“隠れビッチ”やってました。

劇場公開日

“隠れビッチ”やってました。
“隠れビッチ”やってました。
10%
55%
23%
8%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

あらいぴろよの同名コミックエッセイを、「旅猫リポート」「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の三木康一郎監督が映画化。見た目は清楚だが思わせぶりな言動で男を翻弄する「隠れビッチ」な女性の恋模様を描いた。異性からモテ続けることで承認欲求を満たしてきた女性ひろみは、相手の気持ちだけをもてあそびながら体の関係は断るというゲームのようなやり口で恋愛を楽しんでいた。そんな彼女の様子に、ルームメイトであるバイセクシャルの晃と恋愛に失敗してばかりの親友・彩は驚きを隠せずにいた。見た目は清楚だが計算し尽くした言動で男を落とすハンターぶりから、彩は彼女を「隠れビッチ」と名付ける。そんなある日、職場に気になる男性が現れたことで初めて自分の本音と向き合うことになったひろみは、晃からの叱咤を受け、「自分に必要なもの」を探し始めるが……。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の佐久間由衣が映画初主演を務め、村上虹郎、大後寿々花、森山未來ら実力派が共演。

2019年製作/112分/G/日本
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)「“隠れビッチ”やってました。」フィルムパートナーズ/光文社

映画レビュー

3.5承認欲求の現代性と佐久間由衣の挑戦

2019年12月7日
PCから投稿

笑える

楽しい

主人公は共感を得づらい女性像だが、ソーシャルメディアでリア充アピールや“映え写真”投稿でいいねの数を競い合う昨今の人間関係のありようを象徴する。彼女ほど極端ではないにせよ、恋愛面でも人付き合いの面でも、ほめられたい、好かれたいと思うのは自然な欲求だし、それをより多く求めてしまう、ある種の依存状態になるのも理解できる。だが娯楽にせよ嗜好品にせよ適量が肝心で、過度に依存すると自分を壊す。恋愛も同じ。

佐久間由衣は本作が映画初主演。「ひよっこ」で初めて知ったが、資質に恵まれた女優だと思う。女性からも男性からも嫌われそうなひろみ役をよく受けたと感心するし、鼻をほじったりする露悪的な演出にも応えて熱演している。ただ今作ではその資質を活かし切れていない。洋画ならかつてのジョディ・フォスターや最近のジェシカ・チャスティンが演じてきたような強い女性像が似合いそう。精進して好機をつかんでほしいと願う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
高森 郁哉

4.0映画史に残る超ネガティブ思考

2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿

重く暗い。
ストーカーとDVの被害者加害者の予備軍達が実行修羅場の手前で踏み留まるだけがこの世。
お前もなと暗闇から肩を叩く。
映画史に残る超ネガティブ思考。
結果最も不気味な森山未来の殺戮ホラー前日譚と見るか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.0

2020年12月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

自分の弱さに気づき、
相手の弱さを受け入れる事が愛。
笑ってる二人は素敵。
もう都合のいい男は不要のはず。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
上みちる

3.0【”他人に厳しく、自分に甘く・・”ある理由により、ナカナカに面倒くさい性格の女性が少しだけ成長する姿を描こうとした作品。】

NOBUさん
2020年12月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

単純

幸せ

ー 荒井ひろみ(佐久間由衣)は、コジ:家事全般担当:ゲイらしい・・(村上虹郎)と彩(大後寿々花:何だか、久しぶりである。)とシェアハウスをしながら”数々の男から好き”と言わせて、心の寂しさを埋めている・・。-

■前半は、”しょうがないなあ・・、ひろみは・・・、鼻をほじるのは止めようね・・。”
 と思いながら鑑賞。

 ある日、気になっていた安藤(小関裕太)との関係性が良好になるが・・、あっさり”撃沈”

 へべれけになるまで、公園で飲んで、酔いつぶれた姿を、同じデパートで働く三沢(森山未來:このような役もやるんですね・・。)に見られてしまい・・。

 けれど、何故か三沢さんから、告白されたひろみであるが、その我儘な気性により、三沢さんから”一カ月別に過ごそう・・、嫌いになってしまう・・”と言われてしまう。

 - 彼女の我儘で自分勝手で荒い気性が、気になるが・・、
 後半その気性はDVで彼女と母を傷つけていた父(三石研)から、”引き継いでしまったモノ”、とヒロミが気付く場面。
 成程なあ・・、それは、ショックだね・・。-

◆一か月後に、三沢さんがひろみの家に来ていて・・。
 嬉しいけれど、自分の気性の理由を知ってしまったひろみは三沢さんの事を考えて、”別れて・・”と三沢さんに告げるが・・。
 - 成長したね・・。人の気持ちを考えて、人に優しくなったじゃないか・・。>

<三沢さんの懐の深さに、”優しなあ・・、ひろみも、もっと”自分の弱さを認めて”、人に優しい人になりなよ・・、と思った作品。
 さて、安藤からのラインを見た彼女は、どうしたのかな??>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全39件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「“隠れビッチ”やってました。」以外にこんな作品をCheck-inしています。