女は二度決断する

ALLTIME BEST

劇場公開日:

女は二度決断する

解説

「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」「ソウル・キッチン」でカンヌ、ベネチア、ベルリンの世界3大映画祭それぞれで受賞歴を誇るドイツの名匠ファティ・アキン監督が、ダイアン・クルーガーを主演に迎え、突然の悲劇で家族を奪われた主人公の女性が絶望の中で下す決断を描いたドラマ。ハリウッドはもちろん、フランスなどヨーロッパ映画でも活躍し、英語、フランス語、ドイツ語を操るクルーガーが、ドイツ語を使った演技に初挑戦し、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞した。ドイツ、ハンブルグ。トルコ移民のヌーリと結婚したカティヤは幸せな家庭を築いていたが、ある日、白昼に起こった爆発事件に巻き込まれ、ヌーリと息子のロッコが犠牲になってしまう。警察は当初、トルコ人同士の抗争を疑っていたが、やがて人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明。愛する家族を奪われたカティヤは、憎しみと絶望を抱えてさまようが……。

2017年製作/106分/PG12/ドイツ
原題:Aus dem Nichts
配給:ビターズ・エンド
劇場公開日:2018年4月14日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)

受賞

最優秀外国語映画賞  

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

受賞

コンペティション部門
女優賞 ダイアン・クルーガー

出品

コンペティション部門
出品作品 ファティ・アキン
詳細情報を表示

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production, corazon international GmbH & Co. KG, Warner Bros. Entertainment GmbH

映画レビュー

5.0秀逸な邦題

2018年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

ネオナチに家族を殺された白人女性の物語。司法でさばけない変わりに彼女がくだす決断が賛否を呼ぶ作品だろうし、監督もそれを狙っているのだろう。しかし、ただの復讐ものかというとそうではない。

シンプルな復讐劇なら、「二度」の決断は必要ない。推定無罪の原則の限界を感じる主人公がただネオナチを殺せばよかった。反対に葛藤の末、赦す展開だったらどうだろうか。行儀の良い話にはなるだろう。しかし現実は赦しに満ちていない。この映画は、二度の決断があるから非凡なものになった。一度目と二度目の決断の間の「逡巡」には、単純な怒りだけでも、寛容な赦しとも言えない大変に複雑な感情が宿っている。

一度目の決断を翻す瞬間のカットは、脚本段階にはなく、撮影中の偶然を利用したそうだ。その後台詞のない主人公の逡巡が続く。この逡巡の後の二度目の決断は一度目とは変化している。

その変化になにを見るか。新聞記事や論説のように割り切れない感情がこの映画には溢れている。その感情を無視しては、世界の問題の何も解決できないだろう。

コメントする 1件)
共感した! 10件)
杉本穂高

4.0ドイツの名匠とダイアン・クルーガーが生み出した究極のヒロイン像に圧倒される

2018年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

興奮

今やドイツを代表する映画監督にまで昇りつめた存在、ファティ・アキン。トルコ系の彼の作品は、いつも単一の国家や人種にとどまらず、その境界線を果敢に突き崩すパンクな精神を覗かせる。かつてと同様、「愛する者の死」といったテーマに真っ向から挑み、それをこれまでのようなミニマリズムではなく、大きな川の流れのように骨太に描き出したのが本作だ。題材は数十年も前にドイツ国内で多発したという爆破テロ事件。異なるものを暴力的な手段で排斥しようとする風潮は現代世界と似ている。まさかこれほどつながってくるとはアキン監督自身が驚いたのではないか。そこに生まれた残骸と亡骸の間を、涙も枯れたヒロインがいく。彼女には絶望から這い上がり、法廷に挑み、悪を見極め、さらにその先にある決着へと自らを向かわせる孤独な戦いがある。その魂はパンキッシュで、ハードボイルド。この役を逞しく生き抜いたダイアン・クルーガーに心底圧倒された。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
牛津厚信

5.0タトゥーの結婚指輪

2024年2月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

怖い

難しい

やっとこの映画を見ることができた。映画館で見るチャンスがあったら今度は逃さない。

クルーガー、ドイツ映画でそれもファティ・アキン監督の映画に出てカンヌで主演女優賞を受賞したのはとても嬉しかったろうし私も嬉しい。それに値する映画だと思った。

監督らしい世界で雰囲気で音楽で笑えるところもあったし。でも辛かった。推定無罪はカティヤ(クルーガー)に酷だ。でも証拠不十分で不自然で捏造しまくりによる冤罪よりずっといい。それを理解するカティヤはドイツ人だと思った。

