劇場公開日 2021年4月30日

  • 予告編を見る

ビーチ・バム まじめに不真面目のレビュー・感想・評価

3.321
12%
43%
33%
10%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全21件中、1~20件目を表示

4.0奔放すぎるマコノヒーに翻弄され魅了された

2021年4月30日
PCから投稿

まさか「ダラスバイヤーズ・クラブ」を凌ぐマコノヒーと出会えるとは思わなかった。本作の彼は強烈だ。マリファナとアルコールに身を捧げ、常にニヤケ顔で足元ふらつきっぱなし。そんな一昔前の”酔いどれ詩人”風な生き様を、穏やかかつピースフルなテンションでずっと保ち続けるマコノヒーのカリスマ性はやはりとんでもないほど異常だ。この映画が伝えたいことは何なのか。ストーリーに意味はあるのか。そんなことを考えだすと、核心っぽいことはぜんぶ指の隙間からサラサラとこぼれ落ちてしまいそう。本作はむしろ波間に浮かぶ小舟のごとく、なすがままに身を任せるのが良いのかも。そうやって初めて、詩人としての彼のヴィジョン、あるいは人生観や生き様と照準を重ね合わせることができる。当然、好き嫌いはあるだろう。評価も大きく分かれるはず。だが個人的には、40代後半となったハーモニー・コリン監督の作品を、今回ようやく心から愛せた気がした。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
牛津厚信

4.5うらやましい!

2021年7月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

最低なのにハッピー!
こういう生き方は才能がないと出来ないなぁ。うらやましい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ドラゴンミズホ

3.0自由に楽しく生きるって覚悟が必要

2021年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

合わなかったなぁ、残念ながら。
なんでだろなぁ、無軌道な主人公への
羨望にも似た苛立ちが邪魔してるのかな?
楽しむのは一番ってことはわかってるけど
それをやるのが大変なんだよ、お前は誰もが
認める天賦の才があるからそれができるんだよ。
なーんて毒づきながら観ちゃったからですかね。

本作で描かれてるムーンドッグって、
凡人が想像する天才像みたい。
アーティストはインスピレーション求めて
酒に女にハッパに・・・って。
でも、まぁ、わかりやすいのかな。

合わなかったのは、ムーンドッグが
あまりにモラル欠如してたからかなー。
下品だし、犯罪にも手を染めるし。
こんなことを言ってるあたり、僕は小物(笑)
でも客観的に見て気持ちのいい風景では
なかったから仕方ないです。

あー、僕の周りにもいる、好き勝手に自由にやってる
ようにしか見えないのに、結果を出している人を見る
ときと同じ感覚だな、これ。
平気で遅刻を繰り返しているのに、なぜか慕われる。

あの腹立たしさに似てるかなぁ・・・?

でも、結果には理由がありますから、僕は
何かが見えていないのでしょうね。

そんな見えていない側面は本作のラストですかね。
あの豪快さはムーンドッグの変わらぬポリシーと
覚悟、そして自信の現れか。

あれを僕ができるか?・・・きっとできないな。
なーんて、なぜか自らを振り返ってしまいました。

結構、ズンズンと生き方について考えることを
求める作品ですが、やっぱりムーンドッグの
ノン・モラルな日常が苦手だったなぁ。
もっとコメディっぽい作品だったら、印象は
良かったかもしれません。

けど、良作ですかね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バリカタ

5.0自分の追い求める幸せ

mi2k1さん
2021年6月28日
スマートフォンから投稿

泣ける

楽しい

知的

自分のなりたい自分と他人が作りあげる自分が、同一人物になればそれ以上の幸せはない。と思った。

ラストシーンのバラマキと街の人たちの笑顔が素晴らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mi2k1

4.0とても辛いことを乗り越えた時のマコノヒーの表情がすべて

2021年6月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

カラッとした陽射し、青い空、青い海、波に揺られる舟の上、寝っ転がっているムーンドック。
まさにストーリーを象徴するイメージ。ムーンドックは状況に身を任せゆらゆらと漂う。

