クルーニー×コーエン兄弟「サバービコン」の裏テーマとは?ピーター・バラカンが解説 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月2日 > クルーニー×コーエン兄弟「サバービコン」の裏テーマとは?ピーター・バラカンが解説
メニュー

クルーニー×コーエン兄弟「サバービコン」の裏テーマとは?ピーター・バラカンが解説

2018年5月2日 10:00

50年代の米国について解説「ワンダー 君は太陽」

50年代の米国について解説
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカー俳優ジョージ・クルーニーが監督を務め、「ノーカントリー」のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が脚本を手がけた「サバービコン 仮面を被った街」のトークイベントが、5月1日に都内で開催。ブロードキャスターのピーター・バラカンが登壇し、映画の舞台となる50年代の米国社会について解説した。

オデッセイ」のマット・デイモン、「キングスマン ゴールデン・サークル」のオスカー女優ジュリアン・ムーア、「エクス・マキナ」のオスカー・アイザック、「ワンダー 君は太陽」(6月15日公開)のノア・ジュプら、旬のスターが集結したサスペンスタッチのドラマ。1950年代の郊外住宅で実際に起きた人種差別暴動をモチーフに、一見平和な町・サバービコンで巻き起こる奇妙な事件を描く。

コーエン兄弟のファンというバラカンは、「コーエン兄弟はひねくれたコメディを作ってきましたが、今回はあまりにブラックで笑えない。深刻なんです」と一見からりとした雰囲気の本作に隠されたほの暗さ・えぐみについて指摘。「移民に対する排他的な考えなど、トランプ時代のアメリカをすごく思わせる。ジョージ・クルーニーは、そのあたりについて考えてほしいと思ったのでは。トランプが輝かしいと思い込んでるのは、実はこういうことだったという話」と本作に込められた風刺性・問題提起について語り、「アメリカは社会的に進んでいる部分がありますが、保守的だなと思うことも多い。どこの国でも田舎に行けば行くほど保守的になるものですが、アメリカも例にもれず、今さらに拍車がかかっている気がします」と評した。

さらに、「元々、コーエン兄弟が書いていた脚本があって、オスカー・アイザックの役をジョージ・クルーニーがオファーされていたそう。その映画は実現しなかったけれど、ジョージ・クルーニーが次回監督作について考えていたときに、その脚本と(本作のベースとなった)レビットタウンの事件を組み合わせることを思いついたそう」と本作の誕生秘話を紹介し、「誰でも発想できることではない」と2つの物語を掛け合わせたクルーニーの慧眼をたたえた。

サバービコン 仮面を被った街」は、5月4日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi