劇場公開日 2020年10月9日

  • 予告編を見る

異端の鳥のレビュー・感想・評価

3.7128
28%
48%
18%
3%
3%
採点

全128件中、1~20件目を表示

5.0大変な傑作

2020年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

35ミリフィルムのモノクロームのシネスコの映像は美しい。しかし、その美しい映像が照らし出すものはひたすらに残虐で醜い。これは人間の残虐な本性についての映像詩だ。人間に対しては口を聞かない主人公の少年は、ナチスの手から逃れるためにあてのない旅を続ける。彼が目の当たりにするものは、生き延びるためにはどんな残酷なこともいとわない人間たちの痴態だ。男も女も関係ない、ここには人間普遍の醜さがこれでもかと連続して描かれる。
しかし、本作は悪趣味な見世物とならない。この映画は観客を安全な立ち位置に置かない。お前も同じだと終始突きつける。ここに描かれた人々は、時には善良な小市民である。元々人間とはこういうものなのだと、人は生きるために残忍さを引き受けなくてはならない時があると冷徹に示しているのだ。
この映画はたしかに不快である。しかし、人の心に傷をつけ、意識を変えるのが本来のアートだ。まぎれもなく一級品のアートである。不快であっても目が離せない、観終わった後には世界が変わって見える傑作だ。

コメントする 1件)
共感した! 13件)
杉本穂高

4.5言葉の削減とモノクロ映像は“引き算の美学”

2020年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

知的

169分の長尺ではあるが、原作と比較するとかなり情報を間引いて整理しており、それが奏功している。少年の視点で綴られた小説は、地の文で彼の内声が記され、前半までは会話もする(都会育ちの少年の言葉が、疎開先で田舎者から攻撃される一因になる)。一方で映画の少年はほとんど言葉を発しない。これが観客の想像の余地を広げ、各自の経験や知識に重ねて感情移入する助けになる。

モノクロ映像が選択されたことの大きな利点は、原作で地域の住民と異なるとされた少年の瞳と髪と肌の色に関し、映画ではさほど差異が目立たないこと。大して違わないのになぜそこまで虐め攻撃するのかと、差別と暴力の理不尽さを強調する効果が生まれた。もちろん、墨絵に通じる省略の美、余白の味も認められる。

ナチスの戦争犯罪やユダヤ人迫害にフォーカスするのではなく、普通の人々の罪を提示したこと、そして少年自身の変容を描いたことにも喝采を送りたい。

コメントする (0件)
共感した! 13件)
高森 郁哉

3.0異質なものに対する差別を痛々しく描く

2023年1月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

難しい

なかなかしんどい映画でした。人によっては見るに堪えないシーンが満載ですが、これが人間なんだよ!という人間の本質をえぐってきます。目を覆いたくなるシーンが多く映像はモノクロなのに風景が映ると美しい。音楽なし主役の少年のセリフもほぼ無し。そして極めつけは169分という長丁場…。

一番の辛い理由は、その差別や迫害を受けるのがすべて1人の無垢であっただろう少年なのです。少年が様々な辛い経験を経て、変わっていく心理や行動をみているのは、本当に辛いものがありました。少年はいったい何を信じればいいのだろう。

本作で描くは一貫して異質なものに対する差別でした。容姿や肌の色の違いで標的にされるのです。

この映画で驚いたのは主演の子役の ペトル・コラールです。驚異の新人と言われてるように、全くの新人であったから驚きです。こんな辛くて重い役を見事に演じ切っています。

そしてもっと驚いたことは、まったく無名の監督による映画だということです。無名の監督が、11年の歳月をかけて、無名の幼い少年を主演としつつ、豪華な俳優を短い時間で出演させて、問題作と呼ばれつつも最終的には数多くの映画賞を受賞したという快挙なんですよね。いや~。これからも監督がどういう映画を作ってくれるんだろうと、否が応でも今後も期待させてくれます。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
だいふく

4.5重い…しかし素晴らしい

2022年12月14日
スマートフォンから投稿

怖い

人間の残虐さや醜悪さを見せつけられる映画です。クソみたいな世界の中で健気に生き延びる少年の姿が心に痛いです。
そして画面の構図がどれもカッコいいです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
さらさらパウダーシート

3.5ホロコーストから逃れる少年への差別を成長を通して描く 色違いの鳥が...

2022年11月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

難しい

ホロコーストから逃れる少年への差別を成長を通して描く
色違いの鳥が仲間に攻撃されて死ぬのとそれを楽しむ人の残酷さ
戦車がT-34なところを見ると少年を助けているのが旧ソ連軍だと思うのだけど昨今の情勢を考えるとなんともいえない感情にウクライナも含めた合作なのに

インタースラーヴィクという人工言語も初めて知った
エンディング曲がルドミラ役の人が歌ってて余韻を深める

コメントする (0件)
共感した! 0件)
UPtwHmNNLjBjFuAF

5.0言葉にできない

2022年11月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

怖い

素晴らしい映画だった。
目を覆いたくなる程ショックな映像やシーンが大半なので心苦しかった。
でもなんとなく途中で辞めてはいけないと思い見終わった。
自分の表現力がないせいで良さを伝えられないのが悔しい
それほどまでに素晴らしい映画だった

コメントする (0件)
共感した! 0件)
たろす

3.5異端を排除するという人間本来の醜さ

2022年11月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
ぽんぱる

4.5映像美と過酷な戦時下

2022年8月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
からあげクン

3.0年齢不詳映画

2022年8月27日
iPhoneアプリから投稿

50年代の映画かと思うほど冗長
白黒だし

コメントする (0件)
共感した! 0件)
マルボロマン

3.5PRIJEO TESIPRO ME 迎えに来て。

2022年8月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

寝られる

内容は、イコジー・コンシンスキの同名の原作小説を11年の構想の末に映像化に結びつける事が出来た映像作品。時代背景と場所は特定されない様にナチスドイツ下の東欧の何処か。10歳程の少年が親から離れ国を跨いで生き延びるスペクタクルでエキセントリックな作品。好きな言葉は『はい!叔母さん!』唯一無二の言葉は人に対して主人公少年がそれ以後口を塞いで、心を閉ざす始まりとなる。『怖がらないで、僕が助けてあげる』馬に対して話し掛ける言葉は、ある種主人公が死ぬ事は救いだと心の奥で望んでいる様にも見えた。非常に静かな映画の中は白黒で表現されていて、カラーだと生々しくて見てられないと思うほどの良い判断だと感じました。ひたすら逃げ惑う少年が段々とこころを閉ざしていく様は観ていて見応えがあります。好きな場面は、冒頭で叔母さんにエリーゼのためにを🎹弾いて聞かし、叔母さんは幼くして子供を置いていかざるをえなかった夫婦と残された子供の事を芯から共感し悲しんでいる様に見えました。だからまだ言葉が喋れ意思表示が出来てたのだと思います。迎えに来てと両親に向けて出す帆船型の帆には自分を含めた家族と空からのバイオリン🎻とも言われる日差しが描かれて希望を期待している所がとても複雑。インタースラーヴィク語と言う人造語を初めて取り入れた画期的作品は、随所に静かさ・無常観・寂寥感・閉塞感が言葉無い映像と息遣いから伝わってきます。英題『the printed bird』自由の象徴である鳥も自由でなく色分けされたこの世界の構造を上手く表してるなと感じました。ハリウッドの三幕構成とは違う作りになっているので観る人は退屈するかも知れませんが美しく残酷で激しく穏やかな素晴らしい作品に出会えて良かったです。実際の所は、何回か寝落ちしてしまいましたが…。

コメントする 2件)
共感した! 9件)
コバヤシマル

5.0戦いは民族対民族ではなく、権力者対権力者なのだと思う

2022年3月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

一年くらい前にTOHOシネマ川崎で見た。
今回、配信されていたので、3回目の鑑賞になる。
原作も読んでみた。映画と原作に微妙な違いがあると思う。
別の作品として扱えると思えた。