心地よい音楽が終始流れている。酩酊感。
音楽の使い方や主人公の「わかっちゃいるけどやめられない」中年オヤジ感。
“さらば愛しきアウトロー”を思い起こす。

中年になったハーモニー・コリンの憧れがムーンドックに投影されているのだろう。

ラストの燃え盛るクルーザーから逃れボートの上で見せるマコノヒーの表情。
悲しさはあるのだけれどカラッとした明るい涙。
その一瞬のためにこの映画はある。

ムーンドックはとても妻を愛していたんだと思う。
妻との細かいストーリーが盛り込まれていなくてもあの表情と涙で分かる。

辛いことや悲しいことを拒否し逃避して徹底的に快楽を求める人は
本当に辛いことや悲しいことがあった時にウジウジ、グジグジ、シクシク出来ない。
ネガティブになれないのとても辛いことだと思う。

マコノヒーのあの表情を観るだけに映画館へ出向く価値はあります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sweet back mantra

2.5虚しいなぁ...

hkr21さん
2021年6月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ジェントルマン見てからの
ビーチ・バム!

20代あたりで観ていたら、
こういう作品を良いっ!て言う自分って、
サブカル寄りで、ちょっとイケてるんじゃない?
なんて勘違いしていたから、誉めていた作品かもね(苦笑)
あの時代、ハーモ・ニーコリンってだけでね。

しかし、アラフィフになった今、こんな大人に憧れるほど、あたしも若くないのよね…。
ムーンドッグ、まじ、ウ○コだわ(苦笑)
面白かったような気もするが、なんだか虚しいかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hkr21

2.0グズグスの天才詩人

りやのさん
2021年6月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
りやの

3.0タイトルなし

Shiroさん
2021年6月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

クーラーも気持ちよく、まじめに不真面目なシーンずーっと見てると眠くなっちゃいました~。
素敵な奥さまでよかったですね✨

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Shiro

3.5破天荒に脳天気

2021年6月12日
Androidアプリから投稿

ジェントルマンで笑わないマコノヒーを観たあとに、笑いっぱなしのマコノヒー。

混乱するけど、役者ってすごい。

一度きりの人生で、そうそう出会わない災難に何度も遭遇しても、動じない。

プライドとか常識とか関係ない。
それでも愛されキャラ。
だれにも嫌われないし、嫌がられてない。
金持ちだから?

本気で愛してくれる人がいて、才能を信じてくれる人たちがいる。

才能かぁ~
人を唸らせる言葉があるからか?

軽くて、ハチャメチャで、クズみたいに見える男の話だけど、それだけじゃない。
なんか、こんな風に生きられたら…だれも責めず、怒らず、何も求めず。

こんな父親嫌だけど、親も子もぶっちゃけ過ぎて、それでも信じあえてるって、生活に余裕があるから?

なんか、軽いんだけど、ガツンとくるもの あったなぁ~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミツバチば~や

3.0【”悲しいほど、能天気・・” 物凄く器の大きな詩人のおバカな生き方が、何だか清々しい作品。】

NOBUさん
2021年6月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

単純

幸せ

ー ”ムーンドッグ(マシュー・マコノヒー)は、ひたすらに酔い、時折詩を口ずさみ、どんな時でも笑顔を浮かべ、決して涙を流さない・・”と書くとブローティガンのようで、何だか格好良いが、
 映画の中のムーンドッグは、サイケデリックなシャツをひらつかせ、人前でも気にせずに、お姉ちゃんとヤッチャッたり、ハッパを燻らしたり、遣りたい放題である。
 だが、何故か、彼は人々から愛される。
 明るい、自由人だからであろうか? ー

・愛妻で、お金持ちのミニー(アイラ・フィッシャー)が自動車事故で亡くなっても・・、自分も怪我をしているのに、枕もとで優し気に妻の顔を見ているムーンドッグ。

・親友(スヌープ・ドッグ)から”実は、ミニーと寝ていたんだ・・”と告げられても、”知ってるよ”と笑顔で応えるムーンドッグ。

・知り合いのイルカを見せる船長が、サメに足を食いちぎられちゃっても・・、笑顔でポーズ。

◆家を壊しちゃって、到頭施設に送り込まれたムーンドッグが、”日の丸ハチマキ男”(ザック・エフロン)と施設を逃げ出すシーンは、爽快感すら感じる。
 ”The Cure”の”Just Like Heaven”が大音量で流れる中、車をかっ飛ばす二人の姿。
 別れの際にも、ムーンドッグは笑みを浮かべ、”日の丸ハチマキ男”と握手を交わして別れる。

