キム・ギドク

キム・ギドク
英語表記
Kim Ki-duk
誕生日
1960年12月20日
出身
韓国

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

30歳でパリに渡り、1990年から92年まで路上画家として生計を立てながら、当時公開されていた映画「羊たちの沈黙」(90)や「ポンヌフの恋人」(91)などを観て映画の世界に足を踏み入れることを決める。帰国後に映画「画家と死刑囚」(93・日本劇場未公開)で脚本家デビューし、96年「鰐 ワニ」で映画監督デビュー。映画「魚と寝る女」(00)と「受取人不明」(01)がベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、高い評価を得る。その後も「サマリア」(04)では第54回ベルリン国際映画祭の銀熊賞、「うつせみ」(04)では、第61回ベネチア国際映画祭の特別監督賞を受賞する。映画「悲夢」(08)以降一時映画界から離れるも、3年後、隠遁生活を送る自分を撮ったセルフ・ドキュメンタリー「アリラン」(11)を発表。同作は第64回カンヌ国際映画祭のある視点部門で最優秀作品賞を獲得し、世界三大映画祭での受賞という快挙を成し遂げる。翌年には「嘆きのピエタ」(12)が第69回ベネチア国際映画祭で韓国映画初となる金獅子賞を受賞した。

関連作品(映画)

キム・ギドクの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

キム・ギドクの受賞歴の詳細を見る

写真・画像

キム・ギドクの写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

キム・ギドクの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

キム・ギドクの関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「キム・ギドク」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る