ワンダー 君は太陽
ホーム > 作品情報 > 映画「ワンダー 君は太陽」
メニュー

ワンダー 君は太陽

劇場公開日

解説

全世界で800万部以上を売り上げたR・J・パラシオのベストセラー小説「ワンダー」を、「ウォールフラワー」のスティーブン・チョボウスキー監督・脚本で映画化したヒューマンドラマ。ごく普通の10歳の少年オギーは、生まれつきの障がいにより、人とは違う顔をもっていた。幼い頃からずっと母イザベルと自宅学習をしてきた彼は、小学5年生になって初めて学校へ通うことに。はじめのうちは同級生たちからじろじろ眺められたり避けられたりするオギーだったが、オギーの行動によって同級生たちは少しずつ変わっていく。「ルーム」で世界中から注目を集めた子役ジェイコブ・トレンブレイがオギー役を務め、「エリン・ブロコビッチ」のジュリア・ロバーツが母イザベル役、「ミッドナイト・イン・パリ」のオーウェン・ウィルソンが父ネート役をそれぞれ演じる。

作品データ

原題 Wonder
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 キノフィルムズ
上映時間 113分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第90回 アカデミー賞(2018年)

ノミネート
メイクアップ&ヘアスタイリング賞  

特集

いま一番“すすめたい”映画【「美女と野獣」製作陣が興収320億円の世界ヒット!】映画ライターは感涙し、映画ファンは共感し、映画.comはハッピーに!「僕は10歳、“普通の子”じゃない」……
全米有力批評サイトで高評価&全世界320億円超の大ヒットを記録したヒューマンドラマ

映画ライターは涙し、映画ファンは共感、そして映画.comは幸せな気持ちに包まれた──いま、最もすすめたくなる全世界ヒットのヒューマン・ドラマが、6月15日から全国公開される。それは、「ワンダー 君は太陽」。「ルーム」の天才子役ジェイコ...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

「人と違う」顔の少年が広げる、やさしさの波紋
ワンダー 君は太陽の映画評論・批評

この映画の紹介文や予告編を見たことがあるなら、“泣ける”作品であることは容易に想像がつくだろう。しかし、この映画はおそらく、予想より遥かに先を行く感情的な繊細さと深さを持っていて、とてつもなくやさしい。涙を留める努力は徒労に終わるだろ...ワンダー 君は太陽の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.2 4.2 (全253件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ワンダー 君は太陽」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi