ノーカントリー
ホーム > 作品情報 > 映画「ノーカントリー」
メニュー

ノーカントリー

劇場公開日

解説

第80回アカデミー賞において、作品、監督、脚色、助演男優の4部門で受賞した犯罪ドラマ。1980年の米テキサスを舞台に、麻薬密売人の銃撃戦があった場所に残されていた大金を盗んだベトナム帰還兵(ブローリン)と殺し屋(バルデム)の追跡劇、そして2人を追う老保安官(ジョーンズ)の複雑な心情が描かれる。原作はピュリッツァー賞作家コーマック・マッカーシーの「血と暴力の国」(扶桑社刊)。監督・脚色は「ファーゴ」(96)、「ビッグ・リボウスキ」(98)のジョエル&イーサン・コーエン。

作品データ

原題 No Country for Old Men
製作年 2007年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント、ショウゲート
上映時間 122分
オフィシャルサイト  

インタビュー

ジョエル&イーサン・コーエン監督、メインキャスト インタビュー
インタビュー

ピュリッツァー賞作家コーマック・マッカーシー原作の「血と暴力の国」(扶桑社刊)を「ファーゴ」「ビッグ・リボウスキ」のコーエン兄弟が映画化した犯罪ドラマ「ノーカントリー」。先の第80回アカデミー賞で、作品賞を含む4部門で受賞した本作のジ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

眼を凝らせ、耳をそばだてよ。コーエン兄弟の神技が観客に迫る
ノーカントリーの映画評論・批評

荒野に虚無や寂寥を見る映画は、掃いて捨てるほどある。荒野に抒情を求めた映画も数多い。が、荒野と錬金術を結合させようとした映画が、かつてあったろうか。「ノーカントリー」のコーエン兄弟は、そんな難関に挑んでいる。舞台は1980年の西テキサ...ノーカントリーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全89件)
  • 雰囲気を楽しみつつ お金を持って逃げた人と殺し屋と二人を追う保安官がどうなるのかを 誰にも感情移入しないで観ると楽しめます というか、感情移入したくても無理ですけど ...続きを読む

    スノークの息子 スノークの息子さん  2018年10月12日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 静かなるサイコ 「ファーゴ」に似て、 無駄なBGMなどは無く、 淡々とストーリーが進み、 淡々と人が殺され、死ぬ。 決して派手ではないが、 静かに忍び寄るシガーの 怖さ、冷徹、サイコ具合は 常軌を逸している。 ... ...続きを読む

    ぼるとぼーい ぼるとぼーいさん  2018年5月20日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • おかっぱ殺し屋、怖い おかっぱ殺し屋、怖い ...続きを読む

    桜 さん  2018年2月17日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ノーカントリー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi