女は二度決断する

ALLTIME BEST

劇場公開日

女は二度決断する
15%
59%
21%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」「ソウル・キッチン」でカンヌ、ベネチア、ベルリンの世界3大映画祭それぞれで受賞歴を誇るドイツの名匠ファティ・アキン監督が、ダイアン・クルーガーを主演に迎え、突然の悲劇で家族を奪われた主人公の女性が絶望の中で下す決断を描いたドラマ。ハリウッドはもちろん、フランスなどヨーロッパ映画でも活躍し、英語、フランス語、ドイツ語を操るクルーガーが、ドイツ語を使った演技に初挑戦し、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞した。ドイツ、ハンブルグ。トルコ移民のヌーリと結婚したカティヤは幸せな家庭を築いていたが、ある日、白昼に起こった爆発事件に巻き込まれ、ヌーリと息子のロッコが犠牲になってしまう。警察は当初、トルコ人同士の抗争を疑っていたが、やがて人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明。愛する家族を奪われたカティヤは、憎しみと絶望を抱えてさまようが……。

2017年製作/106分/PG12/ドイツ
原題:Aus dem Nichts
配給:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)

受賞

最優秀外国語映画賞  

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

受賞

コンペティション部門
女優賞 ダイアン・クルーガー

出品

コンペティション部門
出品作品 ファティ・アキン
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production, corazon international GmbH & Co. KG, Warner Bros. Entertainment GmbH

映画レビュー

5.0秀逸な邦題

2018年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

ネオナチに家族を殺された白人女性の物語。司法でさばけない変わりに彼女がくだす決断が賛否を呼ぶ作品だろうし、監督もそれを狙っているのだろう。しかし、ただの復讐ものかというとそうではない。

シンプルな復讐劇なら、「二度」の決断は必要ない。推定無罪の原則の限界を感じる主人公がただネオナチを殺せばよかった。反対に葛藤の末、赦す展開だったらどうだろうか。行儀の良い話にはなるだろう。しかし現実は赦しに満ちていない。この映画は、二度の決断があるから非凡なものになった。一度目と二度目の決断の間の「逡巡」には、単純な怒りだけでも、寛容な赦しとも言えない大変に複雑な感情が宿っている。

一度目の決断を翻す瞬間のカットは、脚本段階にはなく、撮影中の偶然を利用したそうだ。その後台詞のない主人公の逡巡が続く。この逡巡の後の二度目の決断は一度目とは変化している。

その変化になにを見るか。新聞記事や論説のように割り切れない感情がこの映画には溢れている。その感情を無視しては、世界の問題の何も解決できないだろう。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 10 件)
杉本穂高

4.0ドイツの名匠とダイアン・クルーガーが生み出した究極のヒロイン像に圧倒される

2018年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

興奮

今やドイツを代表する映画監督にまで昇りつめた存在、ファティ・アキン。トルコ系の彼の作品は、いつも単一の国家や人種にとどまらず、その境界線を果敢に突き崩すパンクな精神を覗かせる。かつてと同様、「愛する者の死」といったテーマに真っ向から挑み、それをこれまでのようなミニマリズムではなく、大きな川の流れのように骨太に描き出したのが本作だ。題材は数十年も前にドイツ国内で多発したという爆破テロ事件。異なるものを暴力的な手段で排斥しようとする風潮は現代世界と似ている。まさかこれほどつながってくるとはアキン監督自身が驚いたのではないか。そこに生まれた残骸と亡骸の間を、涙も枯れたヒロインがいく。彼女には絶望から這い上がり、法廷に挑み、悪を見極め、さらにその先にある決着へと自らを向かわせる孤独な戦いがある。その魂はパンキッシュで、ハードボイルド。この役を逞しく生き抜いたダイアン・クルーガーに心底圧倒された。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

4.0切なく、重い作品。決断の末にあるものは?

2022年3月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

難しい

どんよりとした内容の作品。
まあそれは見る前からわかってはいたのですが、昔に見た「ブレイブ・ワン」って映画はジョディ・フォスターが暴れてたなーw
とか思い出しながらみてましたがw

ダイアン・クルーガーの演技が半端ないです。
人を失った時の喪失感等は失った人しかわからないだろうが、スクリーンからそれがひしひしと伝わってくる。

確かにネオナチのニュースは一昔前に結構やってた気がするが、排他的な思想は到底理解できない。
またカティアの痛みは非常に理解できるし、自分の家族に置き換えてみるとまるで身を削られているようでしんどかった。

自分の中で自殺は選択肢としてないので(その時になればかわるのか、、?)そこは共感できなかったが、法で裁けない時は一体どうしたらいいのか?

現代の日本にもつながるこのテーマも合わせて考えてしまった。
「復讐には意味がない」や「死んだ遺族は望んでいない」と言った意見が多くあり、一定の理解ができるのだがはたして当事者になったときに同じ思想でいることができるのだろうか?

自分はどうしてもできないし、同じことを相手にしてしまえばいいとも思ってしまう。恐ろしい思想かもしれないが、家族が死んでしまっているのにのうのうと砂浜をランニングしているのを見ていることはできないだろう。

ウクライナが侵略され、日本も緊張感が高まっているが、平和な世界にはならないのだろうか?
それだけで無駄な不安や心配が一つ減るのに、、、。

映画としても非常に考えさせられる作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ポップコーン男

4.0ゆけゆけ二度目の妻

2022年3月2日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
filmpelonpa
すべての映画レビューを見る(全115件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る