「家族はつらいよ」「三度目の殺人」「忍びの国」が新興のアジア映画賞にノミネート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月21日 > 「家族はつらいよ」「三度目の殺人」「忍びの国」が新興のアジア映画賞にノミネート
メニュー

「家族はつらいよ」「三度目の殺人」「忍びの国」が新興のアジア映画賞にノミネート

2017年12月21日 16:00

第2回アジアン・ブリリアント・ スターズにノミネート「家族はつらいよ」

第2回アジアン・ブリリアント・
スターズにノミネート
(C)2017フジテレビジョン
アミューズ ギャガ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ベルリン国際映画祭の協賛で開催される、第2回アジアン・ブリリアント・スターズのノミネート作品が発表され、日本からは山田洋次監督の「家族はつらいよ」、是枝裕和監督の「三度目の殺人」、中村義洋監督の「忍びの国」の3作品が選出された。

同プログラムは、アジアで名声のある、あるいは進境著しい俳優や監督、脚本家、プロデューサーに脚光をあてるもの。米ハリウッド・レポーターによれば、ヨーロッパの若い才能にスポットを当てる「ヨーロピアン・シューティング・スターズ」をモデルにしているという。ベルリン国際映画祭のサポートのもと、アジアン・フィルム・アンド・テレビジョン・プロモーション、北京電影学院、中国のMovie View誌が運営する。

第2回となる今回は、アジア各国から19作品が選出。作家性の高い作品から大ヒット作まで幅広くラインナップされた。香港電影金像奨の元会長でプロデューサーのマンフレッド・ウォン、韓国の鬼才キム・ギドク、アジアで活躍する日本人プロデューサーの市山尚三が審査員を務め、主演男優賞、主演女優賞、監督賞、脚本賞、プロデューサー賞、アジアの新タレント賞を決める。授賞式は、2018年2月21日(現地時間)にベルリンで開催予定だ。第68回ベルリン国際映画祭は18年2月15~25日に開催。

第2回アジアン・ブリリアント・スターズのノミネート作品は以下の通り。

修羅:黒衣の反逆」(中国)
戦狼 ウルフ・オブ・ウォー」(中国)
ラサへの歩き方 祈りの2400km」(中国)
「明月幾時有(英題:Our Time Will Come)」(中国、香港)
「追龍(英題:Chasing the Dragon)」(中国、香港)
相愛相親」(中国、香港)
「The Day After(原題)」(韓国)
「I Can Speak(英題)」(韓国)
「朴烈(英題:Anarchist From Colony)」(韓国)
グレイン」(トルコ・ドイツ・フランス・スウェーデン・カタール)
「Foxtrot」(イスラエル)
ダンガル(原題)」(インド)
「Pauwi Na(原題)」(フィリピン)
家族はつらいよ」(日本)
三度目の殺人」(日本)
忍びの国」(日本)
「Lerd (英題:A Man of Integrity)」(イラン)
「Youth(英題)」(中国)
「Bad Genius(原題)」(タイ)

(映画.com速報)
「忍びの国」通常版Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 「忍びの国」通常版Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,596 原作は史実に光をあてた同名小説。大野智主演、侍VS忍びの戦国エンターテインメント超大作。
三度目の殺人 Blu-rayスペシャルエディション[Blu-ray/ブルーレイ] 三度目の殺人 Blu-rayスペシャルエディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,509 是枝裕和監督が深い闇の先にある<真実>に挑んだ心理サスペンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi