劇場公開日 2019年12月6日

  • 予告編を見る

“隠れビッチ”やってました。のレビュー・感想・評価

3.339
10%
55%
23%
8%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全39件中、1~20件目を表示

3.5承認欲求の現代性と佐久間由衣の挑戦

2019年12月7日
PCから投稿

笑える

楽しい

主人公は共感を得づらい女性像だが、ソーシャルメディアでリア充アピールや“映え写真”投稿でいいねの数を競い合う昨今の人間関係のありようを象徴する。彼女ほど極端ではないにせよ、恋愛面でも人付き合いの面でも、ほめられたい、好かれたいと思うのは自然な欲求だし、それをより多く求めてしまう、ある種の依存状態になるのも理解できる。だが娯楽にせよ嗜好品にせよ適量が肝心で、過度に依存すると自分を壊す。恋愛も同じ。

佐久間由衣は本作が映画初主演。「ひよっこ」で初めて知ったが、資質に恵まれた女優だと思う。女性からも男性からも嫌われそうなひろみ役をよく受けたと感心するし、鼻をほじったりする露悪的な演出にも応えて熱演している。ただ今作ではその資質を活かし切れていない。洋画ならかつてのジョディ・フォスターや最近のジェシカ・チャスティンが演じてきたような強い女性像が似合いそう。精進して好機をつかんでほしいと願う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
高森 郁哉

4.0映画史に残る超ネガティブ思考

2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿

重く暗い。
ストーカーとDVの被害者加害者の予備軍達が実行修羅場の手前で踏み留まるだけがこの世。
お前もなと暗闇から肩を叩く。
映画史に残る超ネガティブ思考。
結果最も不気味な森山未来の殺戮ホラー前日譚と見るか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.0

2020年12月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

自分の弱さに気づき、
相手の弱さを受け入れる事が愛。
笑ってる二人は素敵。
もう都合のいい男は不要のはず。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
上みちる

3.0【”他人に厳しく、自分に甘く・・”ある理由により、ナカナカに面倒くさい性格の女性が少しだけ成長する姿を描こうとした作品。】

NOBUさん
2020年12月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

単純

幸せ

ー 荒井ひろみ(佐久間由衣)は、コジ:家事全般担当:ゲイらしい・・(村上虹郎)と彩(大後寿々花:何だか、久しぶりである。)とシェアハウスをしながら”数々の男から好き”と言わせて、心の寂しさを埋めている・・。-

■前半は、”しょうがないなあ・・、ひろみは・・・、鼻をほじるのは止めようね・・。”
 と思いながら鑑賞。

 ある日、気になっていた安藤(小関裕太)との関係性が良好になるが・・、あっさり”撃沈”

 へべれけになるまで、公園で飲んで、酔いつぶれた姿を、同じデパートで働く三沢(森山未來:このような役もやるんですね・・。)に見られてしまい・・。

 けれど、何故か三沢さんから、告白されたひろみであるが、その我儘な気性により、三沢さんから”一カ月別に過ごそう・・、嫌いになってしまう・・”と言われてしまう。

 - 彼女の我儘で自分勝手で荒い気性が、気になるが・・、
 後半その気性はDVで彼女と母を傷つけていた父(三石研)から、”引き継いでしまったモノ”、とヒロミが気付く場面。
 成程なあ・・、それは、ショックだね・・。-

◆一か月後に、三沢さんがひろみの家に来ていて・・。
 嬉しいけれど、自分の気性の理由を知ってしまったひろみは三沢さんの事を考えて、”別れて・・”と三沢さんに告げるが・・。
 - 成長したね・・。人の気持ちを考えて、人に優しくなったじゃないか・・。>

<三沢さんの懐の深さに、”優しなあ・・、ひろみも、もっと”自分の弱さを認めて”、人に優しい人になりなよ・・、と思った作品。
 さて、安藤からのラインを見た彼女は、どうしたのかな??>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

3.0DVは伝承されるのか

2020年12月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公(佐久間由衣)は、男に告白させることを生き甲斐にしている。
自分が好きになってしまうと、フラれるリスクが生じてしまうからだ。
とはいえ好きになることはある。
突然、ブチぎれる主人公に幸せは来るのか。
まあ、逃げ出した方がいいよねぇ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

3.0イマイチ

2020年12月6日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
オレンジ

3.5清楚な雰囲気で男を惹きつけ、堕としたらすぐにふってしまう女。 本当...

省二さん
2020年12月5日
PCから投稿

清楚な雰囲気で男を惹きつけ、堕としたらすぐにふってしまう女。
本当は酒癖が悪く、下品で粗暴な女。
女優としてはなかなか冒険的な役どころだったと思う。
佐久間由衣の決意を観た。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
省二

4.0自分を愛せない人は他人を愛せない、そんな教訓なのかな?ビツチでは無かった!

2020年9月12日
PCから投稿

コメディかと思いきや、かなりシリアスな心理劇でした。
実話だそうで、相手によりギリギリの対応が、相手役の男優が個性的で、リアルで引き込まれます。
D Vのトラウマで、承認願望と依存が複雑で痛々しい、そんな感じです。
無意識に隠れビツチはよくある話ですが、意識してるのは珍しい。
自分に投影すると男でも多少はあるかも、自戒を込めて、自分らしくを意識して生きたい、そんな感想です。
観る前、石橋静河と思うてたら、佐久間由衣でした!
ビツチて言葉嫌いです、サノバビツチとかジョコビッチとか最低ですから、この映画の題名で良い映画を見逃すとこでした、セーフ!
エンドロール後の映像はいらんかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
アサシン5

2.0ちょっと重たいこじらせ女子の恋愛物語

Shin Kさん
2020年9月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Shin K

3.0ビッチ?

りやのさん
2020年8月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

萌える

隠れビッチって言葉を知らなかったけど、ビッチなの?
佐久間由衣、ひよっこの時子さんだよね。
主演映画おめでとう。
良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
りやの

4.0男の脆さが身に染みる。人間としての成長と、本当の愛の気づき方。

2020年4月10日
PCから投稿

笑える

悲しい

幸せ

【賛否両論チェック】
賛:「好き」と言われることでしか満たされなかったヒロインが、本当の愛情を知ろうとする中で、何度も傷つき葛藤していく姿が、痛々しくも心に響くものがある。男性目線で身につまされる部分も多い(笑)。
否:ヒロインの言動にどうしても好き嫌いはありそう。特に後半は顕著か。

 まず何と言いますか、男性側の視点で見ると、色々と身につまされる部分が多いと思います(笑)。本作でも登場するように、勿論男性にも草食系から肉食系まで様々なタイプがありますが、いずれにしてもその心の脆さや考えの単純さ、恋愛観の浅はかさ等々、自分の生き方を省みるイイ薬になりそうな作品です(笑)。
 一方、そんな男性達を手玉に取りながらも、「愛」と呼べるものを知らずにいたヒロインが、本気でぶつかり傷つきながら、本当の愛情を理解しようと苦悩していく姿は、痛々しくも胸を打つものがあります。
 そして個人的には、ヒロインを温かく見守る晃のキャラクターが、とっても好きです。
「自分に自信がないからってね、男に逃げるのやめなさい。ちゃんとした人間になりなさい。」
と諭すシーンは、メチャメチャステキでした。
 とはいうものの、特に後半に行けば行くほど、ヒロインの言動がどうしても生理的に苦手な人も出てきそうな展開ではありますが、タイトルが気になった方は是非チェックしてみて下さい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
映画コーディネーター・門倉カド

3.5インパクトがあるタイトルにはリスクもある

2020年2月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
野川新栄

3.5廃棄食品のエピソードは使える!

kossyさん
2020年1月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy

3.5なんとなく軽めの作品かと思ったらDVのトラウマを抱えた一人の女性の...

おれさん
2020年1月18日
iPhoneアプリから投稿

なんとなく軽めの作品かと思ったらDVのトラウマを抱えた一人の女性の話で、思ってたより太めの作品だった。
主演の方、頑張ってたがもう少し抜けられたらもっと感情入ったかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おれ

4.0起伏

U-3153さん
2020年1月15日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
U-3153

4.0主人公が彼女で良かった

2020年1月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

清楚風なオトコたらし。佐久間由衣ちゃんで良かった。ちょっと大柄で野暮ったく見えるのがピッタリ。共感出来かねるキャラを好演。
もし田中みな実みたいな見かけの娘だったら、この映画どうなっていたか?
モテなかった自分には酷すぎたかも。
冒頭の[エンドロール後もあるよ]は余計。
予告なく入れてほしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
にいやん

