らかになっていき、やがて戦後60年にわたり封印されてきた驚きの事実にたどり着く。健太郎を三浦春馬、久蔵の妻・松乃を井上真央が演じた。興行収入は87億6000万円の大ヒットとなり、第38回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞ほか8部門を受賞した。

2013年製作/144分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
百田尚樹
脚本
山崎貴
林民夫
製作
市川南
畠中達郎
共同製作
原田知明
石川豊
加太孝明
島村達雄
阿部秀司
藤島ジュリーK.
岡聡
入江祥雄
戸塚源久
町田智子
長谷部剛
高橋誠
冨木田道臣
吉川英作
宮本直人
佐々木崇夫
山下利一郎
エグゼクティブプロデューサー
上田太地
遠藤日登思
阿部秀司
安藤親広
プロデューサー
遠藤学
筒井竜平
守屋圭一郎
撮影
柴崎幸三
照明
上田なりゆき
美術
上條安里
録音
藤本賢一
装飾
龍田哲児
編集
宮島竜治
VFX
山崎貴
VFXディレクター
渋谷紀世子
音響効果
岡瀬晶彦
音楽
佐藤直紀
主題歌
サザンオールスターズ
プレビズアドバイザー
栃林秀
戦時考証
神立尚紀
軍事指導
東裕一
零戦製作監修
大澤克俊
キャスティング
緒方慶子
スクリプター
甲斐哲子
助監督
山本透
制作担当
阿部豪
ラインプロデューサー
山下秀治
プロダクション統括
山内章弘
佐藤毅
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第38回 日本アカデミー賞(2015年)

受賞

優秀作品賞  
優秀監督賞 山崎貴
優秀主演男優賞 岡田准一

ノミネート

優秀脚本賞 山崎貴 林民夫
優秀助演男優賞 三浦春馬
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2013「永遠の0」製作委員会

映画レビュー

3.5夏八木勲さんに捧ぐ。

2019年10月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

興奮

原材読んでから、観た人間としては…確かに良かったんだけど、あのエピソードは無いの?って、何回もありました。

なので、個人的には、向井理のドラマ版のが、長いけど原作に忠実で好きです。

作品の中身より、エンドロールで、夏八木勲さんの遺作だったんだと…そっちで泣いちゃいました。頭の中に「白昼の死角」や「戦国自衛隊」や…数々のドラマで観た、鷲鼻の怖い顔が走馬灯…楽しませて頂き感謝…ご冥福をお祈り致します。

ちなみに本作の映画版、テレビ版、両方に出演されてた俳優サン2人います。「半沢直樹」の須田邦裕サンと「クローズZEROⅡ」の阿部亮平サンです。

2014年1月1日/TOHOシネマズ梅田にて鑑賞。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
地蔵菩薩🙏

4.5百田尚樹の同名ベストセラー小説を、岡田准一主演、山崎貴監督のメガホ...

2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

百田尚樹の同名ベストセラー小説を、岡田准一主演、山崎貴監督のメガホンで映画化。特攻を美化する訳ではないが、実際にその行動で亡くなられた方々を思うと、、いい作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

4.0山﨑貴初体験

2019年9月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

邦画で戦争もの、おまけに「脚本:林民夫」と負荷多めの中、
原作読んでいたのでどうしても見たくなった。
やはりというか当然というか、原作以上の感動は無かったが、
作りとしては良かった。山崎貴監督作は見たこと無いが、
脚本も手入れしてるから思い通りにいったのではないだろうか。
割と原作に忠実なスムーズなテリング。
懸念してた某林氏の影は気にならなかった。

ただ長いね。エンドロール始まってすぐにトイレダッシュ!
同じ映像二度回しとか、ラスト前の回想とか要らないだろ。
絶対30分は短縮できるはず!
他では、宮部(岡田)が特攻に行く動機付けが弱いかな。
健太郎(三浦)が宮部を調べたくなる心境の変化も分かりづらい。
原作読んでたら分かるけど、この中だけの話だと「何で?」と思わないか?

あとは、いつも戦争もので一番懸念してる戦闘シーン。
他の戦争映画では訳分からなくなるまでダラダラと流して間延びするが、
今回は端的に映していて退屈せずに済んだ。
今までの戦争映画の中では一番良くできてると思う。

この映画の卑怯なところは、 夏八木勲が出ていること。
もうこの人出てくるだけで涙涙。
しかもかなり語るんですよ。止めてよ、泣かせるの。
田中泯も良かった。彼が宮部を語るシーンが一番洪水だった。
「オレは若いヤツが好きでな…」名シーン。
橋爪功がちょっと元気すぎな気もしたが、
戦争体験者の役はどの人も良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
クリストフ

0.5酷い展開

2019年8月15日
PCから投稿

原作が意味ないから演じる者が可哀想だ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ
すべての映画レビューを見る(全557件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「永遠の0」以外にこんな作品をCheck-inしています。