劇場公開日 2019年12月6日

“隠れビッチ”やってました。のレビュー・感想・評価

3.112
7%
60%
15%
7%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全12件を表示

3.5承認欲求の現代性と佐久間由衣の挑戦

AuVisさん
2019年12月7日
PCから投稿

笑える

楽しい

主人公は共感を得づらい女性像だが、ソーシャルメディアでリア充アピールや“映え写真”投稿でいいねの数を競い合う昨今の人間関係のありようを象徴する。彼女ほど極端ではないにせよ、恋愛面でも人付き合いの面でも、ほめられたい、好かれたいと思うのは自然な欲求だし、それをより多く求めてしまう、ある種の依存状態になるのも理解できる。だが娯楽にせよ嗜好品にせよ適量が肝心で、過度に依存すると自分を壊す。恋愛も同じ。

佐久間由衣は本作が映画初主演。「ひよっこ」で初めて知ったが、資質に恵まれた女優だと思う。女性からも男性からも嫌われそうなひろみ役をよく受けたと感心するし、鼻をほじったりする露悪的な演出にも応えて熱演している。ただ今作ではその資質を活かし切れていない。洋画ならかつてのジョディ・フォスターや最近のジェシカ・チャスティンが演じてきたような強い女性像が似合いそう。精進して好機をつかんでほしいと願う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
AuVis

2.5ポップなラブコメだと思ったら後半激重

2019年12月10日
iPhoneアプリから投稿

タイトルや予告から想像していた佐久間由衣ちゃんのモテ美女ぶりを堪能出来て笑えるラブコメ映画では全くありません。前半はまだライトに笑えるシーンもあります。が、主人公を始めとする主要登場人物(村上虹郎くんを除く)がみんなやたらと大声で喚くので、疲れるし怖かった…。監督の演出なのでしょうか…。
そして後半から主人公が自分と向き合う物語になりますが、まーーーー重い。暗い。怖い。え?こんな映画だったの?なにこれどうやって着地するの??という展開。オマケにあのエンドロール後の映像をどう受け止めれば…。
主人公に全く共感出来ないし絶対友達にも彼女にもなりたくない関わりたくない系女子でした。佐久間由衣ちゃんは可愛いしスタイル抜群だけど、この主人公のキャラにはあってないし、全体的にコレジャナイ感が凄かったです…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まだまだぼのぼの

3.0トゲトゲの薔薇

aMacleanさん
2019年12月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

なんだろう。面白くない訳ではないけれど、あまり盛り上がらないうちに終わってしまった感じがした。
テーマとして盛り込まれた材料が複数あって、途中まで重層的に深くなる印象があったのだけど、なんだか空振り。
主役ヒロミのキャラクターは、美しいけどトゲトゲの薔薇。そこそこ特異なものの、少し中途半端な感じはあったかな。
表面的なストーリーは、男をもてあそぶ美人が真実の愛を見つけて…的なよくある、ハリウッド系の恋愛ストーリー。そこに周りの人との関わり合いと、ヒロミの過去が被さってドラマを作っていくのだけれど、なんだか薄味になってしまった感じがする。物語の構成はしっかりされていたので、なんか惜しい。
でもってエンドロール後の話、いるのかなあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aMaclean

4.0自分を認めなければ、ヒトからも愛されない

2019年12月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ただ、ある女性の主観で愛とは何か?を
問いかけただけの作品ではないと思いました。

男を値踏みし見下していたある種、特異な女性像が
己を知り、見つめ直し、真の愛を獲得する
というこの物語は
男性・女性の価値観を越えて
“人間”という生き物同士で
向き合い続けなければいけないこと…
他者と認め合う、許し合う、といった
普遍的で哲学的な意味合いがあるように
わたしは思ってしまいました…

当初わたしのお目当てだった〈村上虹郎さん〉が
“ジェンダー”な役だったこともそうですし
元々ファンだった〈森山未來さん〉が
まるで“仏様”のように〈佐久間由衣さん〉演じる
主人公ぴろ からの、数々の仕打ちをことごとく
受け入れる許容の広さも手伝って

【この作品は自己と他者とを語った
        “人間そのもの”を描いた映画だ!】

…と、わたしはムダに深く感じ入ってしまったわけです。

そしてこのお話は「映画らしい作品」というより
むしろ、 舞台上の「戯曲らしい作品」じゃないかと
続けて思いました。

あと『モテキ』の森山さんを
キャスティングしたところにも意図を感じました!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
野々原 ポコタ

4.0良い意味でタイトルと違い裏切られた!

