「女は二度決断する」D・クルーガー、地元凱旋に感慨 ドイツプレミア映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月18日 > 「女は二度決断する」D・クルーガー、地元凱旋に感慨 ドイツプレミア映像公開
メニュー

「女は二度決断する」D・クルーガー、地元凱旋に感慨 ドイツプレミア映像公開

2018年4月18日 17:00

観客も熱狂!「女は二度決断する」

観客も熱狂!
(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production,corazon international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界3大映画祭で主要賞を獲得している名匠ファティ・アキン監督と、「イングロリアス・バスターズ」のダイアン・クルーガーが初タッグを組んだ「女は二度決断する」(公開中)の特別映像が、公開された。2017年11月にドイツ・ハンブルクで行われた本作のプレミアの模様を収めている。

第75回ゴールデングローブ賞で外国語映画賞を獲得し、主演を務めたクルーガーが第70回カンヌ国際映画祭の女優賞に輝いたサスペンス。舞台は現代のドイツ。トルコ人の夫と幼い息子と共に平和に暮らしていた女性カティヤ(クルーガー)の生活は、家族が爆弾テロの標的になり、無残に殺されたことから一変。カティヤは、家族の無念を晴らすべく犯人探しを始める。

クルーガーは、本作で母国ドイツ語でのセリフに初挑戦。華やかなドレスに身を包み、レッドカーペットでのインタビューで「まさにこの場所で、1年前に撮影したの。今日は緊張してる。この作品は人生を変えたわ。徹底的に取り組んだの」と晴れやかな笑顔を浮かべている。「犠牲者の現実を知って、心を大きく揺さぶられたわ。カティヤと一緒に育ったの。演じてるうちに、私はドイツ人に戻った」と役への愛着も語っている。

アキン監督は、「ダイアン(・クルーガー)が出てくれたら、大騒ぎになるとは思ってた。実際、センセーショナルだ」と満面の笑みを浮かべ、クルーガー、アキン監督と共に先日来日を果たしたデニス・モシットは、「これはスリラーであり、法廷劇であり、政治ものなんだ」と語り、「ダイアンの演技が見事だから、ぜひ見てほしい」とメッセージを送っている。

上映では、地元への“凱旋”に観客から熱烈な拍手が送られ、キャスト・製作陣の結束が感じられる。さらに上映後、観客が作品の感想を興奮気味に語る姿も収められている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi