ビーチ・バム まじめに不真面目

劇場公開日

ビーチ・バム まじめに不真面目

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「GUMMO ガンモ」「スプリング・ブレイカーズ」のハーモニー・コリン監督が7年ぶりに長編映画のメガホンをとり、「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒーが放蕩の詩人を演じた人間ドラマ。かつて1冊だけ出版した詩集が大成功を収め、天才と称賛された詩人ムーンドッグ。その後はずっと資産家の妻に頼り、パーティ三昧で酒とマリファナと女に溺れる生活を送り続けてきた。フロリダの太陽と海に囲まれながら自由気ままな人生を謳歌するムーンドッグだったが、ある出来事をきっかけに、新しい詩集を出版しなければ無一文になるという窮地に陥ってしまう。ムーンドッグの親友を人気ラッパーのスヌープ・ドッグ、資産家の妻を「グランド・イリュージョン」のアイラ・フィッシャーが演じる。共演に「グレイテスト・ショーマン」のザック・エフロン、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のジョナ・ヒル。気鋭のデザイナー、ハイディ・ビベンズによる個性的な衣装にも注目。

2019年製作/95分/R15+/アメリカ
原題:The Beach Bum
配給:キノシネマ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)2019 BEACH BUM FILM HOLDINGS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0奔放すぎるマコノヒーに翻弄され魅了された

2021年4月30日
PCから投稿

まさか「ダラスバイヤーズ・クラブ」を凌ぐマコノヒーと出会えるとは思わなかった。本作の彼は強烈だ。マリファナとアルコールに身を捧げ、常にニヤケ顔で足元ふらつきっぱなし。そんな一昔前の”酔いどれ詩人”風な生き様を、穏やかかつピースフルなテンションでずっと保ち続けるマコノヒーのカリスマ性はやはりとんでもないほど異常だ。この映画が伝えたいことは何なのか。ストーリーに意味はあるのか。そんなことを考えだすと、核心っぽいことはぜんぶ指の隙間からサラサラとこぼれ落ちてしまいそう。本作はむしろ波間に浮かぶ小舟のごとく、なすがままに身を任せるのが良いのかも。そうやって初めて、詩人としての彼のヴィジョン、あるいは人生観や生き様と照準を重ね合わせることができる。当然、好き嫌いはあるだろう。評価も大きく分かれるはず。だが個人的には、40代後半となったハーモニー・コリン監督の作品を、今回ようやく心から愛せた気がした。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
牛津厚信

5.0今こそ笑おう

Raspberryさん
2021年11月26日
iPhoneアプリから投稿

残酷でひどい現実にいて、楽しい時間を過ごすことによって抗議する。『スプリング・ブレイカーズ』の精神的な続編のよう。今回は歪んだ形ではなく真っ直ぐな印象。”Fun is the gun”。それが原動力、とムーンドッグは言う。

煙、ビーチ、海と溶け合う太陽、カラフルな光線、バラード。ひとつのシーンでそれらのショットがリズミカルに切り替わり、まるで夢を見ているような感覚になる。

そこで、はたと気付かされた。全編に渡り、余計な効果音がほとんど入っていないのだ。どうりで言葉と音楽がクリアに際立つわけだ。そう言えば夢の中で、小さな音って聞こえない。

衣装、撮影、音楽、美術…。天才のもとに一流のスタッフが勢揃いしたのでしょう。
映画作りというかなりしんどい作業に耐えるには、イカれた頭と、美しさを見つける精巧なセンサーが必要。この作品には最高に精密なセンサーを感じた。

「ポンヌフの恋人」以来の花火が、過去とカネを破壊して喜劇は幕を下ろした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Raspberry

2.5キュアーが爆音で

sanojapanさん
2021年11月24日
Androidアプリから投稿

オッサンが酒のんでラリってるだけの映画。見所も特に無し、Hコリン監督、どうした?スヌープがマイク持ち出してラップ風に呟くとこはファン必見。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sanojapan

5.01960年ほど自由じゃない映画だけど

そんぼさん
2021年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

かつてのアメリカの自由。
社会や国より、自分の自由を唯一のものだと信じた。
そう言って、歌を歌い、マリファナを吸い、太陽の下へ向かった。ほんとうにそう信じていた。
だからといって何もなかった。何もなくともその空気だけが真実だったしすべてだったのだ。しふしぎな時代。二度とない時代。アメリカ以外でぜったいない空気だった。

こんな役をやるのは彼しかいない。、
マシュー・マコノヒー
唯一無二の存在。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
そんぼ
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る