ストックホルム・ケース

劇場公開日

  • 予告編を見る
ストックホルム・ケース
ストックホルム・ケース
7%
52%
36%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

誘拐・監禁事件の被害者が犯人と長い時間をともにすることで、犯人に対し連帯感や好意的な感情を抱いてしまう状態を示す心理学用語「ストックホルム症候群」の語源になった事件を題材に、イーサン・ホーク主演で描くクライムドラマ。何をやっても上手くいかない悪党のラースは、自由の国アメリカに逃れるためストックホルムの銀行に強盗に入る。ビアンカという女性を含む3人を人質に取り、刑務所に収監されていた仲間のグンナーを釈放させることに成功したラースは、続けて人質と交換に金と逃走車を要求。しかし、警察が彼らを銀行の中に封じ込める作戦に出たことで事態は長期化。次第に犯人と人質の関係だったラースとビアンカたちの間に、不思議な共感が芽生え始めていく。映画の題材となったのは、1973年にスウェーデンのストックホルムで起こったノルマルム広場強盗事件。 監督は、イーサン・ホークが伝説のトランペット奏者チェット・ベイカーを演じた「ブルーに生まれついて」のロバート・バドロー。犯罪仲間のグンナー役に「キングスマン」シリーズのマーク・ストロング、人質となるビアンカに「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパス。

2018年製作/92分/G/カナダ・スウェーデン合作
原題:Stockholm
配給:トランスフォーマー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • オキュラス 怨霊鏡
  • ディスコード
  • WE GO ON 死霊の証明
  • オッズ
  • ザ・ボルト 金庫強奪
  • インシディアス
  • クロユリ団地
  • トーク・トゥ・ザ・デッド
  • ファンハウス
  • バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group. All rights reserved.

映画レビュー

3.5楽しげなイーサン・ホーク。それだけで無性に嬉しい。

2020年11月23日
PCから投稿

ストックホルム症候群といえば、パッと思いつくものだとダニー・ボイルの『普通じゃない』を始め、様々な作品で取り上げられてきた題材だ。その原点となった事件を描く、とはいえ、本作に漂う空気感はどこか緊張と弛緩の間を行く独特のもの。理由はやはり俳優にあるのだろう。イーサン・ホークが楽しげにその役柄のエンジンを吹かせるだけで、見ているこちらも自ずと楽しげな気分に包まれる。これは固い絆で結ばれたホークと監督が、前作「ブルーに生まれついて」に続いて奏でるセッションのような映画と言えるかも。犯人コンビの場当たり的な犯行に似て、この映画も緻密に構成されているというよりは、むしろ個々の登場人物の魅力を引き出しながら、自由な雰囲気で織り成されているように思える。その意味では肩肘はらずに身を委ねるのが良いだろう。傑作とは言い難くとも、夜寝る前に思い出し「なんだか楽しかったな」と笑みがこみ上げるタイプの映画である。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

4.0医療や映画でも度々話題になる「ストックホルム症候群」という用語は本作の実話から生まれた!

2020年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

誘拐・監禁事件の被害者が犯人と長い時間をともにすることで、犯人に対し恐怖を通り越して、連帯感や好意を抱いてしまう状態に陥るケースもある「ストックホルム症候群」。
実は、この言葉は、1973年のスウェーデンのストックホルムで起こった銀行強盗から生まれた言葉なのです。本作は、その実在の事件に焦点をあて、一体何が起こっていたのかをコミカルなクライム・スリラー作品として作られたものです。
ただ、単なるドキュメンタリー的なものではなく、より普遍性が伝わるように、6日間の事件を3日間に凝縮されていたり、4人の人質を3人に集約されていたりしています。とは言え、あくまで実際にあったエピソードを、より分かりやすく伝えるための手法で、実話であることに変わりないと思います。
銀行強盗を決行するラースは、身元を隠すためアメリカ人に扮していたりと、割と行き当たりばったりなことも多く、この事件はどこか憎めないラースの人間性も関係していて、これが特殊な事例を生み出したんだな、と納得できます。
その主演のラースをイーサン・ホークが演じているのも大きく、彼の演技力によっても、よりそのことが伝わりやすくなっています。
個人的に驚いたのは、人質の一人である銀行員のビアンカはスウェーデン版の「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」でヒロインのリスベットを演じたノオミ・ラパスであったこと。見たときには全く気付かなかったので彼女の演技力はこの先も注目に値すると思います。
「ストックホルム症候群」という用語の語源を知る上でも良く、さらに作品の出来も良いので、公開規模は小さいのですが、見られる機会のある人はぜひ見てみてください。
冒頭の何気ないシーンの会話は、ラストにつながる意外と大事なものなので、そこを注意しながら見ることで、ラストの印象が変わると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
細野真宏

3.5ストックホルム症候群

りやのさん
2021年2月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

興奮

萌える

ストックホルム症候群という言葉が生まれた事件を題材にした作品。
被害者が犯人と長い時間をともにすると犯人に対し好意的な感情を抱いてしまう事があり、その状態を「ストックホルム症候群」というそうで、1973年に実際に起きた銀行強盗事件が語源らしい。
銀行員のビアンカとクララを人質に取りストックホルムの銀行に強盗に入り、人質と交換に金と逃走車を要求した犯人のラースと人質のビアンカの間に、連帯感が生まれてくる所が見所。
こんな事が有るんだという事実と、この言葉の意味を知れた事がこの作品を観賞した最大の収穫。
ビアンカ役のノオミ・ラパスが好演してた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
りやの

4.01972年ミュンヘン五輪と、1974年W杯西ドイツ大会の合間に起きた事件

2021年2月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
bloodtrail
すべての映画レビューを見る(全70件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る