メン・イン・ブラック インターナショナル

劇場公開日

メン・イン・ブラック インターナショナル
4%
34%
47%
10%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

地球に生息するエイリアンを監視する秘密組織「MIB」のエージェントたちの活躍を描く人気SFアクション「メン・イン・ブラック」シリーズの4作目。主演は、過去3作のウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズから、「マイティ・ソー バトルロイヤル」でもタッグを組んだクリス・ヘムズワース&テッサ・トンプソンへとバトンタッチ。ヘムズワースが演じるイケメンでチャラ男風な先輩エージェントのHと、トンプソンが扮するエリート新人女性エージェントのMという、性格のまったく異なる男女のエージェントがコンビを組み、MIB内部のスパイ摘発ミッションに挑む。そのほかの出演は「96時間」シリーズのリーアム・ニーソン、前作に続きエージェントO役を演じるエマ・トンプソン、「ミッション:インポッシブル」シリーズのレベッカ・ファーガソン。監督は「ワイルド・スピード ICE BREAK」のF・ゲイリー・グレイ。

2019年製作/115分/G/アメリカ
原題:Men in Black International
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5耐えられないほどではないが、軽い存在感

2019年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

単純

MIBシリーズは、もともと軽いコメディータッチで始まったエイリアンSFもの。それでも3作目ではタイムトラベルや、ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズが演じたコンビの知られざる“出会い”といった話が加わり、知的な要素や感動的なエピソードでも楽しませてくれた。

さて今作は、スピンオフというか仕切り直しというか、新たなコンビにクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンを配し、題名の通り国際的に「スパイ探し」ミッションに奔走するMIBエージェントの活躍を描く。高額ギャラで知られるウィル・スミスを使わないことで予算が浮いたのか、フランスやモロッコでのロケ撮影もあり、ちょっとした観光気分も。でもまあ、原点回帰なのか内容は軽薄だし、展開もありがちで、スパイ探しの顛末もさほど意外性はない。ヘムズワースのハンマーネタには笑ったが、そんなおふざけを突っ込めるのもシリーズの軽さゆえか。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 14 件)
高森 郁哉

3.5悪くないのではないかな

2022年5月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

世界観や雰囲気は悪くない。軽いノリもワタクシ的にはシリーズの期待通り。ストーリーにもう少し工夫があれば、と思ってしまうけれど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
にこにこどり

2.5MIBに"似ている"映画

秀丸さん
2022年5月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

過去作のMIBシリーズが大好きで、本作もとても楽しみにしていた。
しかし、上映中ずっと思ってた事は「おもんな」だった。
もはやMIBに似ている映画だなぁーと思う程に面白くなかった。

やはりMIBはJとK(ウィルスミスとトミーリージョーンズ)でないと面白くないんだと分からされた感じがした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
秀丸

0.5登場人物がいまいち、MIBらしいユーモアもない作品

Tamaさん
2022年4月23日
スマートフォンから投稿

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Tama
すべての映画レビューを見る(全254件)

他のユーザーは「メン・イン・ブラック インターナショナル」以外にこんな作品をCheck-inしています。