彼女のお気に入りのタトゥー、サムライは三船敏郎だろう。それに赤の色を入れた。事件後、生理が止まっていた分の血を入れたみたいだ。ソーシャル・メディアを阿呆のように使う元・被告人カップル。おめでたい。家族と過ごした海辺のバカンス風景の動画を何度も見るカティヤ。「ママも来て!」と夫と息子に呼ばれている。撮影している彼女は紫外線防止クリームを塗ったばかりだから行けないよー、と答えている。その愛する二人のところにやっと行けるよ!生理も来て体も戻ったよ!

AfDがどんどん支持されているドイツ、特に旧東ドイツの状況を思う。ドイツばかりでなくフランスもイタリアもどこでも同様だ。だからこの映画は「政治的でなさすぎる」とも批評されたようだ。ドイツらしい。けれども学校(ギムナジウム以上だろう)の倫理なり宗教なりの科目でこの映画は教材として使われてもいるらしい。若い時から考え続けること、問題意識を持つこと、そのための材料を整えることは教育や研究や芸術の分野の仕事で16各州に委ねられている。その文化主権(高権)は州にあり国家は首を突っ込むことができないようになっている。

海をバックにした最後のシーン、配信で見てたから声をあげて泣くことができた。これが家で映画を見るメリットのひとつだ。

コメントする (0件)
共感した! 7件)
talisman

4.0クルーガーの一人芝居を観ているかのよう

2023年11月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ドイツ映画というのは、そんなに観たわけではないけど、独特の暗い雰囲気がある重厚さが特徴だよね。リアリティ重視というのかな。そういうテーマの作品ばかり観ているというのもあるだろうけどね。

そんな雰囲気の中で、喜び、悲しみ、絶望、そして決断と、様々な感情の変化を演じきったダイアン・クルーガーの演技は圧巻だよね。
彼女はイングロリアスバスターズの辺りではそこそこ名前も売れてたしハリウッドでブレイクするかなと思っていたけど、そうはならなくて、少し残念に思うと同時に忘れかけていて久しぶりに見たのだけれど、元々持っていた陰りのある雰囲気が、本作の雰囲気と絶妙にマッチしていて、相乗効果が凄いよね。昆布と鰹節のダシみたいな。

そのクルーガーが演じた主人公について、彼女のマイナス面が感情移入の妨げになるというレビューを読んだ。気持ちはわかるけど、この映画が真に巧妙なところは、被害者家族が100パーセント善良ではないところにあると思うんだ。
映画の最後にも出るけれど、本作のモチーフになった事件のこととか、その根底にある移民問題とか、そこまで詳しいわけではないのであまり大きいことは言えないけれど、ここ数年でドイツが抱えている社会問題を絶妙なバランスで描き出してることにあると思うのね。
極端な話をすれば、主人公が絶対的に善良で可哀想だとせずに、場合によっては加害者側の気持ちも分かるよねという余裕を持たせている。今回はヒトラー崇拝者だから、彼らに肩入れする要素はないのだけれど、ドイツの国内問題に照らし合わせると深い闇が浮かび上がるんだな。

とは言っても三部構成からなる本作の第二部がドイツの社会問題パートで、最終の第三部では、もっと主人公カティヤと家族に焦点を絞ったヒューマンサスペンスに様変わりする。
様変わりといってもストーリーは続いているので表面的に変化はなくテーマだけがヌルリと変わる。般若の面みたいな。
第三部のタイトルが「海」で、何で海?と思ったけれど、監督で脚本のファティ・アキンは、ここでも上手いこと仕掛けてきたよね。もちろん全体的にも巧妙に仕組まれているのだけれど、ラストシーンで全てが収束していく感じが特に素晴らしいよね。物語は終わったが問題は逆に拡散する的な小憎らしさもあるしね。

まとめとしては、社会派ドラマの要素を内包したヒューマンサスペンスで、見応え十分な秀作だと思う。ちょっと作品の背景を調べたりして「帰って来たヒトラー」あたりの作品と一緒に観たらより面白いかもしれない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
つとみ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る