フリーソロ

劇場公開日

フリーソロ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロープや安全装置を一切使わずに山や絶壁を登る「フリーソロ」と呼ばれるクライミングスタイルで世界的に知られるクライマー、アレックス・オノルドの緊迫感あふれるクライミングに密着したドキュメンタリー。ナショナル・ジオグラフィック誌の表紙を飾るなど、世界で著名なクライマーの1人として活躍するアレックス・オノルドには、1つの夢があった。それは、世界屈指の危険な断崖絶壁であり、これまで誰もフリーソロで登りきった者はいない、米カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑むこと。この前人未到のフリーソロのために幾度の失敗と練習を重ねてきたオノルドは、2017年6月3日、ついにエル・キャピタンへの挑戦を開始する。オノルドが登攀する様子を臨場感あふれるカメラワークで収め、第91回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞。監督は、山岳ドキュメンタリー「MERU メルー」も高い評価を得たエリザベス・チャイ・バサルヘリィ&ジミー・チン。

2018年製作/100分/G/アメリカ
原題:Free Solo
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第91回 アカデミー賞(2019年)

受賞

長編ドキュメンタリー賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2018 National Geographic Partners, LLC. All rights reserved.

映画レビュー

4.0笑顔が怖くなる

郷愁さん
2019年9月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

幸せ

私みたいに高所恐怖症の人間が怖いもの見たさに行くなら最高かも。

完全ドキュメンタリーなのに構成がしっかりしているから映画としても成立していてお見事としか言えません。

そして主役の彼がもう、なんていうか、リアルなんですね。
家族や恋人との話も決して素敵とは言い難い部分もあり生々しさ倍増で、それが良くない未来を想像してしまって…。

そしてあの笑顔ですよ
シャイな彼が見せる笑顔は、他人を受け入れられていない人のそれに見えて、私には怖かった。

悪い人が出てこないだけのホラー映画のような、不安と緊張とスリルと冒険を見せてくれます。

興味があるならオススメできます

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
郷愁

4.5キューーーーっとなるレベルを超えてた。

2019年9月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

高所恐怖症です。でも、こいつは質が違う。眺めが余りにも現実離れし過ぎていて、ビビるだの縮み上がるだのの範疇を飛び越してます。

クライマーは恐怖心と戦い、乗り越えようとしている人達なんでしょうか?

神経ホルモンの話。ある化学物質について、その物質が生成する前の段階の物質のことを「前駆体」と言います。「闘争か逃走か (fight-or-flight)のホルモン」や「生存本能ホルモン」と呼ばれ、興奮状態になると分泌される「アドレナリン」の前駆体は「ノルアドレナリン」。その前駆体は「ドーパミン」。「ドーパミン」は「快の感情」をつかさどる脳内麻薬の代表。

本来なら「アドレナリン」が分泌されるべき場面で、その前駆体である「ドーパミン」で生成が止まり、分泌されてるんじゃないのかと思ったりしたけれど。

入念な準備と鍛錬で成功の確信を持って、不可能と思われる壁に挑戦する人達。参りました。

ドキュメンタリーの泣かせ役、サンニの明るさに思う。「女って強いよなぁ」。彼女の愛の半分は、アレックスへの母性に見えた。

挑戦もほどほどにして欲しい。サンニのためにも。無理なんでしょうね、多分。死ぬなよ。

ついでに車オタしとくと。
アレックスの愛車は、Dodge Ram Van Camper Conversion。年式不明。前席は、おそらく合皮のRECAROに換装されていました。新車で6万ドルくらいの車ですね、今なら。日本じゃでか過ぎて、乗る気は起きんけど。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
bloodtrail

4.5イカれてる

2019年9月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

ド変態なんだけど、そうじゃなきゃ何も成し遂げられないんだよな。
突き抜けてる。
最後の彼の笑顔が最高だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
にしゃーん

3.0なんか感動!

Kayoさん
2019年9月16日
Androidアプリから投稿

ドキュメントなのにうまく構成してあり自然とストーリー立つてます!ただ登山なんかした事のない私がみるとなんか映画でなく情熱大陸スペシャルでみたかったです!高所恐怖症の私は理解できない世界でした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Kayo
すべての映画レビューを見る(全40件)