<今作は、物語の作りとしては、相当粗いが、それをマシュー・マコノヒーの突き抜けた笑顔と、はっちゃけた行動がカヴァーしている。
 たまには、こういう映画も良いものだ。>

<2021年6月6日 刈谷日劇にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

4.0破天荒だがブレることなし

2021年5月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

マシュー・マコノヒーが放蕩の詩人を演じた。

アメリカ最南端のフロリダ州キーウエスト島。太陽と海に囲まれて自由気ままに生きる天才詩人ムーンドッグ。妻は資産家で金に不自由することなく酒とマリファナと女に溺れる日々。

苦労もなく好き勝手に生きるってどうだろう?
しらふの時がないのってどうだろう?

自分には100%縁がない世界。
嫌悪と羨望が入り乱れ複雑な思いが。

才能ある夫を愛する一方で自身の生活をきっちり謳歌する妻を演じたアイラ・フィッシャーが良かったなぁ。グッときた。なので彼女の悲劇が一番こたえた。

最後までブレることがなかったムーンドッグ。これは究極のファンタジーじゃないかと思えてきた。悪くないと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
エロくそチキン

3.0フラフラ癖が刺激された

2021年5月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

紆余曲折も無く、全編通して自由な様を描いているのはあっぱれだったが、バブルな時代を引きずってるかの様な雰囲気に古臭さも感じてしまった。

しかし自分の中に潜むフラフラ癖も、全部手放したくなる衝動も刺激されてしまった事は否定できない。
上げ気味なイメージだけは見習いたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 19 件)
パプリカ

2.0人生を消費する天才

movieさん
2021年5月8日
Androidアプリから投稿

21051.Moondogといえば、「The Viking of 6th Avenue」ルイス・トーマス・ハーディン。常軌を逸したような生き方を重ね合わせる事が出来る

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
movie

4.0異次元

2021年5月7日
Androidアプリから投稿

こち亀の両さんみたいなキャラ。
映画でしか出会えない人物に出会えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
シネマんディアス泉本

2.5破天荒すぎると少し引く

kenshuchuさん
2021年5月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 22 件)
kenshuchu

3.5すべて笑いに変えてしまうユルさ

2021年5月3日
PCから投稿

コメディとしては秀逸。

この主人公に感情移入はまったくできないし、憧れることもないし、羨ましくもない。
しかし、なんかこう……
シリアスなシーンもすべて笑いに変えてしまうユルい演出と、「変なキャラだなー」と観察気分で楽しめる感じ。

予測不能の行動そのものがエンタメ要素。
真の「放蕩」とはこれだ!とばかりに、とことん自由、とことん馬鹿で本能のまま。
依存症を克服する姿や、抜けられない地獄を描く映画が多い中、この作品は「ダメでいいじゃない」「ろくでなしは所詮ろくでなし」とやりっぱなし。

努力を一切しない『無責任男』シリーズか?
いやいや、『ハングオーバー』シリーズ? 『ビルとテッド』シリーズ?
『最後のパーティー』(2016)、『プロジェクトX』(2012)、『TED』(2012)『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』(2020)みたいなノリ?
人を殺すことのない、『ダークナイト』(2008)のジョーカーとか、最初の『スーサイド・スクワット』(2016)のハーレイ・クインにメンタリティが近い気もして。

あらすじには「窮地に」なんて書いてありますが、実際に映画を観てみると本人は全く窮地だと思ってなくて、すべてを楽しんでいるように見えました。

でも、絶対に真似しちゃだめよ(笑)

コメントする
共感した! (共感した人 21 件)
コージィ日本犬

3.5イカれポンち

2021年5月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

難しい

まるで現代のビートニク、ヒッピー・ムーブメントの残党、ブコウスキーも羨ましがる生活、ジェフ・スピコーリの将来像、マシュー・マコノヒーが「サーファーのプライド」で演じた延長線上をクレイジーに!?

