スティール・レイン

劇場公開日:

スティール・レイン

解説

「弁護人」のヤン・ウソク監督が、原子力潜水艦に監禁された韓国・北朝鮮・アメリカの首脳たちの激闘を描いたミリタリーサスペンスアクション。ウェブコミック作家でもあるヤン監督が自身の原作を映画化した「鋼鉄の雨」の主演チョン・ウソンとクァク・ドウォンを再びキャストに迎え、世界観を広げた新たな内容で描く。全世界が注目する平和協定の締結に向け、韓国大統領ハン、北朝鮮委員長チョ、アメリカ大統領スムートによる首脳会談が北朝鮮で開かれた。米朝間の意見が対立する中、核兵器放棄と国交正常化に反対する北朝鮮の護衛司令部パク総局長が軍事クーデターを起こし、三首脳は弾道ミサイルを搭載した原子力潜水艦に拉致監禁されてしまう。緊迫状態に陥った潜水艦内で、国家の威信と野心をかけた者たちの思惑が交錯し、戦場さながらの激闘へと突入していく。チョン・ウソンが韓国大統領、クァク・ドウォンが北朝鮮高官、「その日の雰囲気」のユ・ヨンソクが北朝鮮の最年少指導者、「ソウ3」のアンガス・マクファーデンがアメリカ大統領をそれぞれ演じた。

2020年製作/132分/PG12/韓国
原題:Steel Rain 2: Summit
配給:ハーク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2020 YWORKS ENTERTAINMENT & LOTTE ENTERTAINMENT & STUDIO GENIUS WOOJEUNG All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0批判を恐れぬ思い切りの良さは見習いたい

2021年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

興奮

南北朝鮮統一をめぐる両国と米中そして日本の思惑から、竹島(韓国側呼称「独島」)近辺の海域で武力衝突の危機が高まる――という、かなり思い切った状況を描く意欲作だ。邦画では現代を舞台にしたミリタリーアクションはめったに作られないし、まれに実現したとしても、かわぐちかいじの漫画を実写映画化した「空母いぶき」(2019)のように、原作の中国と尖閣諸島を架空の国と島に置き換えるなど、現実の外交問題に関わる題材をストレートに描くことを避け、批判や抗議を受けるリスクをなるべくなくそうとする。軍事活劇のジャンルに限らず、現実にある難題をエンタメのフォーマットで描くことが問題提起や啓発につながるという側面もあるので、その意味では邦画界も見習うべき点があると思う。

さて本作では序盤、北朝鮮での首脳会談のため集まった米韓朝の元首3人が、クーデターを起こした北朝鮮軍の一派により拉致され、核武装した原潜に監禁される。日本では、中国側からひそかに資金援助を受けた右翼団体が、竹島奪回のため自衛隊を動かそうとしていた…。

懸命に状況打開を試みる誠実な韓国大統領、トランプをさらに軽薄にしたような米大統領、意外に真っ当なインテリの北朝鮮委員長の3人が、監禁された船室内で繰り広げる喜劇的なパートは少々やりすぎの感もあるが、コミックリリーフの効果は認められる。本作におけるヒーローは韓国大統領と原潜の副艦長、敵役はクーデター首謀者と日本(白竜が演じる右翼団体主宰者と自衛隊)なので、日本の観客にはこの設定が居心地の悪さを伴うが、フィクションと割り切れば、サスペンスに満ちた展開はそれなりに引き込まれる。“潜水艦アクション”と呼べる場面は後半に入ってからで多くはないものの、爆雷や魚雷から回避する操艦や敵艦への反撃など、定番要素を押さえたシーンも悪くない。話の展開としては、ジェラルド・バトラー主演の「ハンターキラー 潜航せよ」(2018)に近いところもある。このサブジャンルのファンなら、そこそこ楽しめるのではないか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
高森 郁哉

1.0Steel Rain スティール・レイン

2022年10月3日
スマートフォンから投稿

笑える

単純

タイトルからハードボイルド系で欧米の戦闘アクションの映画と思ってました。
正直な感想は 途中からコメディだ、コメディだと 時には失笑しながら最後まで見れました。
国のトップを このような描き方をしてしまうのはどうかと?
他国との戦闘や戦争をバカにするのも やめていただきたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さんたろ

1.5分かりづらい…

KEIさん
2022年10月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KEI

4.0こんな映画撮れる韓国、あっぱれ!

2022年8月30日
iPhoneアプリから投稿

 米韓朝首脳による平和協定、平和協定に反対する北の高官が首脳たちを拉致監禁。協定の場でも監禁場所でも🇺🇸の大統領はご自分主義でわがまま放題。言いたい放題。🇰🇵将軍様に向かって独裁者はいいよなあ、と嫌味を言うのには笑えた。🇰🇵の将軍様、実際よりもかなりのイケメン!
 監禁された潜水艦の中で🇺🇸大統領が🇰🇷大統領に「日本と韓国はどうしてあんな小さな島、ドッコにこだわるんだ?」と聞いて、🇰🇷大統領が説明する場面、日本側の主張があるように韓国側にも主張がある。この映画、かなり日本に敵意剥き出し。そもそものこのクーデターも日本が企てた設定だし。日本を敵にした方がウケるんでしょうね。
 最後のエンドロールでの🇰🇷🇰🇵🇺🇸の平和協定の記者会見、🇰🇷🇰🇵の統一会見、現実になる日がくれば素晴らしい。韓国大統領の国民に問う質問も実に重い。
 こんなに、🇺🇸🇯🇵🇰🇵とリアルな問題をここまで創り上げてしまう韓国、やはりすごい。日本は絶対創らないだろうし、アメリカでも創らないだろうな。だから韓国映画は面白いし、やめられない👍

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アンディぴっと
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「スティール・レイン」シリーズ関連作品