5.0隠れびっち

2020年1月2日
Androidアプリから投稿

マジでこういう人いるなーって、自分も同じとこあるなーとか、なんか、複雑な気持ちになった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
(`・ω・´)ノ

5.0“隠れ良作"やってました

2019年12月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

恋愛関係直前で相手を振り、肉体関係も結ばない。ルームメイトからは、清純派の皮をかぶった「ちやほやされるのが生きがいのくず女」と呼ばれる主人公の暗い過去のトラウマと向き合い、成長する姿を描く。

鼻くそをほじりながら、交際を申し込まれた、相手との電話をしたり、酒乱で、ルームメイトの前では、結構な荒くれぶりを発揮する主人公を演じる佐久間 由衣が、なかなか良い。

前半は身勝手で自己中な印象の彼女で笑いをとりなが、過去に父親のDVによって抱えてしまったトラウマに悩み克服する過程もしっかり描いてあり、脚本と演出も真っ当な印象。

シェアハウスの同居人の人なりも、説明的にならない範囲で、上手く演出して観客に分からせるところや、同棲的に付き合う真面目で誠実な男を、ちょっとしたことで、なじり、傷を負わせてしまう下りの緊張感の出し方も役者の演技と演出と上手い。

個人的には、ゲイ(おねい風)でシェアハウスの母親的役割の同居人を演じる村上 虹郎が印象的な好演。調べてみるといくつもの映画で新人賞受賞している注文の俳優でした。

ジャニーズ以外にもやはり人材はいるね。

監督と脚本の三木 康一郎は、テレビドラマやバラエティの演出が多いくて、近年は7本の監督作品あったが、あまり目立った作品がない様子で、若干テレビバラエティ的な感じの悪ノリ演技も載せているのが? だが全体的に良質な印象。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ミラーズ

4.0大後寿々花だったのか

Scottさん
2019年12月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

顔が小さいのか身体が大きいのかで、等身が良く解らない助演女優がうまくて「誰なんだろう」って観てたら大後寿々花だったの。そら、うまいわって。

それで佐久間由衣、村上虹郎、大後寿々花って揃えたんなら、もっとやれるはずなんだよ。だから脚本・演出になにか問題があるはずなの。三木康一郎もう少し頑張ろう。

一つ一つのエピソードは面白いんだけど、それがぶつ切れで繋がってる感じで、うまく物語に入り込んでいけないのね。それで引いて観ちゃうんだけど「好きな人に愛されるって知らなかった」みたいに佐久間由衣が泣いたところから入り込めた。

主人公は愛されたことがないんだよね。だから手軽に「好き」って言わせて、その愛を無意識に満たしにいっちゃう。本当に好きな人ができて、その人に愛されたいって思ったときに、どうやったらいいのか解らないの。それで理不尽に120%の愛を求めちゃう。

主人公が救われるといいなと思うけど、自身じゃ救えなくて、誰かが隣にいなきゃなんだよね。それで、その隣にいる人は間違いなく主人公と一緒に沈む。人生がある程度メチャクチャになるはずなの。

「そんな奴いんのかよ」ってことなんだけど、それは、たまたま主人公を愛した人がやるんだね。業というか因果というか。主人公が落ちていくときに一緒に付いていって、それでも見放さずそばにいて、ある所で一緒に上ってこれるかどうか。そのまま沈み切ってしまう可能性だってある。

「そんな女、選ばない方が絶対いいよ」と周りに居たら言うだろうけど、一緒に落ちていく人にとっても、それが愛で、そんな強い愛ないだろうからね。

続編ぶくみのラストにしてるから、作って欲しいなとも思うけど、そんときは頑張ろうね三木康一郎さん。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Scott

4.0申し訳ないほど素晴らしい

2019年12月22日
Androidアプリから投稿

佐久間由衣さん初主演にして代表作になるのでは。ぶりっこ、ぐずぐずなとこ許せないけど、その顔でやってきたのですね。小関君にしっぺ返しを食らっちゃいました。父親のDNA,人の愛しかたを忘れてしまった彼女を救うのは、誰。また彼女は負のスパイラルから抜け出せるのでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
びわ湖のこーちゃん
「“隠れビッチ”やってました。」の作品トップへ