2014年洋画興収ベスト10、ディズニー2作品で320億円!

2014年12月11日 19:30

「アナと雪の女王」の一場面
「アナと雪の女王」の一場面

[映画.com ニュース] 2014年の日本における洋画興行収入ベスト10が固まった。今年はなんと言ってもディズニーの「アナと雪の女王」の歴史的ヒットに尽きるだろう。最終興収は254億7000万円を記録。日本で公開された洋画では、「タイタニック」(97)に続く歴代第2位の成績となった。作品の面白さはもちろん、あわせて主題歌「Let It Go~ありのままで~」の爆発的な人気も興行を後押しし、映画館で観客みんなが歌えるバージョンも上映されたほど。

さらに、「マレフィセント」が65.3億円をあげ、ディズニー作品がワンツー・フィニッシュ。主演アンジェリーナ・ジョリーの役作りや、プライベートでの慈善活動など女性としての生き様が、基となったアニメ映画「眠れる森の美女」を見て育った女性層に主に訴求。さらに、先に公開されて大ヒットした「アナ雪」上映時に予告編が上映され、多くの観客に認知されたことも奏功したものと思われる。2作品合計で320億円を稼ぎ出した。ちなみに、13年のトップもディズニーの「モンスターズ・ユニバーシティ」(89億6000万円)で、昨年は計4作品をトップ10にランクインさせており、ディズニー作品の好調が続いている。

3位は東宝配給の「GODZILLA ゴジラ」がつけたが、興収は「マレフィセント」の約半分となる32億円にとどまった。以下、ワーナー・ブラザース作品が3本、パラマウント作品が2本ランクイン。10本合計で501億5000万円という成績。13年は10本合計で360億7000万円だったことを考えると、前年比で約140億円増えた。ただし、洋画興行が本格的に復調しつつあるわけではなく、増えた分はあくまでも「アナ雪」によるものだと捉えた方が良さそうだ。なお、13年はアニメが3本ランクインしていたが、14年は「アナ雪」のみだった。

2014年の日本における洋画興収ベスト10
1位:「アナと雪の女王」(ディズニー)254.7億円
2位:「マレフィセント」(ディズニー)65.3億円
3位:「GODZILLA ゴジラ」(東宝)32億円
4位:「ゼロ・グラビティ」(ワーナー)31.8億円
5位:「アメイジング・スパイダーマン2」(ソニー)31.2億円
6位:「トランスフォーマー ロストエイジ」(パラマウント)28.9億円
7位:「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(ワーナー)15.7億円
8位:「猿の惑星:新世紀(ライジング)」(フォックス)14.2億円
9位:「ホビット 竜に奪われた王国」(ワーナー)14億円
10位:「ノア 約束の舟」(パラマウント)13.7億円
※文化通信社調べ(数字は一部推定)

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
マレフィセント (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入
アナと雪の女王 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ]

アナと雪の女王 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ]

姉と王国を救うため旅に出た妹の冒険と“真実の愛”を描く感動の長編アニメーション。
マレフィセント MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ]

マレフィセント MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥3,200

ディズニーが生んだ悪の魔女の謎に包まれた半生と“禁断の秘密”を実写映画化。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「うぉぉぉ!」ゴリ赤木版「THE FIRST SLAM DUNK」最新15秒映像 体育館に木暮の姿も!

    1

    「うぉぉぉ!」ゴリ赤木版「THE FIRST SLAM DUNK」最新15秒映像 体育館に木暮の姿も!

    2022年11月29日 00:16
  2. 佐藤浩市&横浜流星「春に散る」ヒロインは山口智子と橋本環奈 ボクサー役で哀川翔、片岡鶴太郎、坂東龍汰が出演

    2

    佐藤浩市&横浜流星「春に散る」ヒロインは山口智子と橋本環奈 ボクサー役で哀川翔、片岡鶴太郎、坂東龍汰が出演

    2022年11月29日 06:00
  3. ティモシー・シャラメが人喰いに…禁断の純愛ホラー ルカ・グァダニーノ監督「ボーンズ アンド オール」2月17日公開

    3

    ティモシー・シャラメが人喰いに…禁断の純愛ホラー ルカ・グァダニーノ監督「ボーンズ アンド オール」2月17日公開

    2022年11月29日 08:00
  4. 震災、老々介護、新興宗教、障害者差別――ある家族が映す社会の縮図 荻上直子監督「波紋」2023年初夏公開

    4

    震災、老々介護、新興宗教、障害者差別――ある家族が映す社会の縮図 荻上直子監督「波紋」2023年初夏公開

    2022年11月29日 09:00
  5. 「すずめの戸締まり」が3週連続V! 2位「転生したらスライムだった件」、3位に「母性」【国内映画ランキング】

    5

    「すずめの戸締まり」が3週連続V! 2位「転生したらスライムだった件」、3位に「母性」【国内映画ランキング】

    2022年11月29日 07:00

今週