ジョージ・クルーニー監督作「サバービコン」、異様な雰囲気漂うポスター&特報公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月30日 > ジョージ・クルーニー監督作「サバービコン」、異様な雰囲気漂うポスター&特報公開
メニュー

ジョージ・クルーニー監督作「サバービコン」、異様な雰囲気漂うポスター&特報公開

2018年3月30日 12:00

何かがおかしい……「サバービコン 仮面を被った街」

何かがおかしい……
(C) 2017 SUBURBICON BLACK, LLC.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フィルムメーカーとしても高く評価されるオスカー俳優ジョージ・クルーニーが監督、「ノーカントリー」のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が脚本を手がけた「サバービコン 仮面を被った街」の特報とポスタービジュアルが、公開された。

オーシャンズ11」シリーズなど、クルーニーと親交の深いマット・デイモン、「キングスマン ゴールデン・サークル」の怪演が記憶に新しいジュリアン・ムーア、「エクス・マキナ」や「スター・ウォーズ」シリーズのオスカー・アイザックら、人気実力派が集結したサスペンスタッチのドラマ。1950年代の郊外住宅で実際に起きた人種差別暴動をモチーフに、アメリカンドリームを絵に描いたような町・サバービコンで巻き起こる奇妙な事件を描く。

特報は、50年代テイストあふれる「サバービコンへようこそ」という映像から始まる。だが、「少年は知っていた。幸せに見えるこの町の裏の顔を」というナレーションが流れると、雰囲気は一変。何者かが薬品を染み渡らせた布を男に無理やり押し当てる姿、デイモン扮するわけありの主人公が顔面をなぐられるさま、唐突な爆発シーン、血だらけで驚がくの表情を浮かべる主人公など物騒なシーンが続き、予想も付かせぬ展開を迎える。

さらに、ポスターでは主人公と妻(ムーア)が平和にたたずむ姿をとらえたように見えながら、主人公のワイシャツには血がにじみ、妻の持つコップは欠けており、よく見ると異様な空気感が充満したデザインになっている。後方に映る息子のニッキーも意味深な表情を浮かべており、サバービコンが抱える“秘密”とは何なのか、興味をかき立てる内容だ。

サバービコン 仮面を被った街」は、5月4日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi