るろうに剣心 最終章 The Final

劇場公開日:

るろうに剣心 最終章 The Final

解説

和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した大ヒットシリーズ「るろうに剣心」の完結編2部作の第1弾。原作では最後のエピソードとなる「人誅編」をベースに、剣心の十字傷の謎を知る上海マフィアの頭目・縁との戦いを描く。日本転覆を企てた志々雄真実との死闘を終えた剣心たちは、神谷道場で平穏な日々を送っていた。そんなある日、何者かが東京中心部を相次いで攻撃。やがて剣心は、ある理由から剣心に強烈な恨みを持つ上海の武器商人・縁との戦いに身を投じていく。キャストには緋村剣心役の佐藤健、神谷薫役の武井咲、相楽左之助役の青木崇高、高荷恵役の蒼井優、斎藤一役の江口洋介らおなじみの俳優陣が再結集。新たなメンバーとして、シリーズ史上最恐の敵となる縁役を新田真剣佑、かつての剣心の妻で、剣心が不殺の誓いを立てる理由となった女性・雪代巴役を有村架純がそれぞれ演じる。

2021年製作/138分/G/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

監督
原作
和月伸宏
脚本
大友啓史
製作
高橋雅美
池田宏之
千葉伸大
瓶子吉久
森田圭
田中祐介
エグゼクティブプロデューサー
小岩井宏悦
プロデューサー
福島聡司
アクション監督
谷垣健治
撮影監督
石坂拓郎
照明
平野勝利
録音
湯脇房雄
美術
橋本創
装飾
渡辺大智
衣装デザイン
澤田石和寛
キャラクターデザイン
澤田石和寛
VFXスーパーバイザー
小坂一順
スーパーバイジングサウンドエディター
勝俣まさとし
編集
今井剛
音楽
佐藤直紀
主題歌
ONE OK ROCK
助監督
田中諭
長尾楽
アソシエイトプロデューサー
藤田大輔
ラインプロデューサー
宿崎恵造
スケジュール
桜井智弘
スクリプター
佐山優佳
製作担当
村松大輔
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)和月伸宏/ 集英社 (C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final」製作委員会

映画レビュー

4.5佐藤健VS新田真剣佑の非常に高度なアクション対決

2021年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

佐藤健VS新田真剣佑のあまりにも高度なアクション対決。
まずは、これに尽きる。ただ、演技力、芝居の延長線上にアクションがあるということを証明してみせたと言い換えることもできる。とにかく、この2人の映画といっても過言ではない。
なぜそんなに剣心が憎いのか、なぜ剣心と関わる全ての人までも難いのか。
それは、本編を鑑賞すればヒリヒリするような感覚で体感することができる。
ぜひ、迫力のある大スクリーンで見てもらいたい作品。

コメントする
共感した! (共感した人 24 件)
大塚史貴

4.0製作者たちの自信が現れている

2021年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

これまでにすでに3本ヒットさせているので、制作側も自信を持って作れている。リアリティラインをどの辺りに設定したらいいのかとか、殺陣の組み立て方とかも阿吽の呼吸というか、一つの確立された型ができているという印象だ。画も美しい。リアルなら取らないようなポーズを取らせて雪まで降らせて、絵画的な美しい画を作っている。ちゃんばらにも様式美を志向するものとリアルな殺し合いを志向するものがあるが、これは前者。しかもアニメ的なケレン味とポージングを生身の人間向けに洗練したている。これが様になるのは佐藤健以外にはちょっと思いつかない。
今作は土屋太鳳のアクションが増えていてよかった。彼女はもっとアクション映画に出るだし、邦画界は彼女をアクションスターとして育てるべき。彼女主演の超大作映画の企画をすべきだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 54 件)
杉本穂高

5.0殺陣のアクション映画の限界に挑戦し続けた集大成的な作品。単体でも楽しめると同時に最後に見ると、さらに楽しめる多層的な作品!

2021年4月23日
PCから投稿

本作は「ファイナル」を描いているため、これまでの3作品のキャラクターが登場しラストを盛り上げます。これは「るろうに剣心」という作品が「不殺の誓い」を主人公の緋村剣心が立てているため成り立つような本作ならではの構造であり、これまで見てきたファンには嬉しい仕組みでもあります。
ただ、最終章の最大のテーマである「剣心の頬にある十字傷」の謎を知る新田真剣佑が演じる「雪代縁」が新たに登場するので、本作から見ても楽しめると思います。
さらには時系列の関係で、本作の「The Final」には、「るろうに剣心 最終章 The Beginning」での描写も登場しています。そのため「The Beginning」を見た後に見ても、さらに楽しめる、という優れモノなのです。
本作の見どころは、これまでの登場人物が「ファイナル」として多く登場することに加えて、数々の斬新なアクションシーンが堪能できます。
特にアクションシーンについては、これ以上は考えられないほどのクオリティーになっています。私は邦画では初めて「ワイヤーアクションがワイヤーアクションに見えなかった」というくらい自然に展開されるシーンの数々に驚愕し、邦画の限界をさらに超えてきたと嬉しくなりました。
そして「不殺の誓い」の深さを感じると共に、「The Beginning」への期待も高まります。
いずれにしても、本作は文字通りの「ファイナル」を描き切っていて、邦画の実写作品の限界に挑んできた集大成にふさわしい映画となっていたと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 83 件)
細野真宏

2.5終わったことをグチグチと掘り返すなでござる!💢 鉄剣制裁ボコー⚔

2022年9月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

楽しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 21 件)
たなかなかなか
すべての映画レビューを見る(全527件)