ノーカントリー

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ノーカントリー
ノーカントリー
24%
53%
18%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第80回アカデミー賞において、作品、監督、脚色、助演男優の4部門で受賞した犯罪ドラマ。1980年の米テキサスを舞台に、麻薬密売人の銃撃戦があった場所に残されていた大金を盗んだベトナム帰還兵(ブローリン)と殺し屋(バルデム)の追跡劇、そして2人を追う老保安官(ジョーンズ)の複雑な心情が描かれる。原作はピュリッツァー賞作家コーマック・マッカーシーの「血と暴力の国」(扶桑社刊)。監督・脚色は「ファーゴ」(96)、「ビッグ・リボウスキ」(98)のジョエル&イーサン・コーエン。

2007年製作/122分/アメリカ
原題:No Country for Old Men
配給:パラマウント、ショウゲート

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第32回 日本アカデミー賞(2009年)

ノミネート

外国作品賞  

第65回 ゴールデングローブ賞(2008年)

受賞

最優秀助演男優賞 ハビエル・バルデム
最優秀脚本賞 イーサン・コーエン ジョエル・コーエン

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 イーサン・コーエン ジョエル・コーエン
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ビッグ・バグズ・パニック
  • タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
  • デッド・シャック 僕たちゾンビ・バスターズ!
  • パニック・マーケット
  • ハードコア
  • ブレア・ウィッチ
  • パラノーマル・アクティビティ
  • ナチス・オブ・ザ・デッド
  • ダイアリー・オブ・ザ・デッド
  • サバイバル・オブ・ザ・デッド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0Tone-Perfect Thriller

2020年5月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

怖い

興奮

This classic, meditative, thriller has an uneven pace and is unpredictable. There is no soundtrack, the menacing villain and bouts of silence serve as tension in this anti-caper masterpiece. Bardem plays one of the most mysterious and legendary bad guys in movie history. His origin is unknown. The film is a good vs evil detector, but it is not preachy. Coen brothers' best film since Blood Simple.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

3.5オカッパ悪党vsウエスタン悪党

2021年5月4日
iPhoneアプリから投稿

殺し屋悪党vsヤクの金持ち逃げ悪党の話。

めちゃくちゃ無骨で、淡々とした作り。
悪党同士で鬼ごっこする展開で、特にオカッパの殺し屋が髪型以上に不気味で、慈悲もなくがんがん人を殺していくのが怖い。

途中までどうなるのかハラハラ観ていたのだが、ラストは想像と違う展開になり、なんだか消化不良。

一応保安官もでてくるが、半ば空気的な役柄で、タイトルにある通り、悪党vs小悪党というところが本編の見どころ。

まあ、ノリ、流れが一辺倒なので、ラストまで観はしましたが、途中で飽きました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
やべっち

4.0こんな殺伐とした国なんて・・・やっぱり地球人は理解できない。

kossyさん
2021年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 「私は宇宙人ジョーンズ。シェリフをしながらこの惑星を調査している」と、最近のトミー・リー・ジョーンズでは見せなかった宇宙人らしさが出ていた。もっとも、宇宙人とバレちゃいけないのでこんなセリフはないのですが、危険に晒されているモス(ジョシュ・ブローリン)の妻カーラ(ケリー・マクドナルド)に対してわけのわからない牛話をするなんてのは宇宙人そのものだ。

 最近、今更集めてもコンプリートできるわけじゃないのに、ミニカーがオマケについてる缶コーヒーのB○SSを飲むようになったのですが、甘くて死にそうです。まぁ、1週間前に淹れたコーヒーよりはマシですが・・・などと考えているうちに、コーヒーやミルクを飲むシーンはあっても酒を飲むシーンがなかったので、本当はノーカントリーじゃなくてノーサントリーにしたかったのじゃないか?と疑念がよぎってしまう。終盤は「肩に弾が当たった」という台詞が象徴するように肩透かしを喰らったように感じる方も多いと想像できるし、慌ててカンヌに間に合わせたかったんじゃないかと思わせるほどの展開。でも、ノーエントリーのままじゃいけないし・・・

 老人には住みにくい国だという原題の意味。時代はいつの頃なのか?と映画に集中していると、「1958年製造のコインが22年旅をして・・・」と算数の計算をさせられる。老人には暗算は厳しいんじゃよ!!と、嘆きつつも、酸素ボンベを持ったハビエル・バルデムの冷酷な殺し屋ぶりに神経がピリピリさせられる。家に押し入る時には容赦ナシ!シリンダーごと圧縮空気でぶっ飛ばすのだ。「何しりんだー?!」などと叫ぶ暇もなく被害者はどんどん増えてゆく・・・

 恐怖と緊張感の連続がありながらも、コーエン作品らしく意味のない台詞にクスリと笑わせられる。また、妙なこだわり・・・新しい白のソックスが好きなモスや靴下を叩きつけるように脱ぐシガー。パイプが多いテントを買って武器にするんじゃないかと思わせて、鞄を引っ張るためだけだったり。人の服を買うところは対になっていたけど、とにかく登場人物の行動が興味深いのです。そして、洒落た音楽は一切排除して、効果音にも異常なこだわりがあったように思える(たとえば、冷蔵庫を開けて、ジーっと電気音がするとか)。

 とにかく殺しがいっぱい。シガーは精神異常というよりも、人の命の重さだけがわかっていないのでしょう。それは自分に対してもそうであり、受けた傷が大きくても、ターミネーターのように自分で治療してしまうくらいなのです。一方、偶然200万ドルという大金を手にしたモスには、水を飲ませてやるという仏心によって不幸が始まった。米国が戦争の道を突き進んだために凶悪犯が増えた必然に比して、ちょっとした善の心によって凄惨な殺し合いに巻き込まれるという、なんとも皮肉な描き方!小市民な者としてはモスの気持ちが十分に伝わってきましたけど・・・やっぱり終盤が・・・

【2008年5月映画館にて】

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy

3.0命の無駄遣い

2021年3月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

命の無駄遣い、それは
ギャングも戦争も一緒か?
サイコパスが次々と非情に人を殺していく様は
悪魔の所業としか…
なにせ気持ち悪くて怖かった
BOSSのおじさんがいたからまだ画面、時々救われたけど
気の休まらない娯楽映画どしたわ、、、

平和な日本で生まれ育つと
麻薬にも銃にも退役軍人にもギャングにも馴染みがないので
やはり洋画の世界観、憧れないけどねぇ

終わってから気が付いたんだけど
あれほど恐ろしい不気味なサイコパスは
それでも恋するバルセロナのあの色男と同一人物
なのね…………ショックだわ、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako
すべての映画レビューを見る(全114件)

他のユーザーは「ノーカントリー」以外にこんな作品をCheck-inしています。