ノーカントリー インタビュー: ジョエル&イーサン・コーエン監督、メインキャスト インタビュー(3)

ホーム > 作品情報 > 映画「ノーカントリー」 > インタビュー > ジョエル&イーサン・コーエン監督、メインキャスト インタビュー(3)
メニュー

ノーカントリー

劇場公開日 2008年3月15日
2008年3月7日更新

先日行われた第80回アカデミー賞授賞式で、見事助演男優賞を受賞したハビエル・バルデム。その最悪の髪型とともに映画史上にその名を残す存在となった彼に、アメリカ映画の暴力、そして殺し屋シガーが出来るまでを語ってもらった。(取材・文:森山京子

ハビエル・バルデム インタビュー
「彼は、暴力そのもの、邪悪そのものを目に見える形にした恐怖のシンボルなんだ」

狙った獲物はどこまでも追い詰める最強の殺人者 狙った獲物はどこまでも追い詰める最強の殺人者

――シガーは夢でうなされそうなほど怖い男ですが、こんなバッド・ガイを演じるというのはどんなものなんですか?

「アレックス・デラ・イグレシア監督の「ペルディータ」でも相当悪い男をやったけど、それ以来だなぁ、バッド・ガイは。でもシガーという男は、映画でよく描かれる悪役とは全然違うと思うんだ。彼は、暴力そのもの、邪悪そのものを目に見える形にしたキャラクター。恐怖のシンボルなんだ。人間として悪いヤツというのとはワケが違うんだ」

――感情とか表情もありませんよね。

「映画を見た人が、シガーにまったく感情移入できなかったと言うんだけど、当たり前だよね。ロボットみたいなものだから。与えられた使命に徹底して忠実で、ほとんど喋らないし、余計な部分がないから、時に奇妙でおかしいとすら言える。ひたすら移動し続けることで、この作品の荒涼たる風景を、彼も形作っているんだ」

シガーとは全く異なる印象の素顔 シガーとは全く異なる印象の素顔

――シガーのおかしさというのは、あの髪型からくるイメージもありますよね。

「まったくだ。あれはヘア・ドレッサーのポールが考えたんだ。彼のトレーラーに行って、よろしくお願いしますと言ったら、いきなりあのカツラをかぶらされて、鏡を見て唖然としたね。そのままセットに戻ったら、スタッフ全員に大受けで、大笑いだった(笑)」

――おかしいと同時に、怖さも増幅されていますよ。

「それは動きのスピードにも関係していると思う。僕は、シガーの動きをノーマル・スピードより一コマ遅い感じでやっているんだ。あの髪型で動きをのろくすると、異様さが増してより恐怖を感じるんだと思うよ。バイオレンスは権力と同じで動き出したら止められない。シガーを通してそれが描かれているのが、すごく気に入っているんだ」

――アメリカ映画の暴力というものをどう思いますか?

「暴力が溢れすぎていて抵抗がある。ヨーロッパ映画にはここまで暴力が氾濫していないよ。僕も今までに2本しか暴力的なキャラを演じていない。セクシャルな面とか、裸には何の抵抗もないし、僕の尻の穴が写っていても全く平気なんだけどね。暴力的な場面を映画の中に入れることにどのような意味があるのか。暴力について考えるきっかけになるかどうか。それが『ノーカントリー』とその他の映画との違いだと思う」

“人間の力を超えた運命と宿命”をシガーというキャラクターを通して体現 “人間の力を超えた運命と宿命”を
シガーというキャラクターを通して体現

――コーエン作品は暴力の描き方も違うわけですね。

「彼らは常に、どんなことに対しても、滑稽な面を見ようとする。悲劇的なシーンであっても、それをただ悲しいと描くのではなく、人間が持っている滑稽な面も含めて悲劇を見ようとするんだ。だからシリアスな局面でも救いがある。ドアを開けておいてくれるという感じ。人間を閉じこめるんじゃなくてね。この映画で描かれる暴力と恐怖も、善し悪しにかかわらず、人間の力を超えた運命と宿命として描かれていると思うよ」

――出演作が立て続けですよね。忙しすぎて自分を見失うなんてことはないんですか?

「僕の家は曾祖父の代からの俳優稼業だからね。長い家系の中で教えられてきたセオリーがあるから大丈夫。よく考えて選び、注意深く決断するってことだよ」

>>ジョシュ・ブローリン インタビュー

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

眼を凝らせ、耳をそばだてよ。コーエン兄弟の神技が観客に迫る
映画評論

荒野に虚無や寂寥を見る映画は、掃いて捨てるほどある。荒野に抒情を求めた映画も数多い。が、荒野と錬金術を結合させようとした映画が、かつてあったろうか。「ノーカントリー」のコーエン兄弟は、そんな難関に挑んでいる。舞台は1980年の西テキサ...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全91件)
  • 徹底的に過剰演出を排除したことが逆にかってない緊迫感をもたらしている 一言で言えば、麻薬取引に絡む犯罪映画なのだか、凡百の作品と本作を分けるのは過剰な演出がないところだ 徹底的に過剰演出を排除したことが逆にかってない緊迫感をもたらしているのだ そこが決定的に違う ... ...続きを読む

    あき240 あき240さん  2018年11月16日 12:01  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 雰囲気を楽しみつつ お金を持って逃げた人と殺し屋と二人を追う保安官がどうなるのかを 誰にも感情移入しないで観ると楽しめます というか、感情移入したくても無理ですけど ...続きを読む

    スノークの息子 スノークの息子さん  2018年10月12日 12:53  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 静かなるサイコ 「ファーゴ」に似て、 無駄なBGMなどは無く、 淡々とストーリーが進み、 淡々と人が殺され、死ぬ。 決して派手ではないが、 静かに忍び寄るシガーの 怖さ、冷徹、サイコ具合は 常軌を逸している。... ...続きを読む

    ぼるとぼーい ぼるとぼーいさん  2018年5月20日 15:17  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 小さな恋のうた 佐野勇斗×森永悠希×山田杏奈×眞栄田郷敦×鈴木仁「ちい恋バンド」沖縄で深めた絆
  • インタビュー コンフィデンスマンJP 挑みがいがある作品――長澤まさみ&東出昌大&小日向文世が惚れ込む「コンフィデンスマンJP」の世界
  • インタビュー チア男子!! 横浜流星が痛感した“応援”のパワー 「チア男子!!」原作・朝井リョウと語る
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報