ヘルドッグス

劇場公開日:

ヘルドッグス

解説

岡田准一が「関ヶ原」「燃えよ剣」に続き原田眞人監督と3度目のタッグを組んだクライムアクション。深町秋生の小説「ヘルドッグス 地獄の犬たち」を映画化した。

愛する人が殺される事件を止められなかったことから闇に落ち、復讐のみに生きてきた元警官・兼高昭吾。その獰猛さから警察組織に目をつけられた兼高は、関東最大のヤクザ「東鞘会(とうしょうかい)」への潜入という危険なミッションを強要される。兼高の任務は、組織の若きトップ・十朱が持つ秘密ファイルを奪取すること。警察はデータ分析により、兼高との相性が98%という東鞘会のサイコパスなヤクザ・室岡秀喜に白羽の矢を立て、兼高と室岡が組織内でバディとなるよう仕向ける。かくしてコンビを組むことになった2人は、猛スピードで組織を上り詰めていく。

兼高役を岡田、室岡役を坂口健太郎が演じるほか、松岡茉優、北村一輝、大竹しのぶ、MIYAVIらが顔をそろえる。

2022年製作/138分/PG12/日本
配給:東映、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第46回 日本アカデミー賞(2023年)

ノミネート

最優秀助演男優賞 坂口健太郎
詳細情報を表示

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会

映画レビュー

4.0アクションと世界観は良い。一方、早口で聞き取りづらかったり状況把握が難しいシーンもあり、好みは分かれそうな作品。

2022年9月16日
PCから投稿

主演・岡田准一×原田眞人監督は、早くも「関ヶ原」「燃えよ剣」に続き3作目。
ただ、個人的には、同じ時代劇である「関ヶ原」と「燃えよ剣」の2作品でさえも評価が全く異なるなど、未だ評価が安定していない印象はあります。

原田眞人監督の現代劇で私が一番好きなのは「クライマーズ・ハイ」で、時代劇では「燃えよ剣」ですが、これらの難点をあえて挙げると「一部の音声が聞き取りづらい」ということがあります。
ただ、「クライマーズ・ハイ」は屋外なので自然音を使ったり、時代劇では当時の話し方を用いることでリアル感を求めた結果だと想定していました。
ところが本作を見て最初に驚いたのは、屋外でもなく、時代劇でもないのに、役者陣が何を言っているのか聞き取れないシーンが散見される、ということでした。
これは、知らない俳優陣であれば「何でこんな大根役者を使ったんだろう?」と疑問に思ってしまうのですが、実際には本作の俳優陣の名演ぶりを知っているので、この「聞き取りづらさ」は原田監督の持ち味だったのか、と理解できました。
異様に早口で話したりするためか、聞き取りづらさで引っかかる人が出るかと思います。
また、脚本も原田監督で、状況説明が少ないのか、あるいは聞き取れていないのかで、「今は何をやっているんだろう?」と展開についていけなくシーンも散見されました。

とは言え、この2点さえ割り切りながら見れば、岡田准一を筆頭に、アクションシーンは演技も演出も冴えまくっていたり、「関東最大のヤクザに潜入し、組織の若きトップが持つ秘密ファイルを奪取する」といったミッションを軸に繰り広げられる人間模様は純粋に面白いと思います。

コメントする (0件)
共感した! 41件)
細野真宏

4.0残りの2%は何なのかーーーこれは気になりますよね?

2022年9月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

ヤクザ組織に潜入する、訳あり元警察官(岡田准一)と、制御不能でサイコパスなヤクザ(坂口健太郎)との相性は「98%」とのこと。その流れで組んだ2人は「狂犬」のごとく様々なミッションをコンビで駆け抜ける。
「狂犬」と聞くと、ボスを守るためには何でもする乱暴さが表面的に出てしまうが、本作の人間模様は「愛犬」を超えた複雑な葛藤が交差し、「誰を信じて、誰を疑えばいいのか」さえわからないところまで発展していく。
そして「狂犬」と表現するほどバイオレンスシーンが多く、目を伏せたくなる場面も出てくる。そこを乗り越えられれば、かなり純粋でミステリー的な作品となっており、主演である岡田准一の心と体の強さが魅力的に映る。
「真実は絶対明かせない」というブレない姿勢を演じる岡田准一は、全てがかっこいい。
誰がどれだけ悪いのかという点については、はっきりと語れない面がある。
ただ、白黒しっかりつけた人間は誰だったのか、個人的な愛情はどこまで通用するのか、という最も大切なところは、ミステリー調の本作の最後を見て、初めてわかる。
「98%」という相性のゆくえ(絆)がとにかく気になる作りとなっており、また、全体的に「人間味」が溢れているストーリーから目が離せなかった。

コメントする (0件)
共感した! 28件)
山田晶子

4.5アクションだけではない

2023年2月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ストーリーや人物像に違和感はなく楽しめました。
岡田のアクションはファブルよりも良かったよ。これを言っても仕方ないが、あと5センチあれば世界に通用するかも?と思えるほど。
ひとつだけ気になったのは、主人公がここまでやる動機が少し弱いのではないかと…。それは親父の女に関しても言える。
坂口の演技は久しぶりに見たが、随分成長したね。身体も出来てきたようだ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Suzukafuji

4.0テンポ良くて、観やすい!

2023年2月5日
iPhoneアプリから投稿

極道映画はあんまり見ないけど、予告編見たら楽しそうだったので見たら正解でした!

岡田くんがカッコ良くて、強すぎた!

話は少し複雑でだったけど、テンポが良くどんどん話が進んでいくので、最後まで飽きずに観ることができた。

個人的には芸人が映画に出るのは好きでは無いけど、はんにゃの金田さんは違和感は無くて良かったです。

しばらくして、内容忘れたぐらいでまた観たいです🙋‍♂️

コメントする (0件)
共感した! 0件)
だれでもないだれか
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る