メン・イン・ブラック インターナショナル

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
メン・イン・ブラック インターナショナル
メン・イン・ブラック インターナショナル
4%
34%
47%
10%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

地球に生息するエイリアンを監視する秘密組織「MIB」のエージェントたちの活躍を描く人気SFアクション「メン・イン・ブラック」シリーズの4作目。主演は、過去3作のウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズから、「マイティ・ソー バトルロイヤル」でもタッグを組んだクリス・ヘムズワース&テッサ・トンプソンへとバトンタッチ。ヘムズワースが演じるイケメンでチャラ男風な先輩エージェントのHと、トンプソンが扮するエリート新人女性エージェントのMという、性格のまったく異なる男女のエージェントがコンビを組み、MIB内部のスパイ摘発ミッションに挑む。そのほかの出演は「96時間」シリーズのリーアム・ニーソン、前作に続きエージェントO役を演じるエマ・トンプソン、「ミッション:インポッシブル」シリーズのレベッカ・ファーガソン。監督は「ワイルド・スピード ICE BREAK」のF・ゲイリー・グレイ。

2019年製作/115分/G/アメリカ
原題:Men in Black International
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5耐えられないほどではないが、軽い存在感

2019年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

単純

MIBシリーズは、もともと軽いコメディータッチで始まったエイリアンSFもの。それでも3作目ではタイムトラベルや、ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズが演じたコンビの知られざる“出会い”といった話が加わり、知的な要素や感動的なエピソードでも楽しませてくれた。

さて今作は、スピンオフというか仕切り直しというか、新たなコンビにクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンを配し、題名の通り国際的に「スパイ探し」ミッションに奔走するMIBエージェントの活躍を描く。高額ギャラで知られるウィル・スミスを使わないことで予算が浮いたのか、フランスやモロッコでのロケ撮影もあり、ちょっとした観光気分も。でもまあ、原点回帰なのか内容は軽薄だし、展開もありがちで、スパイ探しの顛末もさほど意外性はない。ヘムズワースのハンマーネタには笑ったが、そんなおふざけを突っ込めるのもシリーズの軽さゆえか。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 13 件)
高森 郁哉

3.0気楽に

marton67さん
2021年1月5日
iPhoneアプリから投稿

これまでのコンビのイメージが強いので、あまり期待せずに観てちょうどイイ感じだった。
ストーリーは読めてましたが…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
marton67

3.5MIB インターナショナル

2020年12月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

車や武器のハイテク感がカッコいい。
最後の軽いどんでん返しも悪くない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ABCD

3.0オマージュラッシュに気を取られ半減したキャラの魅力

オレさん
2020年8月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

幼いころにエイリアンに遭遇したモリーはその衝撃と謎の黒スーツ2人組のことが忘れられず、様々な手段を用いてエイリアンや宇宙の研究を続けてきた。
そうしてたどり着いたエイリアンを監視する機関「MIB」の存在。
自らエージェントに志願すべく「MIB」の本部に乗り込んだモリーとその先で出会った様々なエージェントやエイリアンとの冒険を描いた「MIB」シリーズのスピンオフにして、第4作目。

前作から7年ぶりの「MIB」シリーズである本作はスピンオフと位置付けられ、往年のシリーズのKとJの2人とはまた別のバディに焦点を与えるコンセプトの作品。
キャスト一新で迎えた本作は大人気クリスヘムズワースとテッサトンプソンという完全にMCUホイホイを狙ったキャスティングですぐさま観に行きました笑。

幼少期からの憧れの職業?として「MIB」を夢見ていたモリーは、持ち前の知識と行動力で「MIB」本部に乗り込み、エージェント志願を所長に直談判し、エージェント採用試験にこぎつけ、その勢いでエージェントMに就任するという冒頭10分程度のスピード感にまず驚いた笑。
そのバディとして既にエージェントとしての実績を上げていたエージェントHは腕は確かだが、女たらしの適当人間で、伝説と語り継がれているハイヴ退治の面影は全く見られない人物。
完全に2人の関係性と能力が逆の立場ではないかと思うが、Hのキャラ設定がクリヘムにマッチし過ぎてる為、あまり違和感が無いが、むしろMが有能過ぎる為、違和感とご都合主義的な面を強く感じた。

全編通してスタイリッシュな武器や乗り物、2人のスーツ姿に気を取られ、往年のシリーズのようなちょいグロ描写が無く、どこか「MIB」とのつながりは薄いように感じた。
まさか各シリーズで言及してきたグロ描写に物足りなさを感じるとは思わなかったが、それも「MIB」シリーズの一つの魅力だったのかもしれない笑。

またキャラデザの問題であろうが、今作はあまりエイリアンの印象が残らない。
キービジュアルにも登場していたポーニィは除き、ラスボスのハイヴやタランシアン星人のルカなど主要キャラを含み、印象は正直薄い。
ダイアドナム星人の2人はエイリアンというより超能力者の印象だった笑。

ただキャスト一新したこともあり、往年のシリーズのオマージュを多く含めていた点はよかった。
お馴染みのニューラライザーを始め、ゴツイ戦闘銃や赤いボタンのジェットエンジンなど懐かしいシーンが新たに生まれ変わったのはよかった。
終盤のHvsルカのシーンではMCUファンはにやにやが止まらなかったに違いない笑。

正直続編を望めるかは怪しい気もするが、「MIB」が映画シーンに戻ってきてくれたのはうれしい。
あとはやっぱり敵だったリーアムニーソンが非常に惜しい存在だった。
むしろHとHigh Tのバディモノも見たかった気もする笑。
リーアムニーソン、主役か味方のフリした悪役の2パターンが大体な気がする笑。
そしてどちらにしても強キャラな存在笑。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
オレ
すべての映画レビューを見る(全242件)

他のユーザーは「メン・イン・ブラック インターナショナル」以外にこんな作品をCheck-inしています。