新星ティモシー・シャラメ、新作で薬物依存の青年役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月18日 > 新星ティモシー・シャラメ、新作で薬物依存の青年役に
メニュー

新星ティモシー・シャラメ、新作で薬物依存の青年役に

2018年4月18日 18:00

ティモシー・シャラメ「レディ・バード」

ティモシー・シャラメ
写真:Jordan Strauss/Invision/AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「君の名前で僕を呼んで」で一躍ブレイクを果たした新星ティモシー・シャラメが、アマゾン・スタジオ製作の新作映画「Beautiful Boy(原題)」で薬物依存と葛藤する主人公を演じることが明らかになった。米Indiewireが報じている。

ドラッグ依存症の息子を抱えた、米作家デビッド・シェフによる自伝的ノンフィクション「Beautiful Boy: A Father’s Journey Through His Son’s Addiction(原題)」の映画化となる本作では、「メス」「スピード」などの俗称で知られる覚せい剤メタンフェタミン中毒に陥ったニック(シャラメ)の壮絶な闘いが、スティーブ・カレル演じる父親の視点から描かれる。

メガホンをとるのは、これが初の英語作品となるベルギー出身のフェリックス・バン・ヒュルーニンゲン監督(「オーバー・ザ・ブルースカイ」)。「君の名前で僕を呼んで」(4月27日公開)をはじめ、同じく今年の賞レースを席巻した「レディ・バード」(6月1日公開)、ウッディ・アレン監督最新作「A Rainy Day in New York(原題)」など話題作が目白押しの注目株シャラメの躍進から、今後も目が離せない。

「Beatutiful Boy(原題)」は10月12日から全米公開予定。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi