嘆きのピエタ

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
嘆きのピエタ
18%
54%
24%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

韓国の鬼才キム・ギドクが、第69回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したサスペンスドラマ。債務者に重傷を負わせ、その保険金で借金を返済させる非情な取立て屋のイ・ガンドは、親の顔も知らずに30年間、天涯孤独に生きてきた。そんなある日、ガンドを捨てた母だと名乗る謎の女、チャン・ミソンが突然現れる。当初は邪険に扱い、残酷な仕打ちもしたガンドだったが、ひたすら謝罪を繰り返し、無償の愛情を注ぐミソンを次第に母親として受け入れていく。やがてガンドが取立て屋から足を洗おうとした矢先、ミソンは姿を消してしまう。

2012年製作/104分/R15+/韓国
原題:Pieta
配給:クレストインターナショナル

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2012 KIM Ki-dok Film All Rights Reserved.

映画レビュー

処女懐胎だろうが演技だろうが、子にとって母は母。

2020年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nopasanada

2.0めちゃくちゃチープなエログロ映画

2020年5月11日
iPhoneアプリから投稿

返せない相手は障害者にして保険金で返させる金貸し主人公のもとに、突然母親と名乗るおばさんがやってきた話。

これほど金がかかってないB級感剥き出しのチープ映像は久々、逆に新鮮。とても2013年の映画とは思えない。音楽もなければ、洒脱な演出はゼロに等しい、ただ金貸しシーンと母親との会話シーンが数珠つなぎになってるだけ。

シナリオが練られてるならまだしも、展開も極めて浅はかで、深みはまるでない。たまにお昼くらいにやってる、すっごいどうでもいい再放送サスペンスを観た気分。まああるある展開だ。

山のようにある韓国名作映画の中で、あえてこれを選んで観る必要性はないに等しいだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やべっち

3.5ママ

2020年2月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ところどころカメラがブレたり、「こんな雑なズームある?」という寄り方だったり、不思議な映像が入る。どこにも視点が定まっておらず、なんか安っぽくみえて、奇妙な時間が続く。

と思ったら母親が何か企みはじめて、ああそういうことかと。借金取りの鬼が心を鎮めていく過程は息もできないを思い出しましたが、こちらもきちんとバッドエンド?に着地してた。

というか主人公ガンドは母親が債務者の母親だったと最後に掘り出したセーターの男から気付いたでしょうから、そこで絶望ではなく騙された怒りが起こるのかなと思いましたが、まあこの時点で悲しみを取り戻した人間になっていたということなんすね。トラックの下での自死の選択は少し疑問が残った。最後の血を曳くトラックシーンはよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
filmpelonpa

4.0暗くて重い復讐譚の中に見える母と息子の愛

mittyさん
2019年12月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
mitty
すべての映画レビューを見る(全33件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る