一つだけ注意しなければならない事は、ここで、主人公を虐げるのは、ナチスではないと言う事。それが大事だと思う。その象徴が、ナチスが主人公を逆に助ける。
この映画の各エピソードは全てフィクションだろうが、大きく見れば、ポーランドと白ロシアやウクライナ国境の近現代史と言える。ウクライナ対ロシアの以前から、虐げられたユダヤやロマ等の民族がいたし、その子孫は今でもいる。

コザックが登場するが、コザックはウクライナ人の一部と解釈される事もある。この映画でのジェノサイドを見たら、今の現実はなんだろうと思えてしまう。
やはり、戦いは民族対民族ではなく、権力者対権力者なのだと思う。従って、現在の争いは、ウクライナの政治権力とロシアの政治権力の戦いで、両国民がそれの犠牲になっていると解釈すべきだと僕は思う。そもそも、ウクライナには700万人以上のロシア人が普通に住んでいる。その国が軍事同盟のNATOに加盟すると、言い出す事自体がおかしい。あのフィンランドすら、NATOには加盟していない。因みにロシアはNATOの準加盟と聞いた事がある。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
マサシ

3.0悉く…

2022年2月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 16件)
KEI

3.5間が

2021年10月16日
Androidアプリから投稿

一つ一つのエピソードは面白いし、最後の終わり方もとても良い。けど芸術過ぎるなー。間が長い。その上言葉が少ないので眠くなること山のごとし。ウド・キアとかハーベイ・カイテルとかグリーンマイルのあの人とかいい俳優がずいぶん出てましたね。まあなんか完成度は高いだろうからどうしょうもないけど私が作るならもちょっとサカサカ進ませてせめて2時間以内におさめたいかな。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
三毛猫泣太郎

3.5 冒頭から嫌な予感しかしない。小動物を抱えてひたすら走って何かから...

2021年9月23日
iPhoneアプリから投稿

 冒頭から嫌な予感しかしない。小動物を抱えてひたすら走って何かから逃げる少年。予想通りに軍服を着た男達に捕まり、抱いていた動物もとりあげられて目の前で焼かれてしまう。何故そのような事態になったのかはよくわからない。
 東欧のどこかというだけで、場所もはっきりせず、少年の名前も年齢も明かされない。故郷を目指して旅をするのだが、どのくらいの歳月がかかったのかもわからない。
 とにかくいく先々で辛い体験をしてしまうので、観ていてとても辛くなる。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
アンディぴっと

4.0人間の本質を抉りつくして残ること

2021年9月10日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
ニョロ

1.0はまらず🙅‍♂️

2021年9月7日
iPhoneアプリから投稿

白黒でセリフ少なめ。自分は引き込まれなかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
@Jankichi@

4.0東欧の歴史

2021年9月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第2次世界大戦中の東欧の国、ナチスのユダヤ狩りから逃れるために、田舎の叔母に預けられた少年が主人公。
その叔母が突然死、火事になって焼け出されるが、その後過酷な遍歴が始まる。
多くのエピソードが目を覆いたくなる酷さで、観ていると辛くなる。
東欧が歩んだ道をそのまま少年に投影しているようで、ズシンと来る。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
いやよセブン

4.0残酷な人間ではなくて、人間が残酷なんだな

2021年8月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

残酷な世界をたくましく・・・なんて解釈は間違いだな。
残酷な世界で自分の居場所を探さなくてはいけない人間の悲しさを描いてると思う。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ドラゴンミズホ

3.5ホロコーストから生き延びた少年の人生

2021年7月31日
スマートフォンから投稿

この時代は苦しみの連続で、生きづらくて、今命があるだけ奇跡なんだなぁと思いました。小学生の作文みたいな感想ですみません(笑)

人間は醜くて争いや残虐行為や快楽行為が大好きな気持ち悪い生物ってのがよく出てますね。
絶望9割希望1割って内容です。

私は好きでした。
これは実際にあった映画として、勉強として観るべきだなとは思いました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
魅咲✝️

4.5The Painted Bird

2021年7月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 3件)
shimo