詩を朗読する場面はありながら全くもって詩人、作家として成功した説得力は微塵も感じられない、クソみたいな奥さんと思いきや夫であるムーンドッグを愛する気持ちは本物、頼りがいのある凡人と才能だけの堕落した男、後者のような生き方には憧れを持ちながら、周りの過剰な優しさに甘え才能を保健に好き勝手し放題で生きられる余裕を醸し出す不謹慎だらけに愛着が持てるか、不愉快に感じるのか。

笑っちゃうデカいマリファナ、ザック・エフロンのボーダー柄なヒゲ、意味不明なマコノヒーの女装、途中からジョーズに様変わりな展開に片足くらいは大したことがない世界観など、アホみたいにイカれたシーンだらけの割にホノボノと和める癒しが沸々と!??

ハーモニー・コリンの映画として観たら傑作、マシュー・マコノヒーの映画として観たら駄作?
ハーモニー・コリンの新作を観れた喜びは計り知れない、世の中所詮は才能ありき凡人には虚しい限り。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
万年 東一

3.5人生楽しみ尽くすこと

2021年5月1日
Androidアプリから投稿

FUN is a fucking Gun. 50歳のマシュー・マコノヒー、一世一代のハマり役で大好演!ノリノリな独壇場に抗えない気だるさとオフビートな笑い。作品を漂うゆる〜い空気に、月に手を伸ばすように《ローだからハイになれる》ブッ飛べる、今を生きる犬の遠吠えと喧騒。正直、どの作品もそんなにハマらないのに何故か新作があるとチェックせずにはいられない奇才ハーモニー・コリン待望の新作。デビュー当時は恐るべき子供なんて言われていた彼も50歳手前。そんな同時代を生きてきた二人が組んだ本作はやっぱりなんとも不思議な魅力にキラキラと光り輝きユルりとヘンテコな一本だった。
Time to lift off. ムーンドッグ役マシュー・マコノヒーとランジェリー(ほとんど本人?)役スヌープドッグ。最初誰だか一瞬分からなかったくらい痩せたジョナ・ヒルにすごいヒゲしたザック・エフロン、そしてマーティン・ローレンスとキャラの濃いバトンリレーが楽しい。いつだって陽気にゴキゲン。例えば『時計じかけのオレンジ』ほどキッチリしたものではないかもしれないけど、本作にも大きな波・弧を描くような流れとしての反復を感じた。そしてやっと求めていたものを再び得られたにも関わらず最後に主人公がする決断がまたよくて、映画的にもカタルシス。変に説教臭くなくて良かった。人生というスプリングブレイク楽しみつくそう!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 23 件)
とぽとぽ

1.5Bark at the Moonはバカだもん

Bacchusさん
2021年5月1日
Androidアプリから投稿

楽しい

単純

寝られる

100億ドルを超える資産を持つ嫁に愛される天才と呼ばれる程の才能がある遊び人な詩人のお話。

結婚を控える娘と嫁をマイアミの自宅に放置して、キー・ウェストで一人、酒にハッパにコークに女と好き勝手な生活を送る、過去に1作大ヒットを飛ばしたことのあるヒャッハーなオッサンに、娘の結婚式の為に戻ったマイアミで転機が訪れるストーリー。

嫁も中々ぶっ飛んでいて、まあなんというかナイスカップルではあるけれど、酒かハッパで常に酔っぱらっている様な感じからあっさり訪れる転機と、唐突にのしかかってくる嫁の愛情。

そこからの展開は、この主人公らしいといえばそうだけれど、あまりにもスーダラ節が過ぎませんか?
コメディというには笑いも少ないし、終始愉しげな空気という感じでもないし。

最後だけ上手くまとめた感じだけど、感謝もリスペクトも無いクソ野郎が、労せずして悠々自適な人生を手に入れるだけのヒューマンドラマって面白いですかね?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
Bacchus

3.0サブタイトルどおり

かんさん
2021年5月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

まじめに不真面目ですね!
ラストは、ビックリしました。
白い猫なんですね。

初めて、キノシネマ横浜みなとみらい映画館に行きました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 19 件)
かん
「ビーチ・バム まじめに不真面目」の作品トップへ