ゆいさん
2019年12月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

楽しい

難しい

コミカルなラブコメの映画だと思ったら
違い、後半は深く突き刺さる重みのある物語でした。
主人公のひろみほどではなくても承認欲求を強くもとめたりする人は今の社会では多い世の中なのではないかと思うし、誰もがふと考えさせられる作品ではないかと思った。
個性豊かなキャストもそれぞれのシーンに見ごたえがありました!
そりゃ、主人公のひろみの言動、行動は共感できない部分が多いと思うので賛否両論は出てはくるとは思いますが、絶対観ても損はしない作品でした。人によって感想がこんなにわかれるのも面白いかも

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ゆい

4.0タイトルと予告だけではない

しょうさん
2019年12月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

劇中、特に大きな事件が起こることもなく、日常が描かれているにすぎないが、そこにあるのは予告やタイトルからは安易に想像がかなわない人間としての深部がテーマだと感じた。
だからこそ、二回、三回と回を重ねるごとに新たな気づき、感覚が自分の中で芽生えてくるのかも知れない。
タイトルで敬遠されるかもしれないが、少しでも多くの人の目に触れて欲しい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しょう

0.5共感できない

ひでさん
2019年12月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

180本目。
内田有紀か大坪千夏か、年がバレバレだけど。
名前は初めて聞いたし、まあこれからの人だろう。
恐らく発声練習はしてるんだろうけど、敢えて音と言わせてもらえれば、大きくなると不快に感じる。
その印象が強いから、普段の音でもちょっと俺にはキツイ。
芝居は分かりやすくていいんだけどね。
監督が良しなら、それでいいかと。
ストーリーも誰もが、そりゃそうなるよと分かっているけど、結局共感できる所が殆どないから、ずっと眉間に皺。
最後にちょっと腑に落ちるかと思ったら・・・。
ポイント観賞だったのが何か救い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ひで

4.0共感はできないがなぜか応援したくなる

きのこさん
2019年12月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

開始直後からこのク○ビッチに怒り心頭だったわけですが…ヤバイぴろ可愛い(笑)

やってる事はムカつくんだけど内面をみてしまうと意外と純真。バチが当たった?時には『ヤッタゼ!!』なんて思いましたが父のトラウマ、自分の言動を理解し苦悩する姿に過去の悪行もすっかり忘れ次第に応援するように

もちろんあの強烈なキャラを容認できるわけではないけど観る前は私は絶対釣られないと思ってたのが途中から私も釣られて苦しむだろうなって観てました(笑)

主役も素晴らしく可愛いが脇役もよかった
隠れビッチと違う形で男に依存するアヤと女性的な優しさと男らしい芯をもつコジ。この同居関係のおかげでお話が軽くもなく重くもならず非常によいバランスで観ることができた気がします

エンドロール後のエピソードはモヤモヤしました。
ちょっと後味悪い感じになるし…

気になって漫画買ってしまいました。
なんとなくあの続きがわかった気になれます
気になった方は漫画も是非(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きのこ

4.5共感

2019年12月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
白米さん。

0.5なんのつもりでこんな映画作ってるんだ?

ビビさん
2019年12月7日
iPhoneアプリから投稿

タイトルと予告編見ただけで全てがわかってしまうようなクソ映画をどうして作るんだ?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ビビ

2.0ホラーです。

2019年12月7日
スマートフォンから投稿

映画のタイトルが軽すぎます。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
めんめん

4.5コミカルな恋愛物語

mikiさん
2019年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会、映画館

コミカルなデートシーンはいろんな男性が出てきて、面白かった。
主人公はむちゃくちゃで全体を通したら、共感しづらいけれど
心に突き刺さるセリフやシーンは多いと思った。
見ごたえありました。
最後の終わり方もいろいろ考えさせる作品でした(笑)!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
miki
「“隠れビッチ”やってました。」の作品トップへ