ノーカントリー : 映画評論・批評

メニュー

ノーカントリー

劇場公開日 2008年3月15日
2008年3月11日更新 2008年3月15日よりシャンテシネほかにてロードショー

眼を凝らせ、耳をそばだてよ。コーエン兄弟の神技が観客に迫る

画像1 (C)2007 Paramount Vantage,
A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

荒野に虚無や寂寥を見る映画は、掃いて捨てるほどある。荒野に抒情を求めた映画も数多い。が、荒野と錬金術を結合させようとした映画が、かつてあったろうか。「ノーカントリー」のコーエン兄弟は、そんな難関に挑んでいる。舞台は1980年の西テキサス。主な登場人物は3人。麻薬がらみの200万ドルを持ち逃げした男。金を取り戻そうとする殺人者。殺人者を追う保安官。

単純な構図に見えるが、いわゆるキャット&マウス・ムービーの印象はすぐに蒸発する。殺人者の存在があまりにも危険で、理不尽なまでに邪悪だからだ。最悪の髪型をしたこの男は、高圧ボンベ付きの家畜用スタンガンで、鍵穴も人間の額も同じように撃ち抜く。快楽や苦悩は介在しない。恐ろしい存在だ。おかしい存在だ。まるで死神や運命の化身を思わせるが、話をそこに落とすのは退屈だ。殺人者は地上を離れず、逃亡者を追い詰めていく。

その過程で、コーエン兄弟は考えつく限りの映像技巧を動員する。荒野の空白と狭い室内の窒息感を対比させるだけではない。光と音を、というより影と沈黙を最大限に活用し、観客の全神経を画面に集中させる。眼を凝らせ、耳をそばだてよ、と観客に迫る。照明も編集も異様なまでに細密で、なおかつ精緻な幾何学を超えて氾濫する魔力がある。なにかが起こることはわかっていても、なにが起こるのかはわからない。これはやはり、神技に近い錬金術だ。

芝山幹郎

関連コンテンツ

インタビュー

ジョエル&イーサン・コーエン監督、メインキャスト インタビュー
インタビュー

ピュリッツァー賞作家コーマック・マッカーシー原作の「血と暴力の国」(扶桑社刊)を「ファーゴ」「ビッグ・リボウスキ」のコーエン兄弟が映画化した犯罪ドラマ「ノーカントリー」。先の第80回アカデミー賞で、作品賞を含む4部門で受賞した本作のジ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全91件)
  • 徹底的に過剰演出を排除したことが逆にかってない緊迫感をもたらしている 一言で言えば、麻薬取引に絡む犯罪映画なのだか、凡百の作品と本作を分けるのは過剰な演出がないところだ 徹底的に過剰演出を排除したことが逆にかってない緊迫感をもたらしているのだ そこが決定的に違う ... ...続きを読む

    あき240 あき240さん  2018年11月16日 12:01  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 雰囲気を楽しみつつ お金を持って逃げた人と殺し屋と二人を追う保安官がどうなるのかを 誰にも感情移入しないで観ると楽しめます というか、感情移入したくても無理ですけど ...続きを読む

    スノークの息子 スノークの息子さん  2018年10月12日 12:53  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 静かなるサイコ 「ファーゴ」に似て、 無駄なBGMなどは無く、 淡々とストーリーが進み、 淡々と人が殺され、死ぬ。 決して派手ではないが、 静かに忍び寄るシガーの 怖さ、冷徹、サイコ具合は 常軌を逸している。... ...続きを読む

    ぼるとぼーい ぼるとぼーいさん  2018年5月20日 15:17  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報