松坂桃李、役所広司の“魂”が込められた「孤狼の血」キーアイテムを継承! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月25日 > 松坂桃李、役所広司の“魂”が込められた「孤狼の血」キーアイテムを継承!
メニュー

松坂桃李、役所広司の“魂”が込められた「孤狼の血」キーアイテムを継承!

2018年4月25日 20:47

やくざとの癒着が噂される刑事が暴力団同士の抗争に直面するさまを描く「孤狼の血」

やくざとの癒着が噂される刑事が暴力団同士の抗争に直面するさまを描く
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された小説を実写映画化した「孤狼の血」の完成披露試写会が4月25日、東京・丸の内TOEI1で行われ、役所広司松坂桃李真木よう子中村倫也音尾琢真阿部純子竹野内豊伊吹吾郎、ピエール瀧、江口洋介、原作者の柚月裕子氏、白石和彌監督が出席した。

役所らは、丸の内TOEI1前の道路に大型トラックで乗り付け、黒と黄色という「孤狼の血」カラーを基調としたタキシードやドレス姿で登場した。「(作品のスケールが)ここまで大きくなるとは思ってもいませんでした」という原作者の柚月氏に対し、白石監督は「柚月先生が書いた魂の小説を受け取って、命を削る思いで撮った映画です」「時代設定が昭和63年、それをどう表現していくかがひとつのポイントでした。苦労は多々ありましたけど、こうやって出来上がってしまうと、何一つ苦労したことを覚えてない。充実した時間でした」と思いの丈を述べていた。

「役所さんとバディを組まさせてもらったことが何よりの宝です」と語り始めた松坂は、懐に手を差し込み、劇中で重要な役割を担うライターを取り出した。「(劇中で)役所さんが使っているライターをもらったんですよ。まだ見ていない方にはわからないと思うんですけど、きっと見終わった後には『羨ましい~!』となるはず。濃厚な関係性のなかで芝居をさせていただいたことが、僕にとっての宝物ですね」と話していた。一方、松坂とは「日本のいちばん長い日」以来2度目の共演となった役所は「一緒のシーンが多かったので楽しかったです。共演者として、素晴らしい俳優さんだと思いました」と太鼓判を押していた。

初のやくざ役に挑んだ江口は「東映さんがやってきた『仁義なき戦い』、そしてVシネマブームを経て、オールバックにした男たちの時代がどこかで止まっていました。この映画が新しい突破口になればと思っています」と告白。同様の役どころに初挑戦となった竹野内は「静と動でいえば、静。これまでは良い人の役が多かった」と自らのキャリアを述懐し「こんなすごいキャストのなかで、この映画に参加できたことが本当に嬉しかったですね」と感慨深げに語っていた。

観客へのメッセージを求められた役所は「初めて白石監督に会った時『“元気のある日本映画”を作りたい』と言われました。僕たちキャストも“元気のある映画”を作ろうと頑張りました」。続いて、やくざ役を熱演したキャストたちをちらりと見ると「普段はちゃんとした社会人みたいな顔していますけど、根が不良ですからね。すごくのびのびと演じていらっしゃった(笑)」と茶目っ気たっぷりに言葉を投げかけた。そして「真木さんと阿部さんも華を添えていただきましたし、僕と松坂君は刑事で“正義の味方”をやっています。どうぞゆっくり楽しんで、たくさんの方に薦めてください」とアピールに努めていた。

孤狼の血」は、暴対法成立以前の昭和63年、広島の架空都市・呉原が舞台。やくざとの癒着が噂される刑事・大上章吾(役所)と捜査二課の新人・日岡秀一(松坂)が、激化していく暴力団同士の抗争に直面するさまを描く。5月12日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi