異端の鳥

劇場公開日:

異端の鳥

解説

ナチスのホロコーストから逃れるために田舎に疎開した少年が差別に抗いながら強く生き抜く姿と、ごく普通の人々が異物である少年を徹底的に攻撃する姿を描き、第76回ベネチア国際映画祭でユニセフ賞を受賞した作品。ポーランドの作家イェジー・コシンスキが1965年に発表した同名小説を原作に、チェコ出身のバーツラフ・マルホウル監督が11年の歳月をかけて映像化した。東欧のどこか。ホロコーストを逃れて疎開した少年は、預かり先である1人暮らしの叔母が病死して行き場を失い、たった1人で旅に出ることに。行く先々で彼を異物とみなす人間たちからひどい仕打ちを受けながらも、なんとか生き延びようと必死でもがき続けるが……。新人俳優ペトル・コラールが主演を務め、ステラン・スカルスガルド、ハーベイ・カイテルらベテラン俳優陣が脇を固める。2019年・第32回東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門では「ペインテッド・バード」のタイトルで上映。

2019年製作/169分/R15+/チェコ・スロバキア・ウクライナ合作
原題:The Painted Bird
配給:トランスフォーマー
劇場公開日:2020年10月9日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第76回 ベネチア国際映画祭(2019年)

出品

コンペティション部門 出品作品 バーツラフ・マルホウル
詳細情報を表示

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

COPYRIGHT @2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN CESKA TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKY

映画レビュー

5.0大変な傑作

2020年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

35ミリフィルムのモノクロームのシネスコの映像は美しい。しかし、その美しい映像が照らし出すものはひたすらに残虐で醜い。これは人間の残虐な本性についての映像詩だ。人間に対しては口を聞かない主人公の少年は、ナチスの手から逃れるためにあてのない旅を続ける。彼が目の当たりにするものは、生き延びるためにはどんな残酷なこともいとわない人間たちの痴態だ。男も女も関係ない、ここには人間普遍の醜さがこれでもかと連続して描かれる。
しかし、本作は悪趣味な見世物とならない。この映画は観客を安全な立ち位置に置かない。お前も同じだと終始突きつける。ここに描かれた人々は、時には善良な小市民である。元々人間とはこういうものなのだと、人は生きるために残忍さを引き受けなくてはならない時があると冷徹に示しているのだ。
この映画はたしかに不快である。しかし、人の心に傷をつけ、意識を変えるのが本来のアートだ。まぎれもなく一級品のアートである。不快であっても目が離せない、観終わった後には世界が変わって見える傑作だ。

コメントする 1件)
共感した! 13件)
杉本穂高

4.5言葉の削減とモノクロ映像は“引き算の美学”

2020年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

知的

169分の長尺ではあるが、原作と比較するとかなり情報を間引いて整理しており、それが奏功している。少年の視点で綴られた小説は、地の文で彼の内声が記され、前半までは会話もする(都会育ちの少年の言葉が、疎開先で田舎者から攻撃される一因になる)。一方で映画の少年はほとんど言葉を発しない。これが観客の想像の余地を広げ、各自の経験や知識に重ねて感情移入する助けになる。

モノクロ映像が選択されたことの大きな利点は、原作で地域の住民と異なるとされた少年の瞳と髪と肌の色に関し、映画ではさほど差異が目立たないこと。大して違わないのになぜそこまで虐め攻撃するのかと、差別と暴力の理不尽さを強調する効果が生まれた。もちろん、墨絵に通じる省略の美、余白の味も認められる。

ナチスの戦争犯罪やユダヤ人迫害にフォーカスするのではなく、普通の人々の罪を提示したこと、そして少年自身の変容を描いたことにも喝采を送りたい。

コメントする (0件)
共感した! 14件)
高森 郁哉

4.5描かれた、ではなく、塗られた鳥

2023年12月8日
Androidアプリから投稿

悲しい

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
レイは!?★

4.0❇️監督のセンスが凄いかも⁉️

2023年8月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

怖い

異端の鳥

1939年〜第二次世界大戦中の東欧(東ヨーロッパ)

ホロコーストを逃れて祖母に預けられた少年。
母親が急死した事から、とんでもない地獄の旅が始まる!

この時代のユダヤ人少年の目線で描かれた作品で無知な民衆が差別、暴力で少年は追い込まれていく。

少年は何を想いどんな大人になってゆくのか?

長編バイオレンス成長サスペンス。

◉81C点。
❇️少年の感情を探る‼️ それが一番の見所。
🌀私が思う重要事項
この監督、凄いセンスを感じさせますが、ネットで言われている体験談の主張は無理があるかと思われる。

🟡見所5!
1️⃣写真の様なインパクトある画角が凄い⭕️

2️⃣ギリギリ生き渡る少年の人生と人々の暮らし、自然の脅威、暴力描写が凄い。

3️⃣2時間50分❗️そもそも残酷中盤から更なる
残酷描写❗️アウシュビッツ行きの電車の惨劇!

4️⃣一見、良い人からのダメ人間満載!となるべくしてなる少年の性格。

5️⃣まさかの成長劇で驚いた😱。
★彡スゲ〜なこの映画。そして監督‼️

🌀作家の余談!
残酷描写でヴェネツィア映画祭で途中退場が続出した問題作で、出版された本はポーランドで発禁書となる。

作家はホロコーストを流れ、アメリカに亡命し、英語をマスターしこの『異端の鳥』を出版自伝書として売れたのだが、内容がほぼ創作だった事が解り追い込まれた作家は自殺。

しかし作品の内容は子供目線で描いたホロコーストとして高く評価されて、長い歳月をかけて映画の脚本が出来て映画化となる!

🐈‍⬛🐈🐦‍⬛🏡🔥🥾🏞️🖼️🐐👦🏻🐀🪵🌽🥔🥄💮🈴🆘🔫🤛🤜✊👊🫵🫲

コメントする (0件)
共感した! 0件)
シネマを喰らう
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る